派遣会社の担当者と上手に付き合う方法。良い仕事を斡旋してもらう為に知っておくべき担当者とのコミュニケーションのとり方とは?

f:id:moguhausu2:20150803140229j:plain
転職活動と言えば、思い浮かぶのは人材紹介会社やハローワークを使った転職活動ですが、実は派遣会社も転職活動には有効に活用できます。
派遣会社で正社員並みに好条件の求人を見つけられる場合もあるのです。では派遣会社をどのように活用すれば上手く就職に結び付けられるのでしょうか?

今回は派遣会社の上手な使い方と、コーディネーターとのコミュニケーションのコツについてお伝えします。


派遣会社から正社員に転職できるのかどうか

派遣会社に行けば、ほとんどの派遣会社は派遣求人しかありません。しかしながら大手派遣会社や大きなグループ企業の中の派遣会社の場合はそうではありません。大きな派遣会社であれば独占契約や長年契約している大手企業がある場合が多く、そういったところから派遣求人と同時に正社員の話が流れてくる場合があるのです。

同じように大手のグループ企業に所属する派遣会社なら、グループ企業の求人情報が優先的に入ってくる場合が多いのです。そしてそういった案件の中には派遣から契約社員にステップアップ出来たり、正社員を目指せるものがあります。また公に公開して募集できないような秘匿性の高いポジションへの案件が紛れている場合もあるのです。

ですから派遣会社を選ぶ時は規模と知名度の他に、大きなグループ企業に属している派遣会社を探しましょう。そういった派遣会社からの求人であれば、好条件の求人が見つかったり、正社員へステップアップ出来る可能性が高くなるのです。

派遣コーディネーターとのコミュニケーションのコツ

どのような派遣会社を選ぶべきかが分かったら次に押さえるべきポイントは派遣コーディネーターとのコミュニケーションの取り方です。当然ですが人材紹介会社であれ、派遣会社であれ条件のいい求人案件には求職者が殺到します。そうなると必然的に競争率は高くなります。
その競争を突破する為にポイントなるのが派遣コーディネーターにどういう印象を残せたかということです。

求められた履歴書や職務経歴書をしっかり作成して差し出すのは当然のことなのですが、派遣コーディネーターを面接官だと思って丁寧に接しましょう。実はそれだけで印象はひと際良くなるのです。
何故なら多くの求職者は派遣コーディネーターに対して、ハローワークの担当者のように仕事を斡旋してくれる人、だと認識しています。それにより丁寧な態度をとっていない場合が多いからです。

だから言葉使いや立振る舞いを面接の時のように丁寧にするだけで、他の求職者との違いが引き立つのです。つまり派遣会社内の一次選考が通過する可能性が高まります。実は担当してくれた派遣コーディネーターの上司が書類選考の決定権を持っている場合が多いのです。だから派遣コーディネーターに良い印象を残せていれば、その評判によって、書類選考が通りやすくなるのです。

自分の価値を最大限引き上げてコミュニケーションをとろう

派遣コーディネーターとの面談の際に必ず心構えとして持っておいた方がいいことがあります。それは自分で自分の価値を最大限引き上げることです。あなたは自分で自分をどのように評価しているでしょうか。
一度考えてみて頂きたいのですが、この自己評価が非常に大切になります。何故なら自己評価はそのまま自信や態度に反映されるからです。そしてその態度を派遣コーディネーターは見ているからのです。自分で自分のことを価値がると思っていればそれはそのまま相手にも伝わります。

コミュニケーションの大前提として、自分が自分を評価する以上に人から評価されることはないのです。これは通常の面接でも大切になることですが、派遣会社への登録時にも是非意識してみてください。
そういったコミュニケーションへの配慮により、書類選考の通過率や好条件の求人にありつける可能性が高まっていくのです。

おすすめの派遣会社はリクナビ派遣です

おすすめの派遣会社は、派遣会社では最大手のリクナビ派遣です。

リクナビ派遣

リクナビ派遣は最大手だけあって案件が多く、豊富な職種や勤務地から自分にあった職場を選ぶことが出来ます。また、正社員登用ありの求人や、時給の高い派遣などもあり、目的によって応じて働き方を選ぶことが出来ます。

コーディネーターの方のサポートも手厚く、気軽に相談が出来るのではじめて派遣会社で働く人も安心です。
ぜひリクナビ派遣に登録して、良い条件の仕事に就きましょう。

関連記事

派遣社員だからこそ、積極的に時給アップを目指しましょう。www.hazimetetensyoku.com



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする