はちみつの栄養が凄い!はちみつを食べると美容や健康にどんなメリットがあるの?

http://wooris.jp/wp-content/uploads/2013/11/20131113machiyama02.jpg

はちみつは体に良さそうだけど、カロリーが気になって避けてしまう人も多いのではないでしょうか。

はちみつは豊富な栄養が含まれ、昔から健康食品として愛されてきました。気になるカロリーも砂糖に比べ低カロリーで、少量で満足できる甘みを持っているため、手軽にカロリーコントロールできる素晴らしい食品です。

様々な健康効果や美容効果が期待でき、食べるだけではなく化粧品などにも使用されています。天然のはちみつにはビタミンB1、B2、葉酸などのビタミン類やカルシウム、鉄をはじめ27種類のミネラル、22種類のアミノ酸、80種類の酵素、ポリフェノールなど150を超える成分が豊富に含まれます。

美容や健康に関心が高いモデルやタレントさんも多く食べているはちみつのメリットを紹介していきましょう。


はちみつには様々な健康効果がありますが、意外と知られていないのが腸内環境の改善です。はちみつに含まれるグルコン酸には、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌を増やす環境を作り、腸管へ若干の刺激を与え、便通を促します。

またはちみつには糖類の働きによって高い保湿作用があるため、便から腸壁へ水分が奪われることを防いでくれます。このような作用からはちみつには便秘解消の効果があるとされていますが、はちみつによって便の状態をよくするため下痢の時にも効果が期待できます。

はちみつをそのまま食べても腸内環境を整える効果はありますが、ヨーグルトにはちみつを加えて食べる習慣をつけるとさらに効果が高まります。ヨーグルトにはビフィズス菌の食べ物になる乳酸を豊富に含んでいる上、ビフィズス菌そのものも多く含んでいるため、腸内環境を整えるためには最適な食べ物です。

はちみつには強い殺菌効果があり、古くから火傷や擦り傷、喉の炎症、口内炎などの治療として使用されてきました。これは高濃度の糖分が細菌内部の水分を減少させ、繁殖を抑える力を持っていることと、成分として含まれるグルコン酸に殺菌消毒作用があるからです。

この殺菌作用を利用し、はちみつを溶かした水をうがい薬にしたり、火傷や擦り傷の治療に効果が期待できます。またビタミンB1、B2の不足やストレス、胃の健康状態が原因でできる口内炎の治療にも効果的です。
不足しているビタミンB1、B2を補い、口のなかを殺菌して口内炎の治りを早めてくれます。

口内炎ができやすい人は日常的に食べていれば、口内炎予防にも効果的です。

脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす原因となる動脈硬化の予防にもはちみつは効果的です。

はちみつには血管を核と湯させ血圧を下げる働きと、血管壁への悪玉コレステロールの沈着を防ぐ働きのあるコリンが含まれます。そのため動脈硬化の原因となる高血圧と、悪玉コレステロール除去を請け負ってくれるのです。

また塩分を摂り過ぎて高くなったナトリウムのバランスを整えるカリウムも含まれているため、さらに高血圧予防になります。動脈硬化は年齢が上がるにつれて発生しやすくなりますので、予防のためにも積極的にはちみつを食べるようにしましょう。

またはちみつは吸水性が高く、保湿力に優れているため美肌には効果的です。浸透性もあるため、肌につけるとみるみる肌内部に浸透し、潤いを与えてくれます。また豊富に含まれるビタミンやミネラルは美肌を作るためには欠かせない栄養素です。

塗ってもよし、食べても良しのはちみつで美肌を目指しましょう。

はちみつの効果を高めるためには、45度以上の温度のものと混ぜないで食べるようにしましょう。

はちみつに含まれる酵素や乳酸菌類はきわめて温度に敏感で、腸に届く数が激減してしまいます。なるべくそのまま食べるのが好ましいですが、毎日そのまま食べることが難しいという人は、はちみつにレモンを漬け込んだはちみつレモンや、青梅を漬け込んだ梅のはちみつ漬けなどを作り、水や炭酸で割って飲んでみてはいかがでしょう。

他にもショウガやナッツ類をつけても美味しく食べることができます。

はちみつは毎日ティースプーン1杯くらい食べ続けると良いと言われています。食べ方を工夫して、健康と美容のために毎日食べるようにしましょう。

なお、はちみつは中国産が一番安いですが、添加物などが大量に入っているため中国産はちみつはオススメ出来ません。

カナダ産のはちみつが一番手ごろで安全なので、カナダ産はちみつを購入するようにしましょう。
オススメは下記のアルゼンチン&カナダ産はちみつです。

ヨーグルトに入れたり、パンにぬったり様々な使い方が出来るので、ぜひ購入して置いておきましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする