トイレの水が流れない時の修理方法。ウンコが流せない悲劇を回避するための戦略

トイレの水が流れない。
突然、予告もなく襲ってくるトイレのトラブルに、即座に対処出来る人はなかなかいません。

ウンコが流せない場合は緊急事態です。臭いがこもってしまいますし、衛生的にも良くありません。人の家だったり同棲・ルームシェアをしている場合は最悪です。

そこで、今回はトイレの水が流れなくなった時の修理方法を教えます。


水を汲んで流す

まずはウンコを流す必要があります。
バケツや鍋などで水を汲み、便器内に流し込みつつレバーを下げましょう。

無事、水が流れていくはずです。
ただし、この方法はトイレ寿命を縮めてしまうので、あくまで一回きりにしておきましょう。

止水栓が閉まっていないか確認する

止水栓とは、給水管につながっている栓の事です。
ここが開放されていないと、タンクに水が供給されず水が流せない原因になります。
直前に工事などがあった場合、開け忘れている場合があるので、ドライバーを使って左に回して開きましょう。

タンク内の鎖を確認する

タンクの蓋をあけて、タンク内にある鎖を確認しましょう。鎖はトイレの排水管のゴム蓋につながっています。
レバーと連動しており、レバーを動かすとゴム蓋が上がって水が流れるようになっているのですが、たるみや切断など損傷があると水が流れなかったり、タンクに水が供給されない原因になります。

はずれている場合はもとの場所に戻しましょう。
損傷している場合は交換する必要があります。

浮き玉をチェックする

浮き玉はタンク内の水位を調整する部品です。この球体が壁に引っかかったりして、通常通りに動いていないとタンク内の水位を調整出来ず、タンク内の水が空っぽになってしまうことがあります。
そうすると、当然水は流れません。

浮き玉をチェックしてみて、問題があれば正しい位置に戻してあげましょう。

ボールタップの問題を疑う

浮き玉と給水管をつなぐ部品、ボールタップに汚れやゴミが付着していると水が出なくなる原因になります。
ブラシなどで掃除をしてみてください。劣化、損傷している場合は交換が必要です。

それでも原因が分からない時は業者に電話

色々やってみても改善されない、時間がない時は業者に連絡をして直してもらいましょう。部品の大幅な交換などがなければ、5000円前後で修理が可能です。

業者は最短30分で到着するので、急ぎの場合は電話をしてみましょう。

しかし、排泄物がある状態のトイレを見せるのは辛いでしょうから、ひとまずバケツなどで水を汲み、排泄物は流しておきましょう。
それすらも難しく、汚水が溢れそうといった状況の場合は下手に触らず、業者に全て任せるのが一番です。

トイレのトラブルは恐ろしいですが、水回りの修繕業者はとにかく早く来てくれて深夜でも対応してくれるのが基本なので、下手に調べて状況を悪化させるよりも業者に電話することをオススメします。

取り扱うのが汚物なだけに、失敗した時は悲惨なことになってしまうので注意しましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする