アラサー~30代の社会人が年収300万から年収400万に年収を上げる転職の方法。給料を軸にした転職の考え方とは?

f:id:moguhausu2:20150717110643j:plain

「年収300万で十分だよ」

 正社員、20代後半の男性の多くが、意外と年収300万円のラインで満足しています。
 しかし、これはあくまで恵まれた独身の男性に限った話で、結婚を考えている彼女がいる人や、奨学金の返済を抱えている人、実家が貧乏で独りで暮らしていく必要がある人などは、20代後半、アラサーで年収300万円代というのは、非常に心もとない収入と言えるでしょう。

 年収300万円の怖いところは「生活できるし頑張れば貯金ができる」ということです。

 最近の若者の特徴として「保守化」があげられていますが、まさにその保守化した若者が目指している場所が「正社員:年収300万:そこそこ忙しいけどブラックではない仕事」といったぬるま湯の環境です。

 しかし、冷静に考えてみてください。
 アラサーで年収300万の人は、その後、30代40代になった時に、給料は上がっているのでしょうか? いざ会社が倒産したり病気になってしまった時に、対応できる貯金は作れるのでしょうか? マイホームを買う資金や、資産運用にまわせる預貯金は作れるのでしょうか?

 実は、アラサーで年収300万円前後の人の多くは、その後、年を重ねても年収があまり上がらない傾向にあります。

 その理由と対策について、今回は紹介していきたいと思います。


金回りの悪い業界や会社にいると飼い殺しにあう危険性がある

 どうしても社員の給料を上げない会社、上げることができない会社、業界というのは存在します。

 例えば、アニメ業界などは社員全員がワープアであることも珍しくない業界として有名ですね。
 ほかにも印刷業界や、編集プロダクションなど下請けと言われる業界は金回りが悪く、年収300万以上を目指すなら「ほかの業界に行きなさい」とアドバイスされる状態です。

 一方で、金回りが良いソーシャルゲームの開発会社などは、経験の浅い技術者にもばんばんお金を回して成長しています。

 年収は、勤続年数よりも会社・業界そのものの金回りによって決まることが多いのです。

 好きな業界で働いているのならまだしも、今いる会社や業界にこだわりがないなら、年収アップへの近道は他業界、他業種への転職です。
 低賃金でもスキルが磨けるのであれば働き続けることで年収アップを目指せますが、営業や事務、総務、工員といった手に職の技術職以外の職種ならば、転職は若いほうが有利ですから、アラサーのタイミングで脱出することが必要不可欠です。

 楽だから。転職がめんどくさいから。といった理由で金回りの悪い会社に居続けると、そのうち転職ができない年齢になって、会社しがみつかなければならない「飼い殺し」状態になります。

 そうなる前に、お金のある会社・業界に渡り鳥のように飛ぶことが重要です。

20代後半の人材に年収400万を出せる会社を選ぼう

 20代後半の人材であれば、金回りの良い業界なら年収400万くらいポンと出せます。
 もちろん、求められるスキルや仕事量は大きいですが、そのぶん報酬も高くなります。

 例えば、学歴がなくとも外食産業などであれば、年収400万以上は狙えます。労働環境は厳しいですが、銀だこや日高屋など有名チェーンのエリアマネージャーにまで上がることができれば、年収は500万を超えてきます。

 一方で、金がない業界はほぼ間違いなく年収300万ラインの給料しか提示してきません。
 年収400万を希望しても「肩書きがついたら」「将来的にはね」とはぐらかします。

 正直いって、20代後半の人材を雇う時に、年収400万も出せない会社は地雷といっても過言ではありません。

 地方だったり、一般事務なら仕方ないかもしれませんが、総合職で都内or大阪などの市街でこの水準なら、間違いなく勤続年数を重ねても年収は400万に届かないでしょう。

貯金や結婚が現実的になってくるのは年収400万円からです

 年収400万円あれば、年間100万円の貯金をしたり、結婚をして子育てをして、といったことも可能になってきます。
 年収300万でこれらの事柄をカバーしようとなると、相当な努力(倹約、副業)や両親の協力が必要不可欠になってきます。

 長らくデフレ状態にあった日本では、年収300万でも暮らせるようになりました。
 さらに、正社員であれば安心…という雰囲気も未だに流れています。

 しかし、年収300万の正社員では、いざ何かが起こった時に対応できません。
 交通事故をおこしてしまい、急に30万、40万の出費が必要になった時に対応できますか? 会社が倒産してしまった時、就職活動をする資金はありますか?

 世の中にはさまざまなリスクがあります。
 そのリスクを減らすのは、やはり現金、キャッシュです。貯金があれば、突然の出費にも対応できますし、立て直しが効きます。

 また、年収400万以上あれば、お金が原因で諦めるものが少なくなります。海外旅行や結婚、子育て、マイホーム、自動車、留学、起業…。

 人間、いつまでもワンルームの狭い賃貸で暮らせるわけではありません。
 年と共に考え方や生活が変わってきますし、チャレンジしたいこと、欲しいものが出てくることもあります。

 婚活でも年収400万を境に、申し込みが区切られています。幸せにしたい女性がいても、年収300万円では苦労をかける結果になってしまうということです。

 独身女性も他人事ではありません。もし、これから独身でずっと暮らしていくのなら、自分を助けられるのは自分だけ。
 女性の活躍などと政府は言っていますが、やはり企業は女性の雇用について文句をつけるもの。お金をしっかり貯めていかなければ、いつ貧困層に落ちてもおかしくありません。

「お金がないから」

 という理由で結婚や新しいチャレンジを諦めるのは、とても悲しいことです。

 ちょっと努力をして転職をするだけで、年収がグッと上がることは珍しくありません。
 今の社会は人手不足。特に20代後半〜30代の人材は売り手市場で、なんのスキルもないと思っていた自分を年収400万で雇いたいといってくれる会社に出会えるチャンスがあります。

 年収300万で満足せず、ぜひ年収400万を目指して転職をしてみましょう。

転職エージェントを利用してプロにアドバイスを貰おう

f:id:moguhausu2:20150510110217j:plain

 いざ転職となった時に、ノウハウはどこで学べるのか迷うことも多いですよね。
 そこでオススメなのが、在職中or退職後の転職の準備として、転職エージェントを利用することです。

 転職エージェントは、利用料は最初から最後まで無料です。在職中でも土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、年収アップ可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、転職のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、年収アップの確立がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。
 初めて転職をする人で、何もわからない人でも1から丁寧に教えてくれるので、ぜひ利用しましょう。

 オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



 リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 退職・転職は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 転職エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする