経理の契約社員が正社員になるには簿記1級かTOEIC600点以上を取るのが一番。経理の正社員登用の近道とは

f:id:moguhausu2:20160428142409j:plain
経理は営業のようにノルマがなく、月末や決算時期は忙しいものの、残業が少なく、転職でもつぶしの効く人気のポジションです。しかし、近年はアウトソーシング化が進み、経理の正社員の椅子は少なくなりつつあります。
特に30歳を超えると決算書が読めるレベルのハイレベルな経理や、中間管理職クラスの求人しかなく、なかなか正社員登用が見つかりません。

簿記2級だけだとライバルも多く、競争倍率の高い経理での正社員登用は難しいでしょう。

ライバルと差をつけて経理での転職の内定率をアップさせる一番の近道は、やはり簿記2級以上の資格です。実務経験も大きなポイントですが、ワンランク上の経理職として就職した方がライバルも少なく、転職が容易になります。

具体的にどんな資格をとれば経理の正社員になりやすいのでしょうか?
この記事では重要なポイントに絞って書いていきます。


英語中級(TOEIC600点以上)+ 経理は需要がある

f:id:moguhausu2:20160428132719j:plain
商社や貿易、外資系の企業ですと、英文でのやり取りが必須になります。経理を生業にしている求人者で、英語が得意な人は限られており、意外と簿記とTOEICの両資格を保有している人は少ないです。

TOEIC600点程度ならば、3~4ヶ月の勉強で取得出来ます。たったそれだけで、転職での内定率がグンとアップします。経理と英語のスキルを持っている人は、企業も正社員として欲しがっていますし、特に都心以外の地方ならば、より競争率が下がります。

外資系の工場やテクノロジーセンターなどは千葉や埼玉など都心の外にあることが多く、スキルのある求人者は都心に集中するため、意外な穴場だったりします。英文経理ならば待遇も年収400万以上が基本で、英語を使うといっても実際はメールでのやり取り程度なのでTOEIC600点で十分に対応出来ます。海外営業のようにバリバリ英語を喋って交渉するような場面は、あまり有りません。

TOEIC800点以上になると、更に上位のポジションに就くことが出来ますし、年収も500万以上になってきます。経理の経験があるならば、英語はやっておいて損はありません。英語力の維持のための勉強は必要不可欠ですが、年収アップ&転職の選択肢がグンと広がります。
英語を勉強するだけで、不安定で年収300万円代の非正規雇用の経理とは比べ物にならないくらい、あなたの市場価値はアップするでしょう。

簿記1級 + 実務経験で経理を極める

f:id:moguhausu2:20160428132524j:plain
簿記2級は経理にとって必須の資格で、運転免許のようなものですが、簿記1級になると難易度がグンと難しくなり、資格保持者は少ないです。それだけに、転職において簿記1級を持っていると企業からすれば喉から手が出るほど欲しい人材になります。

実務経験がないと、簿記1級を持っていてもイマイチ効果がないのですが、非正規雇用とはいえ経理の実務経験+簿記1級があれば、正社員として転職するのは容易ですし、キャリアアップの道も大きく広がります。
それ以上のキャリアとなると、公認会計士になってしまいますが、そこまでいけば独立も見えてきますから、経理のキャリアとしては最高峰でしょう。

「簿記1級なんて無理」
「1級なんて取っても無駄じゃないの?」

なんて思うのは間違いです。
簿記2級持ちの経理はたくさんいますから、すなわち代わりはいくらでもいる状況なのです。非正規雇用となれば待遇も雇用も不安定ですから、早めにキャリアアップを考えるべきです。

経理に強い転職エージェントを使おう

f:id:moguhausu2:20160510080712j:plain
しかし、上記のようにTOEICや簿記1級をとっても、良い求人を見つけられなければ意味がありません。

私の知り合いが勤めている外資系企業の経理求人は、定時上がり、年休125日、年収400万以上と待遇が良く、求人条件も簿記2級&TOEIC600点以上と緩めでした。

それにもかかわらず、応募者は3名しかおらず、実質3分の1で就職出来る状況だったそうです。

リクナビNEXTなどの大手求人サイトは、当然ですが応募者の母数が多く勝ち残るのは容易ではありません。求人数も多い分、ブラック企業も混じっており、取捨選択は困難です。

 オススメなのは、経理に強い転職エージェントで転職活動をすることです。
経理に強い転職エージェントは、経理の求人母数が多く、エージェントも経理のプロフェッショナルなので受かる求人、待遇の良い求人、キャリアアップ可な求人など幅広い要望に対応出来ます。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする