人間関係がギスギスしたことがきっかけで入社3年目で営業事務に転職した女性の体験談

f:id:moguhausu2:20150612153930j:plain
私が転職したのは、会社に勤めて3年程度経った後です。新卒で就職した会社だったのですが、想像を超える忙しさと合わない上司のおかげで、1年目からすでに挫折していました。

しかし3年働いたら仕事も身に付き人間関係が楽になるかもしれない、そう思って続けていました。しかし実際は仕事は売上が悪いのもあり、注文にならない見積もりなどが増え仕事も増える一方、人間関係もそれに加えるようにギスギスしていきました。3年過ぎたころ、他の部署の上司がやめてしまったり、人事の変化もありました。

私もそろそろ限界を迎えていました。人事の変化による新しい課長との面接があり、そんな面談のチャンスも初めてでした。そんなとき、思わず会社を辞めたいと言ってしまったのです。

改めて自分から言いに行こうとは思っていなかったのですが、その本音は前から秘めていたことでした。それから退職が決定しました。


勤務条件を重視して転職に挑む

退職は思わぬ時に決まり、引き継ぎ期間は3か月。引き継ぎの間にも引き継いだ子が仕事が大変なことに気づいて突然辞めてしまったりいろいろありましたが、私は希望退職日に会社を辞めることができました。

しばらく休みたい、そう思っていたのですが、家にいる時間は仕事をしてない自分自身を攻めるように過ぎて、すぐに転職活動を始めることにしました。
まず失業保険の手続きもあって職安に通いました。それが改めて自分のやりたいことを考えるきっかけになって、また前職と同じ営業事務をやりたいと思っていました。

仕事は大変だったけれど、志半ば終えてしまった感を感じていました。もうすこし極めたい気持ちが働きました。

仕事のことを考えたとき、通勤時間と休みは自分で選ぶことができるけれど、他を変えられないことを知りました。
だから勤務条件を重視に選んでいました。新卒の時に書類の書き方を就職課で教えてもらいましたが、転職はどうしたらよいかわからなかったので、ハローワークを使いました。

ハローワークでは書類の書き方、望んだら面接の仕方のセミナーも受けられるみたいです。
また、同職種での転職が有利なことも教えてもらいました。それから、ハローワークで求人を探しながら、有名な転職サイトなどを検察し続ける日々が続きました。

申込みしようと思った会社は、転職エージェントのリクルートエージェントから紹介されました。リクルートエージェントは女性向けの求人も多く出ていて、休みが多く残業がない、駅チカなどの会社も多く、また将来のための育児休暇の実績なども記載されていてわかりやすかったです。
事務職の求人も多く、エージェントさんも親切だったのでやりやすかったです。

それから面接が決まって、実際に受けることになりました。
新卒の時は緊張して、みんな同じリクルートスーツでしたが、転職の時はその人の人柄をよく見られているような感じでした。実際転職と言うと即戦力として求められることも多いですから、書類上という紙の上の世界でなく、その人が実際一緒に働く人間として見たとき、どうなるかと言う部分を見られている、と思いました。

新卒の時は緊張していておしゃべりどころでなかったのですが、多少リラックスできて話すことが出来る分、会話を上手にできるかという部分も見られていたように感じました。
私は見事合格することができて、その会社に勤めることができました。

私は同職種ということで転職が決まりやすかったのと、ブランクがあまりなかったのが、決まった理由だと思っています。
仕事をしていた人間が、仕事をしないで昼間家に居ることが違和感を感じるのは当たり前です。その違和感を反動にしながら、コツコツと求人を探し続けることも自分に合う会社を見つけるコツだと思います。

転職は運とタイミングのこと多いです。それを見逃さないで行動することも大切です。

私が利用した転職エージェントは最大手の【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。
大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

転職エージェントは在職中でも離職後でも相談に乗ってくれるので、まずは気軽に相談してみましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする