会社をクビになった時にやるべき転職準備と心構え。無職になり自信を失うのが一番危険

f:id:moguhausu2:20150608133958j:plain
会社をクビになってしまった場合、精神的なショックは避けられません。
特に30代40代で仕事を失うと、まさにこれからお金が必要な時に職を失うことになるので、不安やショックも大きいと思います。

しかし、だからといってやみくもに再就職先を探しても内定は出ません。むしろ、きちんと気持ちにけじめがつけられないまま就活を行うことで不採用が重なり、やけになって就活を辞めてしまうケースも珍しくありません。

クビになった、という事実を一度受け止めて、冷静に次のキャリアプランを立てることが大切です。

今回は会社をクビになった時にやるべき転職準備と心構えについて紹介します。


家族や友人には正直に話そう

職を失うこと、特にクビになる事は恥だと思う人が多いようです。
確かに日本では終身雇用制が基本ですから、なかなかクビになることはありませんし、クビは社会人にとって最もショックな出来事だと認識されています。

しかし、だからといって友人や家族に隠すことは得策ではありません。
転職活動は精神的にも体力的にも、非常に負担の多い作業です。それに加えてクビになった事実を周囲の人に隠していたら、どんなに精神がタフな人でも病んでしまいます。

本音を話す、不安なことを人に話すことはストレス解消になりますし、良いアドバイスや、場合によっては仕事の紹介をしてもらえる事があります。
会社をクビになった事を恥ずかしいことだと秘密にせず、しっかり事実を伝えて、自分自身も事実を受け止めることが何よりも重要です。

自分の今までの仕事を思い出そう

いざ転職活動を始めるにしても、自己PRや希望する職種、業界など考えることはたくさんあります。
その時に役立つのが、今までにやってきた自分の仕事を思い出し、自分の強みや仕事への姿勢、どんなキャリアを歩んできたかをまとめる作業です。子供の頃に覚えた自転車の乗り方を忘れないように、自分がやってきた仕事、身につけたスキルは離れませんから、まずは自分がどんな武器を持っているか確認してから就活の戦場に乗り込むことが大切です。

丸腰で就活戦線に挑めば、瞬く間に不採用の山が出来てしまいます。
転職は時間との勝負です。特に家族がおり、出費が多い家庭ならあまりブランクを開けるのは得策ではありません。素早く転職を決めるには、急がばまわれ、入念な準備が必要なのです。
マシンガンのように次々とやみくもに求人に応募するのではなく、しっかりと狙いを定めて「これだ!」と言う求人に一発必中の弾を当てるつもりで転職に取り組みましょう。

自分のやってきた仕事を思い出せば、必ず強力な武器が見つかるはずですよ。そうすれば、自信もつきますし、堂々と面接に挑むことが出来ます。

新しい仕事にチャレンジするチャンスだと考えよう

会社をクビになったのは、新しい会社、新しい仕事にチャレンジする機会だと考えましょう。

クビになったことを後ろ向きに考えても、何もいい事はありません。志望動機を書く時も、クビになったことを「仕方なくクビになった」と言い訳がましく話す人がいますが、前会社への愚痴や悪口は面接官の心象を悪くします。

また、クビになった事をいつまでもくよくよ考えていると、それが態度に出てしまい面接でもハキハキとして印象を与えられず、不採用のトリガーになってしまう可能性があります。

ネガティブな感情は表情に出てしまいますから、気持ちを強く持つことが大切です。
クビになった事で、一つの区切りがついた、新しい仕事を自分で選べる自由を手に入れた、と考えて、転職を楽しむつもりで行いましょう。

あなたを縛りつけているのは、意外と自分自身の思い込みやネガティブな感情だったりします。
気持ちの面で負けていては、内定は得られません。何事も前向きに捉えましょう。

プロである転職エージェントに相談しよう

転職エージェントを利用することはオススメです。
というのも、転職は一人で行う場合、書類一つにしても客観性を失う可能性が高く、一人よがりな自己PR、志望動機になってしまうケースが多いです。書類や面接において、自分のことをアピールすることはもちろん大切ですが、何よりも「自分が相手(企業)の求める人材であることをアピールする」という点を見失うと内定は遠のきます。

転職エージェントに登録しておけば、気軽にキャリア相談や書類の書き方、面接でのノウハウなど様々な知識、アドバイスをプロのエージェントにしてもらえるので、非常に有効です。利用は登録から入社まで無料ですから、これを使わない手はありません。

転職エージェントを使う最大のメリットは、あなたの希望条件にあった求人を紹介してもらえることです。
ハローワークなどで一つ一つ求人を検索する必要もなく、プロのエージェントがあなたにマッチングした求人・企業を探してきてくれるので、大幅に手間と時間が省けます。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

ぜひ転職エージェントを活用して、転職・就職を成功させましょう。

無職という肩書きを気にしすぎないこと

日本人は、とにかく無職という肩書きを嫌います。
職がないことは惨めだという認識が刷り込まれており、そのため慌てて再就職先を探そうと道を見失うことが多いです。

しかし、無職であることを気にする必要はありません。
重要なのは、次のキャリア、5年後10年後の将来像です。定年まで働くのですから、自分が納得出来る働き方を模索しましょう。

転職では、慌てることが一番危険ですよ。
会社をクビになっても、堂々と就職活動を行いましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする