派遣社員が時給を上げて年収アップする方法。勝ち組派遣社員になるには給与交渉や専門スキルが必要です

f:id:moguhausu2:20150902083626j:plain
アルバイトや契約社員、派遣社員から年収アップしていく秘策について。

アルバイトやパ―ト、契約社員、派遣社員はいわゆる非正規雇用と呼ばれる雇用形態です。
しかしながら最近は積極的に非正規雇用でいることを望む人が増えてきています。それは正規雇用と呼ばれる正社員の待遇が非正規雇用よりも悪い場合が少なくないからです。

実際に私が就業していた会社では転職組は派遣社員として入社してくるのですが、3年経っても4年経っても、正社員にならない人が沢山いました。
会社からお声がかかっているにも関わらず正社員になろうとしないのです。その理由を聞いてみると、正社員になれば残業代が出なくなって年収が下がる。責任ある業務を任されて休日出勤も任意と言われながら、強制出社となる、それが嫌だと言うのです。

確かに年収が下がり、休日出勤を強要されたら誰だって嫌ですよね。巷ではそういった悪条件の正社員も少なくはないのです。

そこで今回はあえて正社員を目指さずに、アルバイトや派遣社員という雇用形態のまま年収を上げていく方法について紹介していきます。


時間給の仕事は残業代で稼ぐチャンスがある

アルバイトや派遣社員の旨みは残業代にあります。
正社員として採用されるとそもそも残業代も含めての月給だとしている企業が多いのですが、契約社員やアルバイトはほとんどの場合、時間を切り売りすることにより対価として給与を得ているので、ごまかされにくい傾向があります。

そしてある程度以上の規模の会社もしくは上場企業であれば、法令順守しているので、ほとんどの場合8時間以上の勤務に関しては割り増しで時間給が支払われます。
ですからアルバイトや契約社員の仕事のねらい目は、ある程度時間給が高く、残業が多そうな職場を選ぶことです。そういった職場は実際に繁忙期になると、派遣社員や契約社員の方が、正社員の月給より多くなっている場合が少なくありません。

派遣社員やアルバイトであったとしても条件交渉はしていこう

先ほど時給と残業代を考えて職場を選ぶことで年収を上げていく方法をお伝えしましたが、実際にそういった働き方に切り替えて、正社員の頃よりも年収をUPさせている人は少なくありません。
正社員で働き続けても給料UPが見込めない場合は、あえて非正規雇用で働くというのも、戦略の一つなのです。そして次にお伝えするのは給与交渉です。

給与交渉と聞くと苦手なイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、これはアルバイトや派遣社員だからこそ積極的に提案していきましょう。提案のタイミングがポイントなのですが、何か実績を残した直後や、高い評価が続いたタイミングを見計らって交渉しましょう。

具体的には営業やテレフォンアポインターなど数字によって成果が測られる仕事をしている場合は、売り上げが好調な時がいいでしょう。接客業であれば社長や上司に褒められる回数が何度か続いたタイミングを見計らうのです。

そうすると、会社側としてはあなたを手放したくない状況になっているので、検討せざるを得なくなるのです。しかもほとんどの会社は離職率をどれだけ低く抑えるかということに躍起になっています。

そこで交渉のカードとしてはより高い時給のところから声がかかっている、もしくはもっと高時給のところへ転職を考えているなど、転職の可能性を匂わすことで、上司も検討せざるを得なくなるのです。

勿論この交渉はリスクが全くないわけではないので、自分の業績、上司との人間関係、会社からの評価、全てを見極めて行う必要があります。しかしながらこの交渉力があれば派遣社員やアルバイトという雇用のままでも年収を上げられるのです。

会社に依存しない生き方をしよう

正規雇用ではなく、非正規雇用で働いていくということは会社に依存しない生き方でもあります。
会社に依存せずに自分のビジネススキルや交渉力、コミュニケーションスキルを頼りにしていくのです。そうしていけば例えアルバイトや派遣社員の入社であっても実力により年収をUPさせることができます。

そしてそれだけでなくリーダーや管理職といったポジションを与えられる場合もあります。実際コールセンターなど、複数のアルバイトを束ねるような職場では派遣社員やアルバイトの雇用形態のまま、マネジメントを行っている管理職も少なくはありません。

そういった方々は一般的な時間給よりも高い時給で働いている場合が多いのです。そこで更に実績を積めば更なる上級の職位が与えられる可能性があります。もしくはその実績を元に他の会社に転職することも一つでしょう。

会社に依存せずにしっかりと自分の市場価値を高めていけば、年収を上げる為の選択肢は少しづつ増えていくのです。もしあなたが年収をUPさせたいと考えているなら、まずは自分を取り巻く状況を分析することから取り組んでみてはいかがでしょうか。

派遣会社は給与交渉などに強いリクナビ派遣を使おう

派遣社員の場合、給与交渉や時給アップなどは派遣会社を通じて行うことが基本になります。
しかし、一部の派遣会社は、そういった交渉をしてくれない、消極的なケースが多いです。

そこで、給与交渉などをしっかりやってくれるおすすめの派遣会社は、派遣最大手のリクナビ派遣です。

リクナビ派遣

リクナビ派遣は最大手だけあってコーディネーターのレベルが高く、給与交渉などの条件交渉もしっかり対応してくれます。
また、紹介案件が多く、豊富な職種や勤務地から自分にあった職場を選ぶことが出来ます。正社員登用ありの求人や、時給の高い派遣などもあり、目的によって応じて働き方を選ぶことが出来ます。

コーディネーターの方のサポートも手厚く、気軽に相談が出来るのではじめて派遣会社で働く人も安心です。
ぜひリクナビ派遣に登録して、良い条件の仕事に就きましょう。

関連記事

コーディネーターとの関係性は大切です。
www.hazimetetensyoku.com

正社員との格差について
www.hazimetetensyoku.com

就職活動のノウハウまとめ
www.hazimetetensyoku.com




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする