仕事を辞めたい人の為の退職準備と転職の心構え。知っておくべき会社の辞め方とは?

f:id:moguhausu2:20150902083334j:plain
仕事を辞めたいと思っても、実際に退職しようとなると、なかなか決心がつかないものです。
特に一人暮らしをしていて、貯金もあまり無い場合は、次の仕事が決まるまでどれくらいかかるのか、貯金は持つのか、など気がかりなことが出てきますね。

一番賢い転職方法としては、在職中に転職を決めて空白期間を少なくする方法です。

これならば、退職後の生活費となる貯金を気にする必要もありませんし、転職がなかなか決まらなくても仕事が無くなることはありません。しかし、人によっては休みが取れず、在職中の転職活動が出来ない人もいるでしょう。

その場合は、いくらくらい貯金があれば退職しても大丈夫なのか。
転職を素早く決めるためにはどうすればいいのか、分からないと思います。

今回は仕事を辞めたいと思った時に考えるべき心構えと準備について紹介します。


退職後に転職をするなら貯金は生活費3ヶ月分必要

f:id:moguhausu2:20150622214225j:plain
退職後に転職をしよう、と思っている人は、生活費3ヶ月分の貯金があれば問題ないでしょう。
というのも、自主退職した場合、失業保険を申請しても3ヶ月は待機期間があるので、その3ヶ月さえしのげれば、その後は失業保険でだいぶ楽になります。

また、転職にかかる期間も、平均3ヶ月以内なので3ヶ月を目安にしましょう。

転職が長期化した場合はアルバイトをしたりして生活費を補助する必要が出てきます。もし、鬱病やヘルニアなど前職で病気や怪我を患ってしまった場合は、診断書をハローワークに提出しましょう。失業保険の待機期間が無くなったり、失業保険の給付期間を延長することが出来ます。

在職中に転職をする時の注意点

在職中の転職で最も難しい点が、面接などは平日に行うということです。
面接のために休みを取る場合、有給をとったり、病気だと嘘をついてこっそり面接に行く必要があります。しかし、必ずしも内定が得られるわけではありませんし、有給やズル休みにも限界があります。

会社によっては土日に面接をしてくれるところもありますが、ほとんどの会社は平日に行うので、何とか時間を作って転職を行いましょう。

在職中の転職の場合、同僚や上司に転職活動をしていることを公開するのはやめておきましょう。
やはり心象が悪いですし、ブラック企業の場合は引き止めや妨害工作にあう可能性があります。

在職中に転職が決まった場合、退職日にも注意が必要です。転職先が入社日を指定してきた場合、退職日もそれに合わせないと先方に迷惑がかかります。しかし、仕事の引き継ぎが間に合わず入社日までに退職出来ないと、最悪、内定取り消しもあり得ます。

退職日はしっかりと自分の意見を主張しましょう。

転職のメリットとデメリット

f:id:moguhausu2:20150622214133j:plain
転職をすると、不満のある人間関係、仕事内容、給与などをリセットすることが出来ます。
また、転職が初めての場合、新卒時に比べて社会人としての経験がありますから、より仕事を主体的に選ぶことが出来ます。学生の頃と、社会人を経験した後では仕事選びの軸や基準が異なりますから、より自分にあった仕事を選ぶことが出来ます。

未経験の職種、業界にチャレンジすることが出来るのも大きなメリットです。
会社によっては、異動届などを出しても希望の部署に配属されなかったり、なかなかやりたいことが出来ないもどかしさがあります。また出世したくとも、上が詰まっていたり、家族経営で身内しか出世出来ないシステムの場合は、転職によってキャリアアップの道を新たに開くことが出来ます。

転職は主体的に仕事が選べる大きなチャンスなのです。

しかし、もちろん、転職にはデメリットもあります。
転職活動は内定が出るまで時間も手間もかかります。特にキャリアが浅い、資格やスキルが無い場合は求人の競争率も高く、苦戦する傾向にあります。新卒時と違って仕事の実績や経験、キャリアをアピールする必要が有るため、志望理由や自己PRも学生時代のノウハウは通用しません。
転職を成功させるには、自分の強みを改めて自己分析する必要があります。

手間を考えると二の足を踏んでしまう転職ですが、人間関係や上司、仕事内容、長すぎる残業時間などマイナスの要素を一気に解消出来る転職はやはり魅力的です。

転職に役立つ資格

f:id:moguhausu2:20150902083626j:plain
資格は転職において役立ちます。
特に未経験の職種を希望する場合や、外資系など最低限の語学力が必要な転職には資格・スキルが必須になります。

とはいえ、資格にも役立つ資格と趣味レベルの資格があります。篆書に必要なのは前者ですから、先に使える資格をリストアップしておきましょう。

応募時の条件に【簿記二級以上】【TOEIC600点以上】など条件を出されている求人があります。
こういった条件付きの求人をあらかじめチェックしておき、どんな資格の需要があるのか調べておきましょう。

事務職や経理職につくなら簿記二級は必須です。
簿記二級の難易度はそこまで高くないですが、経理作業に必要な知識を学べるので、事務職、経理職を希望ならとっておきましょう。2ヶ月~3ヶ月の勉強で取得可能ですし、職業訓練校でも取得可能です。

多くの仕事でプラスに働くのがTOEICです。
TOEICは英語力を示すグローバルテストですが、700点以上あると外資系企業や貿易系の会社に入社しやすくなります。TOEICの点数が条件になっている求人は競争率が低く、内定も出やすいので、在職中になにか勉強しようと思っているのならTOEICの勉強をしておくと楽になりますよ。

社会人でも半年しっかり勉強すればTOEIC700点に到達可能です。
詳しい勉強法は下記を参考にしてください。www.hazimetetensyoku.com

転職エージェントを活用しよう

f:id:moguhausu2:20150714130742j:plain
在職中の転職でも、退職後の転職でも早めに登録しておきたいのが転職エージェントです。
転職エージェントに登録すると、志望動機や自己PRの書き方、面接のノウハウ、今後のキャリア相談にのってもらえるなど、就職のプロから様々なアドバイスが貰えます。また、あなたの希望条件にあった求人をピックアップして紹介してくれるので、わざわざ自分で求人を探す手間が省けます。

在職中だと、求人を吟味する時間もなかなか取れないですが、転職エージェントに登録しておけばエージェントがしっかり取捨選択して厳選した求人を送ってくれます。エージェントが抱えている求人は非公開求人も多く、条件が良いものもあるのでぜひエージェントに登録して幅広い求人情報をゲットしておきましょう。

また、キャリア相談では自分が思いもよらなかったキャリア、職種を提案されることがあります。
エージェントは各業界に精通していますから、意外なあなたの適性を見抜いて、新しい道を提供してくれます。思い込みで転職をして失敗する人も多いですから、きちんとプロのエージェントに相談することは転職を成功させるためにも重要なファクターです。

オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。
大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

「会社を辞めたい」とつぶやくことは簡単ですが、それだけでは何も状況は変わりません。
自分のキャリアを満足させたいのなら、一歩踏み出す勇気を持ちましょう。

転職エージェントは在職中でも離職後でも相談に乗ってくれるので、まずは気軽に相談してみましょう。

転職は自分から仕事を変えられるチャンス

f:id:moguhausu2:20150605164847p:plain
会社を辞めたいと周囲に言うと「逃げるな」「甘えるな」「そんなんじゃ他では通用しない」と攻撃されることもあります。
しかし、転職は自分から主体的に仕事が選べるチャンスなのです。周囲の言葉に惑わされず、自分の信じた道を行きましょう。

かつて日本の企業は終身雇用で、長く勤めれば勤めるほど有利でしたが、今ではその終身雇用も大企業にしか適用されません。中小企業では給料も上がらず、出世も身内に限られていたり、転職しないと逆に不利になるケースも多いです。

年収に関しても、業界によってお金の周り具合は異なるので、業界を変えただけで年収が100万円も増えたケースも少なくありません。

自分にとっての優先順位は何なのか? ということを冷静に見極めて、ぜひ転職をして人生を良い方向に変化させましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする