ゲーム会社の企画orシナリオライターに就職(転職)する方法。業界未経験でもゲームに携わる仕事に就くには?

f:id:moguhausu2:20150622154804g:plain
ゲーム会社の企画職やシナリオライターといえば、ゲームの中核を作る花型のポジションです。
しかし、コンシューマーゲームの業績が伸び悩んでいた頃は、門戸が狭く、限られた人しか就職出来ないポジションでもありました。実際、企画職・シナリオライターは技術職よりもハードルが低いと思われがちなので、多くの人が就職を希望しては破れていたので、ゲーム業界への入口としては就職・転職は「難しい」と見なされていました。

現在はソーシャルゲーム、スマホゲーム、ブラウザゲームなど新たな形態のゲームが誕生して市場が活発になり、ゲーム会社の企画職やシナリオライターは人手不足になりつつあります。各社で元コンシューマーゲームのディレクターが取り合いになったり、ヒットを生み出す企画職、シナリオライターを求めて求人数も増加しています。

今回は、そんなゲーム会社の企画職、シナリオライターに就職・転職する方法を紹介します。


企画職やディレクター、シナリオライターが足りない時代

一昔前であれば、スマホゲームはポチポチゲーと皮肉込で言われるほど単純なゲームばかりでしたが、スマホのスペックが上がるにつれて、コンシューマーゲームと同じくらいの内容がなければユーザーを獲得出来ないようになりました。
そのため、イラストから音楽、そしてシナリオまで、専任の人材を雇わなければ売れるゲームが作れなくなり、各社、人材育成や中途採用に四苦八苦しているのが現状です。

いつまでもスマホゲームが繁栄し続けるとは思いませんが、ゲームというのは、形態を変えても結局は企画・シナリオが出来る人材がいなければ作れません。

逆に言えば、今はゲーム会社のディレクター、シナリオライター、企画職に入りやすく、業界に就職・転職しやすい絶好のチャンスと言えます。なにせコンシューマーゲームとスマホゲームが入れ替わる直前の時期は、まさに業界が不景気そのもので、とても未経験のディレクターやシナリオライターを新卒以外で雇う余裕は各社にありませんでした。

しかし、現在はスマホゲーム、ブラウザゲームという高収益な媒体のゲームが誕生し、未経験でもゲーム業界に入りやすくなりました。もちろん、企画やシナリオライターになるには最低限のサンプルを作って就活に挑む必要がありますし、未経験から入るのであれば日々勉強が必要ですが、一度、経験をつんで実績をつくれば、業界内での転職には困りません。

サンプルの企画書、シナリオを作成しよう

技術職はプログラミングで組んだサンプルゲームを就活で提出することが多いですが、企画職、シナリオライターも同じくサンプルの企画書やシナリオを提出したほうが、業界に入れる可能性は上がります。というより、未経験で入るならば、ライトノベルの新人賞を受賞、などの肩書きが無い限り、フリーランスで安くシナリオの仕事をして実績を積み上げるか、サンプルを就活でアピールして入るしか手はありません。

シナリオ、というよりテキストライター(アイテムの説明欄やNPCキャラの台詞を書く)は結構、バイトで募集しているところも多いですから、そこから潜り込んで実績や人脈を作るのも良いでしょう。他にはテスターとしてデバックから入るのも良いです。

しかし、バイトから正社員の就職につながるケースは少ないですから、やはり就職活動で真正面からぶつかって内定を得ることが大切です。

特に企画職やシナリオライターは、プログラマーやイラストレーターと比べて出来不出来が分かりにくいので、未経験実績無しでは内定を得るのは難しいです。それでも、人材不足で、とにかく来るもの拒まずで育てよう、という会社もあるので、サンプルを作って就活にどんどん挑むのが正解です。

ソーシャルゲームで儲かっている会社は、急速な成長に人手不足が目立ちます。また、市場の成長の頭打ちに伴い、より高いクオリティを求めて、ゲーム開発に費用を投下するために、新たな人材の採用・育成を積極的に行う会社も多いです。

ゲーム業界に未経験から飛び込んで、企画職、シナリオライター、ディレクターとしてゲーム作りを仕事にしたいなら、今がまさに就職・転職のチャンスです。

実績を積めばスマホゲーム業界からコンシューマーゲーム業界に転職も可能

スマホゲームとコンシューマーゲームは、かつて別々のものとして扱われてきましたが、現在ではコンシューマーゲームを制作するメーカーもスマホゲームに力を入れており、その垣根はほとんど無くなりました。

そのため、スマホゲーム会社の職歴をひっさげてコンシューマーゲーム会社に転職することも十分可能になり、ゲーム業界という枠組みの中で、転職市場は非常に大きくなっています。

「俺はスマホゲームじゃなくてコンシューマーゲームが作りたいんだ!」

という人でも、スマホゲーム会社、コンシューマーゲーム会社両方にアプローチしましょう。
未経験の場合は、まず実績を作ることが一番大切です。とにかく、どこでも良いのでゲーム会社に潜り込んで、実績と経験をつんで人材力を高めてから、やりたい業界、憧れの会社にアプローチしましょう。

求人は転職エージェントで見つけるのが一番

ゲーム業界の求人は、転職エージェントを利用して探して応募するのが一番です。
というのも、未経験からゲーム業界に入る際に、未経験OKな求人を探すのは骨が折れます。転職のプロであるエージェントに相談し、入れる可能性の高い求人をピックアップしてもらって、片っ端から受けてみるのが一番効率が良いでしょう。
未経験の就職となると、やはり内定を取るまでには、それなりに会社を受ける必要があるので、気合を入れて就活をしましょう。

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ます。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

上記は入力の一例です。

上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式ページ

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

ゲームはより企画・シナリオに左右されるようになる

ユーザーがゲームに求めるものは年々変化していますが、その中でも質の高いシナリオ、愛着の持てるキャラクターというのは相変わらずゲームの中核を担う重要な部分です。一度、企画職やシナリオライターとして実績をつめば、今後、ゲーム業界の転職で困ることはないでしょう。

未経験でもゲーム業界に入り、企画職としてバリバリやっている人は大勢います。
一度きりの人生ですから、チャンスが多い今こそ、ぜひチャレンジしてみましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする