仏壇にお供えをするお花はプリザーブドフラワーがオススメ。仏花を造花にすれば世話いらずで部屋も華やかになります

仏壇にお花をお供えをするとき、どうしても手間になるのは、花のお世話です。
生花の場合、お水を変えたり、枯れてしまったら買い替えたりと生花ならではの手間がかかります。

お花の世話が好きな人ならば良いのですが、例えば男性一人で暮らしている場合などは、どうしても手間が嫌になってしまいますね。

そこでオススメなのが、プリザーブドフラワー(造花)のお供えのお花を購入することです。


プリザーブドフラワーにも仏花があります

プリザーブドフラワーはお花を凍らせた造花で、あまりお供えのお花、仏花として使われるイメージは無いと思います。しかし、最近では枯れない、世話いらずのプリザーブドフラワーを仏花に選択する人が多くなっています。

プリザーブドフラワーの仏花には下記のような種類があります。

生花に負けないくらい華やかで、部屋を彩るのにも最適です。

仏花というと、どうしても地味なイメージが強いですが、上記のアネモネとトルコキキョウの花束のように華やかな仏花アレンジもあるのです。

ぜひ一度、お供えとして仏壇にプリザーブドフラワーのアレンジを飾ってみてください。
お世話いらずで、お部屋を綺麗に彩るプリザーブドフラワーはとても重宝しますよ。

仏花には仏さまにお花を渡す、という捧げること以外にも、墓所、仏壇を華やかにするという意味が込められています。
そのため、枯れたまま放っておいたり、しおれた花をそのままにしておくと、良くありません。綺麗なお花を捧げられれば、仏さま、ご先祖さまも喜ぶことでしょう。

そのため、枯れることのないプリザーブドフラワーは仏花に最適です。

上記で紹介したアルモネとトルコキキョウの花束は、レビューでも高評価で、仏花としてオススメの一品です。

※下記はレビューの抜粋です

購入者さん
評価 5.00
投稿日:2010年12月03日

お仏壇用
とても綺麗で家族が本物と間違えたほど良いお品でした。リビング用にパッと華やかなお品も欲しくなりました☆
使い道 実用品・普段使い 使う人 家族へ 購入回数 はじめて
購入者さん
評価 5.00
投稿日:2010年10月02日

仏壇に
男性1人で住む実家で生花は管理がしきれないらしく・・・だからとって仏壇に花もないのは寂しげで・・・悩んだ末にこちらのアートフラワーを贈りました。ちょうど届けた際に生花も供えられていましたが、並べて見てもパッと見で本物に見えてしまうほどよく出来ています。パープルを選びましたが、紫の花が写真で見るほど地味ではなく、上品な色遣いでした。これなら手間もかからず飾ってもらえ、仏壇周りが華やかになりそうです

バラや匂いのキツイお花はNG

ちなみに、バラなどトゲのあるお花、匂いがキツイお花などは仏花としてふさわしくありません。
毒のあるお花も、仏さまに捧げるお供えとしては良くないので気をつけましょう。

その点、プリザーブドフラワーは一度凍らせていますから、匂いがキツイ、といった心配はありません。

仏花を選ぶ時は、匂いやトゲなどの点も考慮することが大切です。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする