外食業界の正社員を辞めた元新卒社会人が転職して幸せになる方法

f:id:moguhausu2:20150624155002j:plain
希望を持って外食業界に入ったものの、想像以上の苛酷さに短期離職してしまう新卒社会人は多いです。外食業界は年々、競争が激化しており、全国規模で展開している外食チェーンですら人件費をなるべく削ろうと躍起になっています。

かの大手ファーストフード「マクドナルド」が没落したように、どんな大企業でも気を抜けない外食業界。そのしわ寄せは従業員に及ぶのも当然の流れでしょう。

長時間労働や立ちっぱなしによる足腰の痛み、マネージャーからの詰め、人間関係の悪化、休日出勤など、外食業界は相変わらずブラックな部分が多いので、外食業界から脱落してしまっても仕方ありません。

問題は、外食業界を辞めた後にどうするかです。

「新卒カードを使ってしまったし、短期離職だからどこにも就職出来ない」
「もう働ける気がしない」
「新卒時にやっと取れた内定だった。就活に受かる気がしない」

そんな風にネガティブになって、転職活動をする自信を失っている人が多いと思います。

今回は外食業界を短期離職してしまった人が他業種に転職する方法を教えます。


自分の甘さを再認識すること

まず、やるべきことは自分の甘さを再認識することです。
外食業界は言うまでもなくブラック企業が多く、休日が少ない激務であることは少し調べれば分かることです。もし他に内定が出ず妥協して入ったのなら、就活をきちんと攻略出来なかった戦略の甘さを見直すべきです。
激務だと知っていて入社したけど耐えられなかった、という場合は「次回の就職は激務を避ける」という考えをしっかり持つことが大切です。

そして、転職活動をする前に改めて自分が長く働けそうな業界、希望条件などを考えましょう。

「どんな業界で働けばいいか分からない」

という人は、消去法で条件を選んでも良いのです。
例えば、残業が辛くて辞めたのなら、残業は1日1時間くらいまで。夜勤がきつくて辞めたのなら夜勤は無しの職種……などなど「嫌な労働条件」から希望条件を出していくのです。

希望条件が出来上がったら、優先順位をつけましょう。
すべてが希望通りの理想の職場はなかなか見つかりません。どこかで妥協するポイントが出てきますから、その時に迷わないために優先順位をつけることが大切です。

自分が一番大事にするのは残業時間なのか、年収なのか、職種なのか。
時間がかかってもいいので、じっくり考えましょう。それがあなたの転職の軸になります。

業界の勉強をすること

あなたは日本にどんな業界があるか知っていますか?
目の前にあるパソコンやスマホ、スマホの部品にドアのノブに至るまで、商品の裏には必ず製造会社や販売会社があります。あらゆる物にアンテナを立てて、会社や業界をリサーチしましょう。

業界によって文化や職場の雰囲気も異なります。
例えば、自動車業界や電機メーカーなど歴史のある業界は、平均年齢が高いですから古い伝統などが残っています。逆にWeb業界などは比較的、歴史が新しく自由な社風です。そのぶん変化も激しく不安定な点もあります。
どの業界も一長一短、一癖二癖あるので、自分の性格、働き方と業界の相性をしっかり考えることが長く勤めるコツです。

しかし、業界の雰囲気や文化はどうやって知ればいいのでしょうか?

そこでオススメなのが、転職エージェントを活用して情報を集めることです。

転職エージェントを活用しよう!

転職エージェントというとキャリア採用やヘッドハンティングのイメージが強いかもしれません。しかし、現在は20代の求人需要が高まってきたことも有り、第二新卒専門の転職エージェントが出てきました。

 例え外食業界の正社員を短期離職したという経歴でも、20代なら正社員で就職出来る可能性が高いのです。
転職エージェントは転職のプロですから、第二新卒の転職ノウハウをしっかり持っています。転職エージェントを利用すると履歴書の作成方法や面接でのアピール方法などを具体的にアドバイスしてくれるため、転職活動で最も面倒な書類作成の手間が大幅に省けます。

また、希望条件を伝えればそれにあった求人をピックアップして紹介してくれるので、求人の取捨選択の面倒もなくなります。他にも年収や職場の雰囲気などの内部情報もエージェントを通して聞くことが出来たり、転職エージェントを利用するメリットはとても大きいです。

第二新卒専門の転職エージェントであれば、オススメは渋谷に相談オフィスを構えており、都内・関東近辺の求人に強い 【ハタラクティブ】です。



20代を専門にした転職エージェントであり、若手の人材を求めている求人を豊富に揃えているので、外食業界で疲弊して離職した方でもきっと希望の求人が見つかります。20代のうちなら外食以外の、良い労働環境がある業界の求人がたくさんありますから、ぜひ転職エージェントを活用して転職を成功させましょう。

 ハタラクティブは登録後に担当者から確認の連絡があります。
平日10~21時であれば1時間以内に。上記時間帯以外は、翌日の朝、土日祝の場合は月曜の朝に連絡がきます。
電話を取り逃がさないために、要望のところに連絡して欲しい希望の日にちや時間を書いておきましょう。

 また、面談はハタラクティブ本社、渋谷駅近くの渋谷ヒカリエで行います。渋谷までのアクセスを確認しておきましょう。

都内在住、もしくは神奈川・千葉・埼玉など関東圏ならハタラクティブが一番オススメなのですが、地方在住となると話は変わります。ハタラクティブは渋谷にのみオフィスを構えており、関東にある企業が求人の中心なので地方までカバー出来ていません。

また、地方の場合は求人そのものが少ないので、転職エージェントを使うにしても求人数が重要になります。

そこで地方の転職エージェントでおすすめなのは業界最大手のリクルートエージェントです。

【リクルートエージェント】



リクルートエージェントは転職エージェントの最大手で、全国規模の求人を扱っていますから、地方の求人も多くがリクルートエージェントに集まります。地方住みで地元就職を目指す、関西圏での就職を目指すなら、ぜひリクルートエージェントを活用しましょう!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする