印刷会社から転職して医療事務になった高卒女性の転職体験談。最初の会社は学歴差別をするブラック企業でした

f:id:moguhausu2:20150710161231j:plain
社会人1年目、最初から高卒と大卒で学歴差別を受けました。

私が初めて努めた仕事は、印刷会社の一般・経理事務の仕事でした。今から思うと面接時の時に、会社のカラ-が出ていたと思います。

面接会場に行き、会場で待っていたとき、あとから考えたらわかったのですが、高卒と大卒に分かれていました。
私は高卒だったのですが、面接を終え、お昼の昼食を会社からご馳走になりました。仕出しのお弁当が配られたのですが、大卒の方と、高卒のお弁当のレベルが明らかに違いました。高卒のお弁当は普通の仕出し弁当でしたが、大卒のお弁当は特級くらいのお弁当でした。その時はよくわからなかったのですが、今考えると、そのときから学歴差別があったと思われます。

当時の自分の年齢は18歳。まだまだ未熟だったので、その時は理解ができていませんでした。しかし、不満を抱いたのは確かです。

その後、3ヶ月の研修が終わり、本店・支店などに配属され、私は本店勤務を希望していたのですが、結果は支店の工場の勤務になりました。

今回は私が体験したブラック印刷会社と、そこから転職した体験談を書きます。


なかなか配属を決めない会社

工場勤務に決まった私は、すぐにでも仕事ができると思っていましたが、大きな部屋に新入社員をまとめて入れて、大卒の方だけは、すぐに配属して仕事を振り分けていました。
高卒達は、学校のようにデスクを並べて、毎日工場見学や漢字のテスト、遊びのような仕事ばかりでした。

ほとんど一人前として扱ってもらっていなかったと思います。それから、印刷会社の工場だったので、作業が沢山あり、秋くらいはカレンダ-の印刷工程が忙しくなるという事で、パ-トがするような工場の作業をさせられ、一人の作業のノルマを課せられ、制服が紙の粉で真っ白になりながら毎日を過ごし、これは会社のすることなのか?と疑問が積もり「配属はいつですか?」と尋ねてもあいまいな解答しか返ってきませんでした。

そして、こんな会社に失望し、転職をすることにしました。

転職活動開始

会社を辞めてしまってから仕事を探していては、間に合わないと思ったので、定期的にお休みをもらいいろんな会社の面接や転職活動をしました。それから、有給を使ったりして、短期集中の資格の勉強会に参加して会社に勤めながら、試験をパスして、医療事務の資格をとりました。

資格を取ってから、転職エージェントに登録し、求人を紹介してもらうことにしました。
まだ私が若かったこともあり、エージェントの方はキャリアアップ出来る職場を中心に紹介してくれました。

次の就職先の面接を受けましたが、まったくの違う職業だったので必ず質問が「なぜ会社をやめようと思ったのですか?」「なぜ医療の仕事に変えようと思ったのですか?」などが多く、なかなか答えにくい質問だったのですが、偽っても仕事が決まった後に、自分に不利になりそうだったので正直に会社に対して感じた学歴差別のことや、年齢などの差別、半人前に扱われる不当さ、会社の不誠実な態度に失望したことなどを簡潔に話ししました。

担当エージェントの方にも「前会社がブラック企業だったことは正直に話したほうが良い。ただし、愚痴っぽくならないようにすること」と釘を差されていたので、ただの会社の悪口にならないよう気をつけました。

面接の方は、とても話しに興味を持ってくださり耳を傾けてくださいました。

退職届けと転職

印刷会社の上司には、何度も仕事に対しての不満や、納得いかないことの改善などを求めたのですが、なんどもスル-され、会社を退職したいこともなんども話し合いをしたのですが、辞めることも認めてくれず、最終的には、次の再就職を決め、退職する2週間前に退職届けを出して、辞めることにしました。

本当は円満退職を望んでいたのですが、何度も話し合いや退職の旨を相談したのですが、取り合ってもらえなく、仕方ない苦渋の選択でした。しかし、他の同僚は諦めて勤めていましたが、私の場合は転職後にいろんな経験や、関係の資格なども増やしたりと、再就職した会社に6年勤めることができたので本当に転職してよかったと思います。印刷会社は自分としては今でも会社の評価としてとても悪いです。

私は転職エージェントを使いました

私は転職の求人探しに転職エージェントを利用しました。

転職エージェントに登録しておけば、エージェントにキャリア相談をして『今の自分が応募できる求人』をいくつか見ることが出来ます。また、転職するとしたら、どんな業種、業界がオススメなのか、エージェントに相談をすることが出来ます。

転職の具体的な話が聞けると、ブラック企業を退職する決意がグッと堅くなります。
むしろ、今の環境に居続けることがバカバカしくなり、退職に対する不安も減りますから、ぜひ在職中に転職エージェントに登録して、一度キャリア相談を受けてみることをオススメします。

転職エージェントは土日はもちろん、都合のいい曜日、時間に面談が出来るので、ブラック企業勤めであっても問題ありません。

退職後の転職活動の準備にも、転職エージェントは大いに役立ちます。
履歴書や職務履歴書の書き方、志望動機や自己PRの書き方、面接のノウハウなど転職活動の課題をしっかり1からサポートしてくれるので、面倒な転職準備の時間を省略出来ます。

また、次の就職先の希望条件を伝えれば、その条件にあった求人をピックアップして紹介してくれるので、転職サイトで求人を取捨選択する必要がありません。求人の良し悪しを見極めるのは一人では難しいですが、内部情報に精通しているエージェントがいれば、それも簡単になります。
離職率や労働時間、残業時間などの情報をエージェントは持っているので、ブラック企業回避のためにも、エージェントと一緒に求人を選ぶことが大切です。

転職エージェントならリクルートエージェントがオススメ!

オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。
大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

「ブラック企業を辞めたい」とつぶやくことは簡単ですが、それだけでは何も状況は変わりません。
自分のキャリアを満足させたいのなら、一歩踏み出す勇気を持ちましょう。

転職エージェントは在職中でも離職後でも相談に乗ってくれるので、まずは気軽に相談してみましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする