仕事にやりがいが無いという理由で転職するのはありなのか?転職のきっかけについて考えてみよう

f:id:moguhausu2:20150701102359j:plain
毎日同じことの繰り返し、ルーティンワークでやりがいの無い仕事に飽き飽きして、転職を考える人は全国でたくさんいるでしょう。
しかし「仕事とはそういうものだ」と大人は言います。仕事にワクワクや楽しさを求めるのは贅沢なのかと思い、転職を踏みとどまる人は多いと思います。

ところが、一方で楽しくやりがいのある仕事をしていて、毎日輝いている社会人がいるのも確かです。

「このままでいいのだろうか?」
「正社員なだけマシなのかも……」
「でも、あの人は転職してやりがいのある仕事についてる」

そんな風に迷ってしまい、判断を先延ばしにしてしまいがち。

しかし、実は今の仕事に魅力を感じていない、やりがいを感じなくなった時点で転職のタイミングは訪れているのです。

今回は、やりがいの無い仕事を続けるか転職するか、その決め方について紹介します。


仕事にやりがいを求めるのは当然

仕事はお金のためと割り切って、つまらなくても毎日淡々とこなす事が大切だと私達は教わってきました。もしくは、つまらない仕事でも続けていけばやりがいが見つかる、石の上にも三年だとも言われてきました。

しかし、やりがいの無い仕事を続けるのは苦痛です。キャリア的にも好奇心的にも魅力のない仕事は、お金が得られるというメリット以外、自分のためになりません。

仕事というのは人生の大半を捧げるものです。その仕事がつまらなければ、人生の大半がつまらないものになってしまいます。そう考えると、やりがいの無い仕事を続ける意味が見出だせませんね。
我慢する必要があるとすれば、転職するお金が無い、転職するにもキャリアが浅く、転職出来るか不安、といったところでしょうか。

しかし、お金は貯金をしてタイミングを待てばいいだけの話ですし、キャリアに関しても、今の仕事を続けられるか? と自分に問うてみれば、おのずと答えが出るはずです。

人は仕事にやりがいや意味を求めます。
機械のように淡々と仕事をこなすだけでは、人は欲求を満たす事は出来ません。

転職は大きな決断、人生の分岐点になります。しかし、リスクを取ってでも自分が動かなければ、状況は変えられないのです。

リスクを取らないというリスク

転職はリスクを含みます。そのため、尻込みして現状維持を選択する人が日本人には多いですね。
しかし、転職せずに今の仕事を続ければ、今の仕事の方向性でキャリアがどんどん固まってしまいます。特に年齢が30代を超えると、方向修正が難しくなってきます。
今のキャリアにやりがいを感じないと思ったら、早めに方向を修正しましょう。自分の人生の舵は自分で取らなければ、満足の行くキャリアは築けません。

転職に限らず、リスクを背負わなければいけない場面はいくらでも出てきます。
リスクを背負わないことで、逆に危機に瀕することも多いです。

転職に苦戦しても死ぬわけではないのですから、リスクを恐れずどんどん挑戦しましょう。前向きな気持ちと自分を信じる心が大切です。

特に若いうち、20代のうちならば転職のリスクは小さいです。
やりがいのある仕事、自分が本当にやりたい仕事を20代のうちに見つけることが幸福な仕事人生を歩むコツです。これはちょっと違うな、と思ったら転職をするタイミングなのです。

どんな仕事がいいか分からないと思ったらプロに相談しよう

とはいえ、やりがいのある仕事がいいと言っても、それがどんな職業なのか分からないことも多いです。
転職がアメリカや欧州ほど一般的ではない日本では、他の仕事を知る機会が少ないため、なかなか転職しようにも方向性が定まらないことも多々あると思います。

そこでオススメなのが、転職エージェントを活用することです。

転職エージェントはキャリアの相談から求人の紹介まで、全て無料で転職をサポートしてくれるサービスです。
自分の希望条件や、こんな仕事がしたい! という希望を伝えれば、エージェントがあらゆる業界の職種、業務を紹介してくれますし、キャリアの方向性もしっかり示してくれます。

一人で思い悩んでいても転職の答えは見えてきません。一度、プロに相談をして「自分にとってのやりがいのある仕事」を探してみるのが一番です。

求人や総合的な就活のサポートには転職エージェントに頼もう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain
転職エージェントは、かつては社会人が転職をする時にしか使えないサービスでしたが、人手不足の今はフリーターや無職から就職したい! という人にもサービスを提供しており、無料でキャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介を受けるサービスまで利用出来ます。

転職エージェントは、利用料は最初から最後まで無料です。
転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

未経験OKの正社員求人はもちろん、正社員登用前提の契約社員など、様々な求人を紹介してくれるので、自分にあった就職ルートを選ぶことが出来ます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

やりがいのある仕事、一生の仕事に出会うには、自分から動いてみて、仕事との出会いを増やす努力が必要不可欠です。
ルーティンワークの仕事は今後、ロボットに取り替えられると言われており、ますます社会人はスキルや独自の強みを鍛える必要性が出てきました。進歩のない仕事を続けることがリスクになるのですから、もし今の仕事にやりがいを感じられない、向いていないと思ったら、思い切って転職をしてみましょう。

ぜひ紹介した転職エージェントのサポートを活用して、良い求人と出会いましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする