入社2年目の転職を成功させるコツ。2年の職歴を活かして自分がやりたい仕事を見つけよう

f:id:moguhausu2:20150803140229j:plain
新卒で社会人になって、3年以内に離職・転職をする人は3割と言われています。
実際、最初の会社と抜群に相性がよく「ずっとここで働きたい」と思える人はなかなかいません。というのも、新卒時はまだまだ社会人経験が無く、会社選び、仕事選びの軸が弱いからです。
2年ほど社会人経験を積めば、おのずと「自分が本当にやりたい仕事」や「仕事に求める条件」が見えてきます。

入社2年目に転職したい、会社を辞めたいと思ったら、いきなり退職するのではなく、まずはキャリアチェンジの準備をしっかりとすることが大切です。

今回は入社2年目の転職を成功させるコツを紹介します。

第二新卒としての転職は選択肢が多い

f:id:moguhausu2:20150714130742j:plain
入社2年目での転職は、第二新卒という枠での転職になります。
企業からすれば、社会人経験があり、しっかりとビジネスマナー、社会人としての常識を兼ね備えていて、なおかつ若く将来性のある人材として需要が多いです。

しかし、逆に言えば専門的なスキル、実務経験が浅く、即戦力にはならないので「育てたいな」「長く勤めてくれそうだな」と思える人材に厳選して内定を出します。

気をつけて欲しいのが「今の会社に不満があるから、とにかく辞めたい」とネガティブな感情で退職した場合、転職時に志望理由や退職理由をしっかり考えておかないと「すぐ辞める人材」と思われて不採用になってしまいます。

2年目の転職、第二新卒で重要なのは「転職をしてどんなキャリアを目指したいのか?」という点です。
2年の社会人経験を活かして、自分が仕事を通じて何に気付き、なぜ転職をしようと決意したのか、という点を掘り下げておきましょう。

前職の経験は役に立つ!どんな工夫をしたかをアピールしよう

f:id:moguhausu2:20150531161758j:plain
転職では、前職の経験を聞かれることがあります。
前職でどんな実績をあげたのか、どんな思いで仕事に打ち込んでいたのか、どんな工夫をしたのか…といった点を面接官は聞いてきます。

もし数字で出せる実績、例えば「売上○○%アップ」などがあれば、それを使えば良いのですが、やはり入社2年目ですとそういった経験、実績を持った人は少ないと思います。

 そこで重要になってくるのが、仕事をする上で意識していたこと・工夫したこと、です。 ただ言われた仕事だけをやっていた人材に、企業は魅力を感じません。
仕事に対して、真剣に取り組み、どんな工夫をこらして企業に貢献してきたのか、という点をしっかり伝えましょう。

売上に直接関係ない事務職や総務でも、経費を削減するために何をやったか、自分の事務処理を素早く確実に終わらせるために、どんなことを意識してきたか、といったことを考えましょう。
この前職での経験・実績は自分の強みとリンクしてアピールすることになりますが、とにかく具体的に書きだすことが大切です。例えば「積極的にコミュニケーションをとり、顧客に寄り添う営業をしてきました」とだけ言われても、抽象的すぎていまいち強みが伝わってきません。

積極的にコミュニケーションをとった、そのやり方や具体的な点(例えば週に3日訪問してフォローをした)などが伝わらないと、不採用になってしまいます。

第二新卒は転職に有利といえど、やはり面接の準備はしっかりやっておかないと、だらだら長引いてしまうので注意しましょう。

転職エージェントに在職中から登録しておこう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain
転職の第一歩として、転職エージェントに登録しておくことをオススメします。
転職エージェントでは、土日でもキャリア相談にのってもらえて、自分がどんな企業に転職可能なのか実際に求人を見せてもらいながら教えてもらえたり、今後のキャリアについてプロのエージェントがアドバイスしてくれます。

「転職はしたいけど、具体的なイメージがまだわいていない…」

という人でも、無料で気軽に利用できて、転職について1から教えてくれます。

転職エージェントを活用することは、転職を成功させる重要なポイントです。
転職エージェントは書類の書き方から、面接のノウハウ、キャリアプランについてアドバイスしてくれる上に、あなたの希望条件にあった求人をピックアップして紹介してくれます。自分で求人を探すのは非常に手間がかかりますが、エージェントに任せておけば、その手間を省く事ができます。

エージェントが抱えている求人は、事前にエージェントが審査をしているので長時間労働をさせるようなブラック企業は弾かれていますから、安心して転職をすることが出来ます。また、エージェントを介して給与や残業時間、休日日数、企業の雰囲気など通常では聞けない詳細な内部情報も聞き出せるので、情報のアドバンテージを持つことが出来ます。

転職を成功させるためには、企業選び、求人選びが一番大切ですから、ぜひエージェントを利用して求人情報をしっかり確保しておきましょう。

転職エージェントは1社に絞って掛け持ちしないのが鉄則

転職エージェントは数多く存在していますが、エージェントを掛け持ちするとスケジュールが回らなくなるので、なるべく掛け持ちをしないことが大切です。エージェントとの相性が合わなければ、変えて欲しい旨を連絡すれば担当替えは可能です。

また、ハローワークや転職サイトで転職が決まれば、その時点で利用を取りやめてOKです。無料で利用出来るので、気軽に登録して転職に役立てましょう。

転職エージェント『アデコ』

転職はチャンスを掴む一つの手段

転職の良し悪しについては、人によって大きく異なりますから、家族や友人に相談しても答えは見つかりません。
転職はあくまで仕事選び、キャリアチェンジの手段であり、最適の解答ではありません。時には転職をしない、という選択肢を選ぶべき時もあります。

大切なのは、自分の意志です。
自分が今の会社、今の仕事に納得しているのか? 今の仕事で目標があるか? といった点を冷静に判断して、転職したほうが良い、と感じたら、誰に何と言われようと転職をしたほうが幸せになれるでしょう。

転職は人生を変える大きなイベントですから、しっかり考えて行動を決めていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする