TOEIC800点の25歳女が初めての転職で貿易事務に内定を貰った話

f:id:moguhausu2:20151109142541j:plain
私は、いわゆる第2新卒と呼ばれる25歳の時に、小さな貿易会社に貿易事務の仕事で初めて転職いたしました。

大学を卒業してから、ある中小企業に就職しましたが、来る日も来る日も総務的な仕事を繰り返していて、仕事に対してまったくやりがいを感じることが出来ませんでした。

「まんじゅう買ってきて」
「営業マン達の弁当買ってきて」
「タバコよろしく」

など「それ総務がやること?」という雑用まで押し付けられて、私は我慢の限界に達していました。

こちとらイギリス留学で血吐くほど英語勉強して、何とかIfも知らないレベルからバカなりに頑張ったねと言われるレベルであるTOEIC800点とって、バリバリキャリア積んでいくぞと意気込んでるんだよバカジジイども。ていうか総合職で雇われたはずなのに社長の一言で総務行きとかお前らシベリアの海賊並に計画性ねーなこの野郎、という言葉が喉元まででかかるほど怒り心頭でした。

いつも頼まれる仕事は雑用に近い物ばかりで、せっかくイギリスでの留学経験もあるにもかかわらず、得意な英語などは一切使う機会がありませんでした。そんな折に親しい友人が転職エージェントを使って、自分の好きな業種へと転職に成功した話を聞いてうらやましくなりました。

そうだ!私も転職しよう!

天啓が舞い降りたのは、その時でした。
今思い返すと、私も大概、無計画で当てずっぽうでしたが、とにかく当時は温厚と呼ばれた私がキレて電柱に八つ当たりするDQNに変貌くらいストレスがたまっていたので仕方ありません。とにかく私の転職の体験談を書きます。(管理人さん、こんなヤバイ女ですが本当に転職体験談コラム書いていいんですかね……?)


友人の話を聞いて、私もこの若い20代のうちに、こんな社長とイエスマンだけが得をする中小企業で働くより、自分の能力を使った好きな仕事で冒険がしてみたい、と思うようになり転職をしようと決心しました。

さっそく、いくつかの転職サイトに登録をしてみると、すぐにたくさん仕事のオファー(中には英語を活かしたいと書いているのに牛丼屋とかちゃんぽん屋とか100円ショップとか手当たり次第オファー送ってんだろテメエみたいなクソみたいなオファーもありましたが)をもらうことができたので、社会人としてのキャリアがあまりない私にも転職できる可能性があるのかと知って、少し安心することが出来ました。

ついでに過労死を出した某企業からもオファーが来ており「ああ、死神って転職サイトにいるんだ!」とまた一つ社会の仕組みについて詳しくなりました。死神は最初こそ優しく語りかけてくるんですよね。将来の幹部候補とかアットホームな職場とか。話がそれました、すみません。

とりあえず、転職サイトではクソオファーが山のように来て、どれがまともな企業なのか取捨選択出来ないので、エージェントを使うことにしました。
さっそく登録して、転職専門のカウンセラーの人に履歴書や職務経歴書を見てもらうことにしました。

なにせ初めての転職ですので、提出書類もどの様に書いたらいいのか、まったく見当もつきませんでした。調べれば良いことなのですが、当時はとにかくストレスでヤバイ女になっていたので、もう全部エージェントに丸投げしてしまおうとやる気0でした。
私が希望をしていたのは、得意な英語を使える事務系のお仕事で、なるべく大手ではなくて(ていうか無理なので)小さくてもしっかりしており、女だからといってまんじゅうやタバコを買わせに行かない貿易会社で、自分の実力を発揮してみたかったのです。

キャリアカウンセラーからは、800点のTOEICの点数やイギリスでの留学経験をもっと全面的にアピールするようにという事と、貿易事務は初めての仕事かもしれないけれど、25歳という若い年齢でしたからまだまだこれから伸びる可能性があることを、面接でももっと前面に出していった方がいいという指導をいただけました。

また、小さな会社では大手企業と違って人出が足りないから、自分の業務のほかに色々な雑用も頼まれることもあるので、今までのキャリアでの総務的な仕事を生かしていけるのでは、とも言われました。

ホテルの手配くらいなら別に問題ないのですが、まんじゅうやタバコのお使いを頼まれるようなら嫌だ、と伝えた所、エージェントさんは「わかりました。そういった傾向のある同族企業は避けるようにしましょう。私は金と権力のためなら足の裏でも舐めるタイプです」という謎のカミングアウトと共に心強いお言葉をいただきました。

ちなみに、私の担当のエージェントさんは40歳になるまで4回転職して、見事にキャリアアップを果たしている方です。特技はゴマすりと飲みニケーションで、一発芸を5個くらい持っているそうです。元商社マンで出世も期待される存在だったそうですが、結婚を機に「残業したくないわ、子供育てるわ」と途端にワークライフバランスの良い仕事に切り替えたそうです。

なんかもう経歴が凄すぎて笑いが出てきますね。とにかく担当のエージェントさんはこんな感じだったので、こちらとしてもコミュニケーションしやすくて助かりました。いかにもキャリアウーマンみたいな女が担当になったらどうしようと思いましたが、杞憂だったようです。

それから数社の貿易会社を紹介してもらい、いくつかは書類選考も通ったので、面接をすることになりました。

面接官から聞かれたことは、うちは中小企業で大きな企業とは全く規模が違うから、小さな会社での環境に慣れることができるかどうかとか、英語を使う貿易事務の仕事のほかにも、総務的な仕事や外出してもらう機会も発生するが大丈夫かどうか、などという内容でした。

総務的な仕事について詳しく聞きましたが、まぁホテルの手配とか経費精算の手伝いなど、そこまで変な内容ではなかったので安心して快諾することに。キャリアカウンセラーの人に言われたとおりに、まだ自分は若いので会社の規模にとらわれずに、新しい仕事や慣れない環境にも進んで順応していける可能性をアピールしました。面接のコツは可愛い子ちゃんぶることです。心のなかや文章では毒を吐いても、表に出したらダメですよ。

また、私は前職でも雑用(※クソジジイのお使い)ばかりをやっていたので、新しい会社でどんな総務的な仕事が発生しても対応できると伝えました。面接官の人は、私の熱意に納得してくださったようで、その場で内定のお返事をいただくことができたのです。

私が初めての転職にも関わらず、スムーズに転職出来た理由については、やはり転職エージェントのアドバイスを貰ったのが一番大きいと思います。

担当のエージェントさんは「へー内定出たんだ!凄いね!」と、まるで一社目では決まらねえだろうと思っていたかのような反応でした。後でその事について聞くと、普通、内定が出るのは早くても3社目くらいからだそうです。おまけに私はわがまま&高飛車な態度だったので「苦労するだろうな~面倒臭いな~俺もノルマあるから長引かせたくないな~」と思っていたそうです。エージェントさん本音出しすぎ。

まぁとにかくおめでとうと言われて、私の転職活動は終わりました。

何だかんだ、前職の愚痴やら転職の面倒くささやらをグチグチ担当さんには吐いてぶっかけていたので、感謝しています。
こんな毒まみれの女の転職を手伝ってくれるあたり、転職エージェントはプロだなあ! と思いました(管理人さん小学生並みの感想でスミマセン)

転職エージェントに登録して効率よく転職準備を開始しよう

転職は、年代やキャリアによって進め方がガラリと変わりますから、プロである転職エージェントにアドバイスをしてもらいながら行うのが一番オススメです。

転職エージェントは、在職中でも土日でも利用することができ、求人者は無料でキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、年収アップ可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、転職のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、年収アップの確立がグッと上がります。

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

私が利用した転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする