営業マンから他の職種に転職する方法。営業から脱出するのは実は簡単

f:id:moguhausu2:20160428142409j:plain
 文系の就職先といえば営業です。
 営業は会社の要であり、利益を生み出すため企業も大量採用を仕掛けてきます。
 しかし、営業はコミュニケーション能力が必要な職種であり、人付き合いが苦手な人にとっては辛い職種です。

 付き合いでの飲み会や、接待、御用聞き、見積書作成……。
 残業も多く、おまけに残業代は営業手当で一律になっていて、成果を出せなければなかなか労働時間と給料が結びつかないのが現状です。
 またノルマがある企業では、会議のたびに怯えなければなりません。
 詰めがある会社であれば最悪で、営業にトラウマを持っている人も多いのではないでしょうか?

 営業マンから他職種に転職は可能なのか?

 実は意外と簡単に転職出来ることが多いようです。

 その理由を見ていきましょう。


営業マンは広報、ディレクターなどに向いている

 伝統ある大企業の営業になった! けど、付き合いの飲み会や接待、ノルマがキツイ…
 そんな人は、IT系企業の広報やディレクターに転職することをオススメします。

 現在、営業を必要としない企業はIT系です。例えばソーシャルゲームを制作している企業や、自社のWebサービスを運営している会社は営業をあまり必要としません。
 全くいらない訳ではありませんが、多くは広報やディレクターを求めています。

 ディレクターの役目は人材集めと各部署への連絡です。バラバラの状態のクリエイターにうまく情報を共有させて、1つのサービスを作り出す重要な役割です。

 現場営業と違い、社内で完結することが多く、出張や無駄な接待を避けることが出来ます。IT系と伝統ある企業では180度文化が異なり、あなたの持っている営業という概念がひっくり返るかもしれません。

 平均年齢も若いため、人によってはIT系の方が働きやすいと感じるでしょう。
 また、ディレクターであればノルマが無く、無理に物を売ったりする必要もありません。

営業事務・経理という選択肢

 営業からの転職には営業事務という選択肢もあります。電話応対や見積書作成はいいけど、もう残業や出張はしたくない! という人は営業事務が一番適切ではないかと思います。
 経理や事務職への転職もありですが、入りやすさでいうと営業事務が一番倍率が低く、営業からの転職はやりやすいです。

 女性であればすんなり転職出来ますが、問題は営業事務に男性が好まれないということです。特に事務は女性社会であることが多く、女性だらけのところに男性を配属するのは、企業としても少々、難しい顔をすると思います。

 しかし、事務職が不足している中小企業では事務職が2~3名しかいない場合があります。そこの女性が結婚退職などをしていれば、チャンスです。
 意外と中小企業は事務職でも男性を好みます。
 なぜなら、女性ですと妊娠や寿退社があるため、その度に人材を採用しなければならないからです。

 あなたが営業事務として長く働きたいと強く押せば、必ず採用してくれる会社はあります。

 経理も同様です。
 経理は、より専門性の高い事務職で、男性も多く出世すれば経理部長などのポジションが期待出来ます。

 経理職としてキャリアを積めば、その後の転職でも苦労することがなくなりますから、オススメの職種です。
 もちろん、営業からの転職であれば未経験で入ることになるので、努力は必要です。
 しかし、一度入って経理の仕事を身につけてしまえば、鬼に金棒です。営業が苦手で、裏方で頑張りたい人は経理職への転職を狙ってみましょう。

転職の情報集めはエージェントを使おう

 とはいえ、営業事務やディレクター、経理などの他職種の転職は一人ではなかなか上手くいかないのが現状です。職種未経験の場合は求人も限られてしまいます。

 未経験OKで他業種転職を受け入れてくれる求人を探すのは、一人では困難です。

 そこで、まずプロの転職エージェントに相談をすることをおすすめします。 

 転職エージェントは在職中でも登録が可能で、土日などに面談を予約できるので気軽に相談が可能です。
 キャリア相談から転職の方向性、希望年収などをヒアリングし、客観的なアドバイスをしてくれる上に転職先の案件を探してきてくれます。

 営業からの転職を希望する人は多く、エージェントはノウハウをかなり持っています。またエージェントは応募をかけている企業の細かいニーズを把握しているので、男性の事務職が欲しい、という企業の情報を持っていることがあります。

 情報を豊富に持っており、内定~入社まで無料でサポートしてくれるので、これを使わない手はありません。

 また、転職エージェントは求人をかけている各企業の風土や労働環境を熟知しています。
 エージェントを使うことで下記のことが詳しく知ることができ「営業から脱出したのにまたノルマ有りだった」という転職失敗を回避することが出来ます。

 ・ 求人企業の社風や雰囲気
 ・ 求人企業や業界の成長性・動向
 ・ 入社後のキャリアパス
 ・ 書類選考通過/面接通過の難易度・通過率
 ・ 採用のポイント
 ・ 働く環境(平均残業時間・育児休業取得実績など)など

営業から未経験職種に転職したい人は、まず転職エージェントに相談してみることをオススメします。

 一人で転職をするとなると、どうしても不安になってネガティブになりがちです。しかし、相談出来るプロがいれば、精神的にもグッと楽になりますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする