30代の転職で書類選考を突破する方法。面接に呼ばれる人は職務履歴書よりも志望動機に命をかける

f:id:moguhausu2:20150603112909j:plain
30代の転職において、書類選考は一つの大きな壁です。
20代の頃であれば、10社出せば5社6社は面接に呼んでくれたのに、30代になった途端に書類選考が通らなくなった…なんて話は転職界隈ではよく耳にする話です。

かつては35歳転職限界説と言う言葉があり、35歳を超えると転職のチャンスが途端に少なくなる、というものです。確かに、35歳以降の求人は管理職の求人、または即戦力の求人ばかりになり、転職のハードルは高くなります。

そのため、キャリアや経験に自信が無い人にとって、書類選考で落とされ続けると「やっぱり転職なんて出来ないのかも…」と自信喪失してしまいがち。

しかし、30代の転職チャンスはあなたが想像しているよりもずっとあります。書類選考で落ち続けてしまう理由は、単純に戦略ミスをしている可能性が高いです。

今回は30代の転職で、書類選考を突破する戦略について紹介します。


50社以上に応募するつもりで戦おう

f:id:moguhausu2:20150604112919j:plain
輝かしいキャリアや実績がある人ならさておき、特にこれといって目立ったキャリアのない30代の人が転職をしようとした時、その時の運にもいくばくか左右されますが、やはり量をこなさないと書類選考を突破して面接、内定までこぎつけるのは難しいです。

30代の求人は、20代に比べて「未経験者より経験者」「他業種出身よりも同業種出身」という傾向が強く、また採用人数も1人、多くて2人といったケースがほとんどで、少ない椅子をライバルと取り合う形になります。

そのため、弾数を増やすためにも、応募する求人はある程度の数を揃える必要があります。求人広告は、法律により求めている人材の具体的な年齢や性別等は書けませんし、各社それぞれ事情があるので、あなたの書類を通してくれる企業に出会える確率はそこまで高くありません。
もちろん1社目、2社目でスイスイと書類選考も通り、見事、内定…という運の良い人もいますが、決まらない時はとにかく決まらないので、ある程度、覚悟を決めて転職に挑んだほうが精神的にも楽です。

 ですので、非効率ではありますが、50社以上に応募するつもりで書類を用意することが大切です。
履歴書・職務履歴書は手書きよりも、PCで作成しておくことをオススメします。PCで作れば、手書きよりもずっと効率的ですし、量産が可能です。30代の転職に「手書きじゃないとダメ」という古い会社もあるでしょうが、そんなところにいちいち合わせていたら転職が長期化してしまいます。
書類はPC、写真は写真屋さんでROMに落としてもらいましょう。

職務履歴書は簡潔に!

f:id:moguhausu2:20150803140229j:plain
さて、履歴書の作り方や、証明写真は写真屋でしっかりと…なんて基本的なことはどこにでも書いてあるので、ここでは省略します。
30代の転職者で、一番やってしまいがちなミスが、職務履歴書を書き込みすぎる、というミスです。

企業の採用担当者は、職務履歴書を隅々まで見る、なんてことはしません。パッと見て、簡潔に書かれておらず分かりにくければ即不採用です。

職務履歴書というと、どうしても肩に力を入れて「こんな努力・工夫をして実績を出しました!」「○○%アップを達成しました。私が行った工夫は~」などと、いかに自分が優秀な人間なのか、これまでどんな努力をしてきたのか等々を盛り込んでしまいがちです。

しかし、職務履歴書において一番大切なのは、パッと見てスキルや経験、実績がすぐ分かるようになっているか? という点です。

採用担当者が、書類選考で一人あたりの職務履歴書にかける時間は3分~5分です。すなわち、最短3分で自分をプレゼンしなければいけないのです。
それなのに、ずらずら分かりづらい文章で書いてしまうと、採用担当者は「分かりにくい」と切り捨ててしまいます。

職務履歴書は、とにかく簡潔に。
分かりやすく、行間をあけて、具体的な数字を出して書く、ということが大切です。

仕事で頑張ったこと、工夫したこと、信条などは面接で語れば良いのです。職務履歴書は、あくまであなたの簡易ステータス表、あるいは成績表なのだと思って下さい。行間をあけて読みやすく、広く余白をとって見る人にやさしいデザインを意識しましょう。

そして、書類作りで重要なのは、表題にもある通り、職務履歴書よりも志望動機にしっかり力を注ぐ…という点です。

企業はあなたの過去の自慢に興味はない

志望動機において、過去の実績を主軸にした志望動機の作り方は危険です。前職ではXXという売り方をして主力製品の売上を○○%アップを達成しました、なんて実績は、採用担当者からすれば「ふーん」といった程度にしか受け止められていないのです。

肝心なのは、その経験からあなたがどんな人物で、どんなスキルに長けており、それをどう当社で活かすのか? という点です。過去の実績だけを誇らしげに語っても、言ってしまえば、それはただの自慢です。実績を自慢で終わらせないためにも、志望動機の主軸は「応募している会社に入社して、どんな活躍をするか」といった点に置きましょう。

30代に求められるのは、簡単な単純作業や指示待ちで出来る仕事ではありません。チームを引っ張るリーダーであったり、新人を教育する教育係、人やプロジェクトを管理する管理職といった役割を期待されています。

営業職の方などに多いのですが、どんなに現場での腕をアピールしても、チームとして貢献した経験や、新人などを教育した経験などが無ければ、30代の転職は難しいでしょう。企業が30代に求める役割を、今一度、調べなおしておくことが大切です。

会社はワンマンプレーでは成り立ちません。30代になったら、他人を育てる、他人と協力してチームとしてプロジェクト遂行を成し遂げる…といったいチームプレーに重点を置いて、自己PRや志望動機を書きましょう。

書類を量産していると、どうしても志望動機が適当になってしまいがちです。
そんな時は、グッと怠けたいところを我慢して、今一度「なぜ、この会社を選んだのか?」「入社したら、私の経験・実績をどう活かすのか?」「この会社に入れたら、5年後にどんな役割を果たす人材になりたいのか?」と、なぜ?チェックを繰り返して志望動機の説得力を限界まで上げておきましょう。

理不尽な不採用、書類選考の通過率の低さで「どうせ頑張って書いても落ちるだろう…」と志望動機作りにうんざりしているのはライバルも同様です。だからこそ、1%の説得力の差、熱意の差が合否を分けるのです。
最後の踏ん張りを効かせて、1%でも内定率を上げる努力を忘れないで下さい。

使いやすい人材であることをアピールしよう

30代になると、人柄やクセがだいぶ前面に出てきてしまいます。これまで培ってきた実績から、ある程度のプライドを持っている人が多く、年下の上司や同い年の上司に楯突く血気盛んな人も多いです。

しかし、転職において採用担当者が最も敬遠するのが、我が強く社内に溶け込めなさそうな人材です。
本当に優秀な人材は、どんな会社でも柔らかいスポンジのように、その会社のやり方や文化を吸収し馴染んでいきます。我が強く、和を乱す人材は転職では求められません。

柔軟な人柄をアピールするためには、機械的に実績やキャリアを淡々とアピールするだけではダメです。人間味のある失敗談や、履歴書にある趣味特技の欄、コミュニケーションで気をつけている点などを採用担当者にアピールしましょう。

例えば、クレーム処理や顧客への謝罪経験をあえて自己PRの前面に出して「謝罪が出来ることが自分の利点。ミスをしたら社内の部下相手でもしっかり謝って信頼関係を築いてきた」「クレームは相手のことを考えて真摯に対応するのが重要」といったアピールをすれば、社外でも社内でもしっかり謝れる人材なのか、と人柄評価も上がりますよね。

30代になって、部下や顧客に謝れない人、自分を譲らない、我が強い人は想像以上に多いものです。
そんな中で、プライドよりも社内のチーム力、信頼関係を優先して動ける人は、企業としてはぜひ採用したい人材なのです。

書類選考が一番大変だけどチャンスでもある

書類選考は、採用基準が曖昧で非常に理不尽に思えることもあります。
履歴書や職務履歴書をどう書くのが正解なのか、袋小路に迷いこんでしまうこともあるでしょう。

しかし、書類選考は運の要素も絡んできますから「手直し中毒」になってあれこれいじり回すのではなく、基本をしっかり押さえたら量産して数で勝負する、と割りきりましょう。30代の転職の席は少ないですから、量をこなしてチャンスを広げることが大切です。

転職エージェントを利用して書類作りを完璧にしよう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain
転職における書類作りは、転職のプロである転職エージェントにアドバイスを貰って仕上げるのが一番です。

転職エージェントは、在職中でも土日でも利用することができ、求人者は無料でキャリア相談、書類作り・面接のアドバイス、求人の紹介を受けることが出来ます。
登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種を紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、転職のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ます。

オススメの転職エージェントは転職エージェントのアデコです。

転職エージェント『アデコ』

アデコはスイス資本の外資系転職エージェントです。日本法人であるアデコジャパンは、1985年から転職エージェントを展開しており、他社の転職エージェントには無い独自の求人を多く持っているのが特徴です。

転職エージェントの規模としてはかなり大きく、非公開求人を多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。

年収アップや自身の人材価値を高めるキャリアの構築、外資系企業への転職など『キャリアアップの転職』にはもちろん。

「転職活動を始めたけど、初めてで何をすればいいのか分からない」
「フリーター、既卒or第二新卒で職歴に自信がない」
「ブラック企業から脱出したい。定時で上がれる楽な仕事を紹介してほしい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

アデコが抱えている求人は、アサヒビールやバンダイナムコゲームス、NTTドコモなど業界問わず大企業の求人から、大企業の関連会社、優良中小企業など、業績が安定しており待遇の良い求人(残業なし・ボーナス4ヶ月以上支給・有給の取りやすい職場など)が多くそろっています。

またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、アデコを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

アデコの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

f:id:moguhausu2:20160511121833p:plain 転職エージェント『アデコ』公式サイトを見てみる

転職エージェントは仕事選びの強い味方ですから、ぜひ上手に活用して転職・就職を成功させましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする