20代職歴無しが正社員に就職するための必勝法。戦略を立てれば社会復帰は可能です

f:id:moguhausu2:20150930113537j:plain
職歴無しという肩書きは、どうしてもネガティブなイメージを相手に与えてしまいます。
職歴無しで正社員に就職するのは難しい…というのも世間一般で言われていることで、一度、既卒やフリーターになってしまうと、ずるずると非正規雇用の仕事でお茶を濁してしまいがちです。

しかし、職歴無しだからといって就職を諦める必要はありません。

確かに職歴無しで正社員になるのは難しい点があります。しかし、戦略を立てて就職活動をすれば、半年程度の就職活動で正社員になることは十分に可能です。一度、しっかりとしたキャリアを身に付ければ、その後は正社員として転職することも容易になります。

今回は20代職歴無しの人の立場にあった就活戦略を紹介します。

応募する会社を絞る

基本的な考え方として、まず大企業や新卒採用を積極的に行っている中堅企業は、わざわざ中途採用で職歴無しの人材を採用しません。
そのため、こういった企業に応募してもお門違いと言われるだけですから、労力の無駄です。最初から除外して考えましょう。

かといって、外食産業や小売業界など、誰でも就職出来るブラック企業に入ってしまっては、短期離職を繰り返す負のループに入るだけです。

そこで20代職歴無しの人が目指すべき会社は、人手不足、かつ業績が安定しており労働環境も悪くない会社です。

そんな会社があるの? と思うかもしれませんが、実際、中小企業や建築業界などは人手不足が顕著で、20代であればとにかく積極的に採用して育てたい、と思っている会社がたくさんあります。

例えば建築業界では、仕事がきついし休みも少ない、といったイメージが大きく、業界のイメージが悪いため人材不足が顕著になっています。それを受けて、建築業界は賃上げや若者の教育制度などに力を入れて、今、積極的に20代の人材を採用しています。

きつい仕事というイメージが先行していますが、実際は雨の日は休み、賃上げで給料はとても高い、教育制度がしっかりしてきている等、改善がすすめられており、なおかつ求人倍率が低いため就職しやすいという、まさに職歴無しの人材にとって「穴場」の業界になっています。

他にも、新卒採用をしておらず、20代を求めているニッチ産業の会社や、自動車、機械系のメーカーなど、待遇は良いのに知名度がなく求人倍率が低い会社がたくさんあります。知らない会社、知名度のない業界にこそ、職歴無しの人材は応募するべきなのです。

27歳ニートから機械メーカーに入れた人もいる

27歳ニートから機械メーカーに入り、完全週休2日、残業20時間、年収350万の待遇を手に入れた人もいます。

彼が受けた会社は、飛行機の製造に必要なパーツの一部を製造する業界では知る人ぞ知る企業だったのですが、会社としての知名度がなく、人材獲得に苦戦していたそうです。平均年齢が40代50代だったため、職歴無しでも20代なら採用、ということで内定を出したそうです。

もし、彼が求人広告で目立つ外食産業や小売のブラック企業に応募していたら、このような良い待遇は得られなかったでしょう。

20代の職歴無しから正社員になるためには、何よりも求人倍率が低く待遇が良い穴場の会社を探すことが大切なのです。

無職・フリーターからの就職サポートに対応している転職エージェントに登録してサポートしてもらおう

上記のような穴場の求人を探すには、ハローワークなどではなく、転職エージェントに紹介してもらうのが一番です。

転職エージェントというと、普通は正社員の転職しかサポートしていませんが、一部のエージェントは20代であれば無職・フリーター・非正規社員からの就活もしっかりサポートしてくれます。

現在、20代の求人者と若手人材を求める企業の橋渡しをする転職エージェントがどんどん業績を伸ばしています。

というのも、転職エージェントを利用するメリットは求人者と企業側、どちらにもあるからです。企業側は求人の手間を省けて、求人者はエージェントの審査を受けた優良な求人を紹介してもらえるのですから、利用が拡大するのは当然ですね。

転職エージェントに登録すると、あなたの希望条件を担当エージェントがヒアリングし、その条件にあった求人をピックアップして紹介してくれます。就職活動で一番面倒な求人探しを代行してくれるのですから、こんなに楽なことはありません。

また、履歴書の書き方やエントリーシートの書き方、面接のノウハウなどを1から教えてくれるので、内定率も高くなります。かつて就職活動で失敗した人でも、就職のプロによるサポートがあれば面接突破も簡単です。

就職はお見合いのようなものです。
相手が自分の希望条件を満たしているか、しっかり見極めて契約しなければなりません。

エージェントを挟むことによって、通常の就職活動では聞きにくい「年収や残業時間」「社内の雰囲気」「詳しい業務内容」など求人の内部情報を聞くことが出来ます。これもまた、一人で就活をしていたら得られない大きなアドバンテージですね。

オススメの転職エージェントは転職エージェントのアデコです。

転職エージェント『アデコ』

アデコはスイス資本の外資系転職エージェントです。日本法人であるアデコジャパンは、1985年から転職エージェントを展開しており、他社の転職エージェントには無い独自の求人を多く持っているのが特徴です。

転職エージェントの規模としてはかなり大きく、非公開求人を多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。

年収アップや自身の人材価値を高めるキャリアの構築、外資系企業への転職など『キャリアアップの転職』にはもちろん。

「転職活動を始めたけど、初めてで何をすればいいのか分からない」
「フリーター、既卒or第二新卒で職歴に自信がない」
「ブラック企業から脱出したい。定時で上がれる楽な仕事を紹介してほしい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

アデコが抱えている求人は、アサヒビールやバンダイナムコゲームス、NTTドコモなど業界問わず大企業の求人から、大企業の関連会社、優良中小企業など、業績が安定しており待遇の良い求人(残業なし・ボーナス4ヶ月以上支給・有給の取りやすい職場など)が多くそろっています。

またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、アデコを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

アデコの登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

転職エージェント『アデコ』公式サイトを見てみる

転職エージェントは仕事選びの強い味方ですから、ぜひ上手に活用して転職・就職を成功させましょう。

派遣やバイトに逃げないことが大切

就職活動は、書類を用意したり、企業研究をしたりと手間がかかります。
しかし、正社員の保証とキャリアは絶大で、一度、正社員を経験すればその後の転職も楽になりますし、雇用も安定しているので首を切られる心配もありません。

派遣社員やアルバイトに逃げても、不景気になった時に露頭に迷ってしまいます。
20代のやり直しがきく年齢のうちに、気合を入れて就職活動をして、正社員の立場を手に入れましょう。

転職エージェント『アデコ』 公式ページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする