転職において職歴2年は武器になるのか?職歴2年を活かすアピールが重要

 転職において、3年は我慢しないと職歴は武器にならないという共通認識がありますが、職歴2年の場合は武器になるのだろうか?

 結論から言うと、十分武器になります。

 短期離職というのは一般的に職歴1年未満のことを指し、2年を超えるとほぼ職歴3年と同じとみなされ、短期離職によるネガティブ要素にはなりません。
 しかし、離職した理由や前職で得た経験などを上手くアピールしなければいけないのは、職歴が何年あっても同じなので、そこはしっかり準備する必要があります。
 




「あと1年我慢すれば職歴が3年になる。
 そしたら辞めよう」

 職歴2年だと、このように考える人も多いですが、もし劣悪な環境で毎日我慢しているのであれば、職歴3年の壁を考える必要はありません。すぐにでも転職活動を開始して、よりよい職場を探すべきです。

経験者募集・経験3年以上の求人に応募出来ない?

 職歴2年だと懸念しなければならないのは、経験者採用でよく見る経験3年以上という縛りです。職歴2年では応募出来ない、と思いがちですが、実は職歴2年でも応募条件を満たしています。
 企業の求める経験者は2年前後の職歴でも十分に圏内であり、経験3年以上というのはあくまで定型文を使用しているだけです。企業が求めているレベルはまちまちで、経験者採用であっても、職歴より年齢が重視されることもあるので、積極的に応募しましょう。

不安ならプラス資格の総合力で勝負しよう

 それでも職歴2年が不安ならば離職後に職業訓練校などに通い、資格をとって総合力をつけましょう。経理ならば簿記など、それだけでは力が弱い資格でも、職歴と合わされば十分に職歴3年以上の人と対等になります。職歴3年の縛りに惑わされず、自分の転職市場における価値をしっかりと見極めて、現状の職場に留まることのメリットとデメリットを見極めて転職をしましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする