時給1500円の派遣社員より年収300万でも長く働ける正社員の方が得な理由

f:id:moguhausu2:20150717110643j:plain
派遣社員の時給は高く、都内では時給1500円前後になることも多いです。
時給1500円でフルタイムで働けば、月給25万を超えることも十分可能で、残業無し&重い責任なしで年収300万とそこそこ恵まれた環境を、簡単に手に入れることが出来ます。

一方、正社員はというと、厳しい就職活動を乗り越えなければならず、仮に内定を手に入れても、重い責任、厳しいプレッシャー、断れない残業など派遣社員にはない重荷を背負わなければいけません。そして、ブラック企業に入ってしまったり、会社内でいじめにあったり、いざやってみたら仕事が合わない…という時に簡単に辞められないというデメリットがあります。

派遣社員は、相性の悪い職場に入ってしまっても、契約終了のタイミングで職場を変えるか、営業さんにお願いして職場を変更することが容易です。同じ年収300万なら、派遣社員の方が気楽でいいや…と考える人が増えるのも無理はありません。

しかし、同じ年収300万でも、やはり派遣社員より正社員の方が最終的には有利になります。

今回は、正社員の方が得な理由と、派遣社員の上手な辞め時を紹介します。


優良企業の正社員は派遣社員よりずっと恵まれている

f:id:moguhausu2:20150604112919j:plain
正社員を敬遠して、派遣社員を選択する人の多くは、正社員時代にキツイ事を経験している人がほとんどです。例えば、営業の正社員をしていたけれど、ノルマがキツくて、いつも上から詰められていた。制作職をやっていたけど、サービス残業が暗黙の了解になっており、心身ともにボロボロになった等々…。

確かに、正社員の多くはキツい仕事ばかりです。正社員から派遣社員になった人は「派遣社員って、こんなに無責任でいいんだ」と驚く人もいるそうです。無責任というと言い方が悪いですが、派遣社員は仕事の範囲が決まっており、言ってしまえば単純作業、マニュアル化された仕事、機械の歯車のような役割を求められるので「営業をしてもっと新規開拓しろ!」「顧客対応をしろ!責任重大だぞ!」といったプレッシャーがありません。

その代わり、企業としても替えが効きやすく、切られる時は簡単に切られてしまいます。正社員であれば、責任が重い分、逆に言えば企業の心臓を握っていますし法律的にも守られていますから、簡単にクビには出来ません。例えば、営業マンでも長くやっていれば顔なじみの顧客はつくもの。顧客と仲が良い正社員の営業マンを切ってしまうのは、企業としても痛手ですよね。

「替えが効かない」強さというのは、やはり正社員にしかない特権です。(もちろん、語学力や専門知識のある替えが効かない専門職の派遣社員は別ですよ)

「でも正社員はキツイ…もう戻りたくない」

という方がぜひ目指して欲しいのが、優良企業の正社員です。

優良企業の正社員というのは、なにも大企業の正社員を指している訳ではありません。あなたにとって働きやすい環境の正社員、という意味です。

正社員と一言にいっても待遇はピンキリで、過労死させるまで働かせるブラック企業の正社員もあれば、残業が少なく、プレッシャーもない恵まれた正社員もいます。

恵まれた正社員になれば、心地よい環境で長く働ける上に、雇用の安定性も抜群ですから、同じ年収でも派遣社員よりずっと恵まれています。現代日本で会社員が目指すべきポジションは、この恵まれた正社員1択と言えるでしょう。

外資系事務職のホワイト企業の正社員になったYさんの話

f:id:moguhausu2:20150531161758j:plain
例として、私の知り合いにYさんという女性がいます。
Yさんは、かつてサービス業に勤めており、月に2日3日休めるかどうか…という非常にきつい環境で働いてきました。正社員ながら、長時間労働、かつ年収は300万以下という待遇でしたから、かなり生活はきつかったそうです。それでも奨学金を返すために、4年勤めました。

それから、派遣社員として1年働き、経理の経験を積んでから外資系企業の事務職に転職。見事、正社員ながら定時で帰れて、なおかつ働きやすい環境の正社員になることが出来たそうです。

派遣社員として働いていた頃に、残業が無いという特性を使って会社帰りに英語を学び、TOEIC800点を取得したのが効いたそうです。

Yさんの同期だった派遣社員の方は、契約終了で打ち切られてしまったそうで、あのまま派遣社員を続けていたら…と思うとぞっとしたそうです。やはり、派遣社員は適当なところで辞めて、正社員として就職すべきだ、と強く感じたとYさんは言っていました。

 結局のところ、Yさんのように、派遣社員として働くなら、最終目標として良い待遇の正社員を目指してキャリアアップをする…というのがベストだと私も思います。
派遣社員は残業が無いことが多いです。せっかく時間があるのですから、英語の勉強や資格を取って、1年ほどで正社員に切り替えるのが最も利口と言えるでしょう。

派遣社員の経歴は就活で絶対に役立つ

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain
派遣社員として働いた経歴は、就職活動で絶対にアピールすべきです。派遣社員は一定の職務しか行えませんが、その中で自分なりに努力、改善した事をかけば自己PRとしては強いものになります。

志望動機も「派遣社員では職務に制限があり、経営に携わる部分に立ち入ることは出来なかった。そのため、今後のキャリアを考えて、責任範囲が広く、キャリアアップが目指せる正社員を志望した」という風にすれば簡単です。

元派遣社員というのは、意外と企業間での需要は多く、実力と信用できる人柄があれば正社員にしたい、というのが企業の本音です。特に中小企業は正社員が不足していますから、元派遣社員でも実力者は喉から手が出るほど欲しい…という状況になっています。

いつリーマン・ショックのような大不況が訪れるか分かりません。実際、スイスのグレンコア社という鉱山の最大手の会社が破綻の危機にあり「リーマンショックの再来か?」と言われています。

 グレンコアは20世紀にすでにかなり大きな会社になっていたが、上場はしようとしなかった。それが2011年5月になって、ついにロンドン証券取引所に上場。グレンコア株の上場初値は548だった。また同じ月に、香港証券取引所にも上場している。

そしてグレンコア株の今年5月の終値は288と、上場以来4年間下がってはいたが急落はしていなかった。しかし6月以降、中国発の世界同時株安などもあり下げが加速。6月の終値は255、7月208、8月148と3ヶ月でほぼ半分になる。

(中略)

一部の報道では、「グレンコアは次のリーマンブラザーズの可能性がある」などという論調もある。実際どうなるかは今の時点では分からないが、市場を大きく揺るがす可能性を持つリスク要因であるのは間違いない。

※引用元:www.iforex.jpn.com

グローバル化した現代では、遠く離れた国の大会社が倒産しただけで、日本の経済も風邪を引きます。
不況になれば、真っ先に切られるのが派遣社員ですし、不況になると正社員への就職も難しくなります。

このような事態になってからでは遅いですので、早めに正社員への就職活動を行いましょう。

派遣社員をやるなら辞める時期と目標を決めておこう

f:id:moguhausu2:20150803140229j:plain
とはいえ、派遣社員にもメリットはあります。
正社員の長時間労働やプレッシャーに疲れて退職した人が、リハビリとして働くなら、派遣社員の「フルタイムだけど気楽」な立場は最適です。生活費を稼ぎつつ、会社員生活のコツを思い出すことが出来ます。

また、事務職や経理職、翻訳など、派遣社員として働いた経歴は同業種の正社員に応募するときに役立ちます。
例えば経験3年以上と書かれた求人にも、派遣社員として働いていれば応募可能です(3年以上といっていても、実際は1年半~2年程度でも書類選考を突破出来る求人が多いです)。

未経験の職種に飛び込む時は、派遣社員として経験を積んでから求人に応募する…というのは、賢い立ち回りと言えるでしょう。

一番ダメなのは、楽だからといってダラダラ派遣社員を続けてしまうことです。
派遣社員はあくまで一時的なキャリアと考えて、辞めどきを常に頭の片隅においておくことが大切です。

例えば、100万円貯まったら辞める、TOEIC800点をとったら辞める、2年働いて経験を積んだら辞める…という風に、目標を設定しておきましょう。もちろん、派遣社員をやりながら平行して就職活動をするのも有りです。

転職エージェントを利用して正社員になろう

f:id:moguhausu2:20150510110217j:plain
恵まれた正社員になるためには、優良企業の求人を探さなければいけません。優良企業、恵まれた企業を探すには転職エージェントを活用するのが一番です。
どんな企業も、求人に嘘はつきもの。ハローワークなどに行くと、ボーナス4ヶ月と書いておきながら入ってみたら1ヶ月も出ないという事がザラにあります。

そんな嘘まみれの求人の中から、本当の年収を引っ張りだすためには、転職のプロ、転職エージェントのサポートを受けるのが一番です。

転職エージェントは登録するとエージェントがマンツーマンでサポートしてくれて、転職者にかわって年収交渉や待遇のチェックなどを企業に行ってくれます。
また、あなたの希望条件にあった求人をピックアップして紹介してくれるので、ハズレ求人を引く危険性が無くなります。近年、多くなってきているブラック企業に当たる可能性も無くなるので、ハローワークや転職サイトを使って一人で転職活動をするよりもグッと効率的に転職が出来ます。

また、職務履歴書の書き方なども教えてくれます。特に派遣社員の経歴のまとめ方、自己PRの文章に関しては、エージェントの得意分野ですから、自分自身で考えるよりもエージェント主導で書いた方がグッと内定率が高くなります。
派遣社員から正社員になるなら、無料で利用出来る転職エージェントを使って効率よく動きましょう。

転職をするならリクルートエージェントがオススメ!

転職を考えているなら、オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。
大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非正規雇用(フリーター、契約社員、派遣社員)から正社員への就職は、リクルートエージェントの得意分野で、成功に導いた実績も多いですから、ぜひリクルートエージェントを利用してみましょう。利用は無料で、土日でもキャリア面談は可能ですから、派遣社員として在職中でも気軽に利用出来ます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

時給に騙されてはいけません

派遣社員は時給が高く、一見すると恵まれた立場のように見えます。
しかし、派遣会社からマージンは引かれていますし、雇用も弱く、いざという時に路頭に迷いやすいというデメリットがあります。

長い目で見て、正社員として働き続けるのが一番ですから、ぜひ派遣社員は適当なところで切り上げて正社員にキャリアアップしましょう。

関連リンク

TOEICの点数をあげてキャリアアップしたい…という方は、下記の記事を参考にして下さい。

週1回の英会話教室『NOVA』でTOEICスコアを伸ばす方法。英会話でアウトプットすることで英語力がグンと伸びる秘密




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする