20代のキャリアプラン構築のコツ。収入よりも経験やスキルを重視しよう

f:id:moguhausu2:20150531161758j:plain
20代はこれから仕事をしていく上で土台となる経験を積む、最も重要な時期となります。
だから20代のうちに何を経験するかで、今後のキャリアの全て決まると言っても過言ではないでしょう。大学時代の転職活動ではそこまで深く考えていなかった、という場合が多いのではないでしょうか。

そこで今回はキャリアデザインを考えた時に、20代のうちに経験すべきことを紹介していきます。


20代のうちに経験しなければならないこと

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain
新卒は夢の切符だと昔から言われますが、それは現代社会でも変わりません。
もっと言ってしまえば新卒であるか無いかに関わらず20代という年齢の時点で、転職市場ではかなり価値がある存在だと言えるでしょう。

何故なら未経験者OKの求人にどんどんエントリーが出来るからです。
もしあなたが採用担当者だったらと想像して、考えて頂きたいのですが、教育の予算をかけて育てるなら、やはり吸収力が高くて素直な20代を育てたいと思いますよね。
それは企業の担当者も同じです。ほぼ例外なく、しっかり研修制度を持っている企業程、若手の人材を求めています。ですから20代のうちは選択肢が拡がっていると言えるでしょう。

そして仕事でもプライベートでも、どんどん新しいことにチャレンジして下さい。そして様々な分野の人と会話をしてあなたの見る世界を拡げていきましょう。そうすることでこれから積み上げていくキャリアの方向性をはっきりさせていくのです。

キャリアプランを自らでデザインする考えを持とう

f:id:moguhausu2:20150531161701j:plain
冒頭でもお伝えしましたが、最初にどういう仕事を選ぶかでこれからのキャリアのほぼ全てが決まります。
当然途中で軌道修正は出来るのですが、キャリアのスタートから一本通っている軸があった方が今後の転職に有利なのは確かなことです。

これは客観的に考えたら分かるかと思いますが、様々な職種を転々としている人よりも一つのキャリアを一貫している人の方が信用がありますよね。ですから最初にどの業界職種を選択するのかがとても重要になるのです。

そして、その最初の職業を選ぶ時に考えなければならないのがキャリアプランのデザインです。

今は終身雇用や年功序列制度が残っている企業の方が少ないので、自分で自分のキャリアプランをデザインしていくという考え方が必要です。
これは、これから仕事をしていく上でどこかで必ず考える必要が概念なのですが、出来れば最初から考えておきましょう。これからの20年~30年を20代のうちに俯瞰して考えておくのです。未来年表をつくり、理想的な未来のスケジュールを組んでもいいでしょう。

これがしっかり出来ている人は20代ではそこまで多くいません。ですからこの考えをしっかり持ちキャリアデザインしているだけで、あなたは希少性のある人材となっていくでしょう。

収入と経験、大切なのはどちらなのか

f:id:moguhausu2:20150608133958j:plain
さて、ここまでキャリアデザインと沢山の経験を積むことについてお伝えしましたがいかがでしょうか。
最期にもう一つお伝えしたいことは、収入と経験のどちらを大切にするかということです。

確実に言えることは独身で20代のうちは収入ではなく経験に価値を置きましょう。実際問題お金は大切ですから、迷うことがあるのは分かります。それでも経験を大切にしましょう。

何故ならそれは今しか出来ないことだからです。

20代前半であれば親や親戚に頼ることも出来るので、収入的には多少苦しいところがあったとしても何とかなります。夢を追いかけてもいいし、資格試験の取得に励んでもいいですよね。

しかしながら30代に入ると結婚や出産があり、どうしても収入のことが無視できない状況になってきます。だから本当の意味でやりたいことをやったり経験したいことを出来るのは20代しかないと考えておいていいでしょう。

ですから、20代のうちでどれだけ見聞を拡げられるかということが大切です。20代は限られた自由な時間だということを認識して、ぜひ世界中を旅したり、進みたい方向性が見つかればそこに愚直に進んでみたり、チャレンジをしていってみてください。キャリアというのは、そうやって若い頃に興味を持ったことが10年後、20年後に面白いように後から繋がってくるものなのです。

それは20代前半であっても後半であっても関係ありません。是非経験に価値を置いて、本当に自分自身が興味があることに挑戦していきましょう。

転職でキャリアチェンジ、キャリアアップをしよう

f:id:moguhausu2:20150604112919j:plain
20代の方の多くが誤解しているのが「一番良いのは理想的な会社に入って一生そこで勤めることだ」という幻想です。
昔は終身雇用制で、一社に一生を捧げる働き方が理想でした。しかし、現在では一部の大企業を除いて、10年後、20年後も安定した業績を出せる保証はどこにもありません。勤める会社にキャリアを任せるのではなく、自らキャリアプランをデザインして、いざ何か起こってもすぐに立ち回れるスキルや経験を身につけておきましょう。

また、年と共にやりたい事、仕事を通じて成し遂げたいことは変化します。
20代であれば未経験での転職も十分に可能ですから、価値観の変化を恐れず、転職にチャレンジしてキャリアを自分の手でコントロールしましょう。

転職は、無料で利用出来る転職エージェントを利用すると、非常に便利です。
プロのエージェントにキャリア相談にのってもらうことが出来ますし、土日も営業しているので、在職中の転職でもしっかりサポートしてくれます。

おすすめの転職エージェントと、口コミ、評判、使い方等は下記の記事を参考にして下さい。www.hazimetetensyoku.com

時代は絶えず変化しています。変化にフレキシブルに対応することで、自分のキャリアをしっかり築いて、理想のライフスタイルを実現させましょう。
20代のうちから将来を見据えておけば、30代、40代になった時に、人生がグッと楽しくなりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする