第二新卒の強みと転職を成功させる3つのポイント!タイミングを見極めて上手に転職しよう

f:id:moguhausu2:20150927153212j:plain
第二新卒の細かい定期は各企業により異なりますが、一般的には社会人経験3年目までくらい迄の若手人材のことを指します。
それだけ少ない社会人経験であれば、新卒を採用した方がいいじゃないか、と思われるかもしれませんが、第二新卒だからこそ求められる場合があります。何故なら1~2年程度の社会人経験でも身につけられるものがあるからです。

例えば、名刺交換や話し方、ビジネスメールの送り方、といった最低限のビジネスマナーはひと通り1年目で習得しますよね。企業としては若手人材であるにも関わらず、こういった基礎的な教育をしなくてもいいというのは、実は採用するメリットになるのです。

そこで今回は第二新卒であることの強みに焦点を当てながら、転職を成功させる3つのポイントをお伝えします。


市場の動向を予測してこれからのキャリアを考えよう

冒頭でお伝えしたように、第二新卒という状態は決して転職する場合に不利な条件ではありません。むしろ30代以降に比べると転職が上手くいきやすいとも言えるでしょう。しかしながら20代はこれからのキャリアの方向性が決まる最も大切な時期なので、慎重にならなければならないことも事実です。特にこれから市場がどうなっていくのか、ということは業種を問わず考えなければなりません。

科学技術の進歩、政治、世界経済、社会状況、これらを全て鑑みた上でキャリアをデザインしていきましょう。例えば人口知能やロボット技術がこれからどんどん進んでいけば、確実に無くなったり衰退する職業が出てくるのは予想が出来ますよね。そしてどのような業界、業種が発展していきそうか、という予想も出来るのではないでしょうか。これは一例に過ぎませんが、他にも様々な変化がこれからも起きるのは確実です。

現代のような変化の大きい時期の転職は、市場の動向を踏まえた上で業種、業界を選択していきましょう。

個人的なネットワークをつくって情報を手に入れよう

転職活動が上手くいくかどうかは、どれだけ自分にとって必要な情報を手に入れられるかで決まります。そしてその情報はインターネットを使えばいくらでも手に入るますが、一番価値があるのは人から来た情報です。

何故なら、その人が参加したことのある転職セミナーや企業の面接の雰囲気など具体的な情報をリアルに聞けるからです。同じ転職活動をしている者同士で情報交換をすれば、業界の動向を掴めたり、会社の体質など、ネットでは分からない情報にも触れられるのです。ですから転職活動を始めたら、それと同時に個人的なネットワークをつくっていくことも意識しましょう。

転職セミナーや企業の説明会で隣に座った人と仲良くなることがありますよね。そういうちょっとした知り合いが出来たら、連絡先を交換したり、SNSで繋がったりしてコンスタントに情報交換できるようにしていきましょう。

そうやって知り合いを増やしていくと、リアルな情報が入るようになるだけでなく、選考で落ちてモチベーションが下がった時や転職活動で悩んだ時も、支えになってくれたりするのです。

焦らずに転職するタイミングを見極めよう

最期にお伝えしたいことは転職するタイミングです。
人間関係を理由に退職したくなったり、転職活動を考える人は少なくありません。合わない上司や合わない同僚というのは、どんな環境でも一人や二人はいますよね。そしてそんな人達と長時間一緒にいあると、会社に行くのが嫌になる時もあるでしょう。

しかしながらそういう状況になった時に忘れてはいけないことがあります。それは、今いる職場の人達がずっと一緒だというのはあり得ないということです。上司はいつか異動します。

その上司が更に昇進するのか、別の部署に行くのか、はたまた転職してしまうのか、理由は様々ですが、全く同じ人員の配置で、同じ環境が長年続くということはそこまで多くありません。

上司のパワハラで悩んでいたある知人の話ですが、退職を考え悩み始めたら、2ヶ月もしないうちに、その上司がヘッドハンティングされて別の会社に行ってしまった、というケースも実際にあります。

ですから人間関係を理由に退職する必要はありません。転職するタイミングはそういう逃避によるものではなく、自分の市場価値と、希望する業界や企業の採用の雰囲気で判断しましょう。例えば、5月~6月は4月に入社した人がやめてしまって急遽採用が必要な企業があります。

同じように、9月~10月はボーナスを貰ってから退職した人の穴埋めで採用枠が発生しているかもしれません。このように転職はタイミングが非常に大切です。焦って退職するのではなく、冷静に市場の動向も踏まえながら、転職活動をしていきましょう。

転職エージェントに登録して効率よく転職準備を開始しよう

転職は、年代やキャリアによって進め方がガラリと変わりますから、プロである転職エージェントにアドバイスをしてもらいながら行うのが一番オススメです。

転職エージェントは、在職中でも土日でも利用することができ、求人者は無料でキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、年収アップ可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、転職のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、年収アップの確立がグッと上がります。

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

土日の面談にも対応しており、在職中でも登録してキャリア相談をすることが可能です。利用は無料ですから、気軽に登録して面談が予約出来ます。
非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする