就活で失敗しないために大学在学中にやっておくべき3つのこと。面接で話題に出来る体験をしておくべき

f:id:moguhausu2:20150714130742j:plain
学生生活をどのように過ごすかで就職活動の結果は決まります。
では就職活動とはいったい何なのでしょうか。

就職活動とは学生生活の集大成でありゴールです。辛い受験戦争を勝ち抜き、遊びたい時期も勉強してきた全ての結果がここに集約されているのです。そんな大事な就活を失敗してしまったら、今までの努力が水の泡になってしまいますよね。

そこで今回は就活で失敗しないために大学在学中にやっておくべきことについて伝えします。


自分軸を明確にしよう

大学生の特権は時間があることです。高校卒業後、進路は大きく分けてこの三つに分かれます。大学進学か、専門学校・短大進学、そして就職です。この三つの選択肢だと大学生は圧倒的に時間的にも精神的にも余裕があります。

専門学校にいく人達は高校時代の間に、将来具体的にこういう仕事をしたい、というイメージを固めています。そして2年間で、現場で働く為の学びを深めるわけなので、かなり実践的に詰め込みで学んでいきます。

だからゆっくりと自分を振り返る時間なんてほとんどありません。短大生も2年目に入る頃には就活が待っているわけですから、時間的な余裕はほとんどないのです。すぐに就職する人に関しては、自分を振り返る暇も時間もなく、とにかく身体を動かして働かなければなりません。

繰り返しますが大学生は、短大生や就職した人に比べると時間に余裕があるのです。だからこそ出来ることがあります。それは自分軸を明確にすることです。じっくりと時間をかけて自分は今後、何を人生の中心に置いていくのか、何が好きで何が嫌いなのか、そういったことを自分の中にはっきりさせていくのです。

そうやってはっきりさせ続けていくと、自分の軸が見つかります。この自分軸は個性とも呼べるものですが、この自分がはっきりしていれば、就職活動で他の学生よりも抜きんでて輝きます。そして面接が受かりやすくなるのです。

これが好きだ!と断言できるものを持とう

先ほど自分軸を明確にすることについてお伝えしましたが、この中でもこれが好きだと断言できるものを持つことがかなり重要になります。何故なら、面接の質疑応答では必ず話した内容の根拠が求められるからです。

その際に理由として、これが好きだからこれをやった、と発言できることが最も好印象だからです。例えば、自己PRに大学時代のバスケットサークルでのリーダー経験を伝えたとしましょう。その場合「何故あなたは数あるスポーツの中でバスケットを選んだのか」こういった質問が来る場合があります。

その時にあなたは何と答えますか。姉に勧められたから、友人に一緒にやろうと誘われたから、漫画を見て触発されたから、様々な理由があるでしょう。先ほどのものは全て答えとしては20点程度です。

80点以上とれる模範解答は、「バスケットボールが好きだからです」この一言を力強く、面接官の目の奥を見つめながら言い放ちましょう。それを強く言える為には自分の中に好きなものを明確に持たなければならないのです。

一生話題にできるような濃い経験をしよう

大学在学中にやっておくべきことの三つめは濃い経験をすることです。
濃い経験といっても単純に思い出深い経験や珍しい経験だけではいけません。一生誰かに語りたくなるような、自分にとっても、他の誰かにとっても興味深い経験を積極的に体験しましょう。例えば、世界一周旅行する船に乗るとか、尊敬する経営者の元で丁稚奉公するとか、学生団体の代表を務めてみるとか、どんなことでも構いません。

10年後も20年後も面白おかしく話せるような特別な経験をしておきましょう。
そういった話題を持っていることで人間性に磨きがかかり、結果として面接に受かりやすくなります。これら三つのことは、どれも時間をかけて磨き上げ、体験していくものです。就活に勝つ為にも、大学在学中はこれらのことを意識していきましょう。

就活ノウハウは無料の就職エージェントにサポートしてもらおう

 新卒の就職活動をサポートしてくれる就職エージェントというサービスをご存知ですか?
 就職エージェントとは、その名の通り転職エージェントの新卒バージョンで、登録するとあなたの希望条件にあった求人を紹介してくれたり、面接のノウハウやエントリーシート作成のアドバイスを貰えたりします。

 大学のサポートと違い、担当エージェントがついてしっかり内定までサポートしてくれるので、就活が苦手な就活生にとって非常に役立つサービスです。

 就活で最も困難なのは、求人の取捨選択です。やりたいこと、行きたい業界が決まっても、今度はリクナビマイナビの求人の山から、自分の希望にあった求人をピックアップしなければなりません。

 ご存知の通り、日本はブラック企業で溢れています。どこにブラック企業が混ざっているか見極めるのは困難で、もしブラック企業に応募してしまったら、その応募にかけた労力と時間は無駄になってしまいます。

 実際、私が就活した時、某ドラックストアでは「新卒の方は入社したら山でスパルタ合宿します」などと意味不明なことを言われ、私は説明会の途中で耐え切れず帰りました。
 説明会に行ったらブラックだった、という事では交通費も無駄になります。
 就職エージェントを仲介すれば、そういったブラック企業、宗教臭い企業をエージェントが事前に弾いてくれますから、安心して就職活動を行えます。

 就職エージェントに集まる求人は、しっかりエージェントが内部調査してデータを集めているので、一人で就活をしていたら聞きにくい残業時間や年収など、詳しい情報までエージェントを介して知ることが出来ます。

 もちろん、私たち就活生の利用は無料です。
 エージェントは内定が決まった時、企業から報酬を貰うシステムなので、利用者に負担は掛からないシステムになっています。

 オススメの就職エージェントは“いい就職.com”です。



 東京、大阪、名古屋の三大都市圏に拠点を持ち、新卒向けの就職エージェントサービスを行っている大手エージェントサービスです。

 かつては第二新卒専門でサービスを行っていたのですが、現在は新卒の方もサポートするようになりました。新卒学生にとっては嬉しい情報です。

 新卒でエージェントを利用するという方法は、まだまだ一般的ではありませんが、社会経験の無い新卒だからこそ就職のプロに相談して、アドバイスや求人斡旋をしてもらいながら就活するのが良いと思います。

 エージェントは就職活動のプロです。大学のキャリアセンターよりずっと求人に精通していますから、ぜひ相談してみることをオススメします。

 いい就職.comに登録すると担当エージェントから電話連絡が来ます。その後、面談日時を決めて、まずは気軽な相談、ヒアリングを行います。

 まだ何も決まっていない就活生でも「こんな業界・求人がありますよ」とエージェントが教えてくれるので、ぜひ情報収集の意味もこめて『いい就職.com』を利用してみましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする