バリウム検査体験談。バリウムは不味いし苦しいけれど胃カメラよりは楽な胃の検査だった

f:id:moguhausu2:20150803121652j:plain
 人間ドックの一環でバリウム検査をしてきました。
 バリウム検査というのは、バリウムという白い液体を飲んで、胃をX線カメラで撮影し異常が無いか調べる胃の検査の一種です。

 胃の検査というと、イメージとして浮かびやすいのが口からカメラを入れる胃カメラですが、バリウム検査は胃カメラに比べると楽な検査という印象を受けます。しかし、バリウムがまずい、バリウムが身体に良くない、など人間ドック初心者にとって未知数の検査であると思います。

 事実、私もバリウム検査はドラマや漫画の中でしか見たことが無く、実際に受けたのはこれが初めてでした。

 今回は人間ドックにおける胃の検査、バリウム検査が苦しいのか体験談として記しておこうと思います。


検査の手順は至ってシンプル

 検査手順としては、服を着替えたら胃の機能を弱らせる注射を受け、検査室に入り、胃を膨張させるための炭酸の粉を飲み、それからバリウムを飲み干して検査台の上で医師の指示に従い撮影を行います。

 一番きついのが、バリウムよりも胃を膨張させるための炭酸粉の摂取だったりします。味はソーダのようで、まさに炭酸といった味なので飲み込むのに苦はないのですが、その後、ゲップを我慢しなければいけないという苦行が待っています。炭酸を胃の中にいれるのですから、当然、ガスが発生してゲップが出ます。それを飲み込んで下さい、と医師に言われるのですが、これが難しい。
 私は我慢できずゲップを何度がしてしまい、もう一回、炭酸粉を飲むはめに……。

 胃をわざと膨張させるのがこれほど難しいとは思いませんでした。

 さらに、間髪入れずバリウムを渡されるので、それを飲まなければいけません。

バリウムの味や検査の苦しい点など

 不味いと評判のバリウムの味は、薄い飲むヨーグルトのようで不味いとは感じませんでした。しかし、量がなかなかに多く、飲み干すのに苦労しました。何しろ炭酸粉で胃がげぷげぷ言っている中で飲むので、拷問のような気がしないでもありません。
 私は検査当日、胃が不調だったので余計にキツく感じました。胃の調子が良い時でないと、バリウムを飲んでも戻してしまうと思うので、胃の検査前は胃の調子に気を使う必要があります。

 バリウムを飲み干すと、あとは検査台に捕まっているだけ…とはいきません。

 検査台は上下に動き、私の身体を傾けます。ずり落ちないように左右の手すりに掴まるのですが、動く角度がかなりシビアで、ジェットコースターに乗っているような気分でした。さらに、360度すべての写真を撮る必要があるので、自分でゴロゴロ身体を回転させなければいけません。それも、一度や二度でなく、全部で5回くらい回転したと思います。

 どうやら、胃の中でバリウムを流す位置を調整するには自身の身体を回す必要があるらしく、その傾きは結構デリケートなようで、何度も微調整を指示されました。

「もうちょっと右に傾いて~」
「いき過ぎです。やり直しましょう」
「次は仰向けになってくださーい」
「一回転してください」

 まるで写真のモデルになったように、指示に従い検査台の上でゴロゴロ転がります。
 ゲップを我慢しながら転がるのは、想像以上に大変でした。胃の検査なのに胃が悪くなりそうな検査です。

 かかった時間は全部で15分程度でした。
 しかし、終わった後は精神的に疲労を覚えました。軽い拷問体験のような感じで、何度も気軽に受けたいと思えるような検査ではありません。まあ、胃カメラよりは楽なのでしょうが、患者がアクティブに動かなければいけない&ゲップを我慢するというテクニックを求められる、という点ではバリウム検査もなかなか難易度の高い検査でした。

結果は異常無しでした

 私の検査結果は異常無しでした。医師に胃の写真を見せられましたが、白い液体が胃の形を映し出していて、バリウムはこんなに鮮明に映るのか、と驚きました。
 何はともあれ、胃がんや胃潰瘍などの疾患が見つからず一安心です。

 バリウム検査後は下剤を二錠もらって飲みます。バリウムは水に溶けて体外に排出されるのですが、腸で固まることがあるので、下剤を使って夕方に便として排出します。白い便が出たら、バリウムが体外に排出された証拠です。

 かかったお値段は薬代含めて5000円でした。
 やはり本格的な検査なので、それなりのお値段はかかりますが、それでも5000円とは驚きです。今回はバリウム検査のみの単発検査だったので5000円ですが、人間ドックの総合コースですと、やはり画像診断系の検査がいくつかあるので2万~3万円するのが基本のようです。

 バリウム検査をしたことで、胃に大病がないと分かり精神的に楽になりました。
 ゲップを我慢する、多量のバリウムを頑張って飲む、検査台の上でモデルになると三重苦の苦しい検査ではありましたが、胃カメラに比べると楽なので、胃に不安のある方は受けてみることをオススメします。

検査前の絶食に要注意

 バリウム検査は胃の検査なので、前日の夜9時から絶食をしなければいけません。
 その条件は厳しく、アメやガムもダメです。起床時の水は認められていますが、お茶はダメ、水も飲み過ぎはダメと、胃を徹底的に空にする必要があります。

 しかし、夏場は水分補給を怠ると熱中症になるので、ある程度は水を飲んでおきましょう。私は自転車で病院まで行ったため、病院についた時はふらふらになってしまいました。水分補給を断つといっても、適度に水は飲んでおかないと病院にいくまでに倒れてしまいます。

 絶食による水分不足は意外と盲点なので、気をつけましょう。

胃を悪くしていたのは

 余談ですが、結局、私の胃が弱い理由は野菜不足とのこと。
 日々の食事で野菜をしっかりとっておらず、特にキャベツに含まれるビタミンU不足が胃酸過多を引き起こしていたようです。

 今後は野菜をしっかり食べようと思います。

追記:1年間、青汁を飲んだら胃腸の悩みが消えました。

 青汁を飲み続けたところ、野菜不足も解消して胃腸がスッキリしました。
 同じように野菜不足の方がいましたら、下記の記事を参考に、青汁で野菜不足を補いましょう。
 青汁は手軽に出来る健康法なのでオススメです。www.hazimetetensyoku.com

私が利用した人間ドックの予約サービス

 今回、私が人間ドックの予約に利用したのはネットで人間ドックの予約が出来るマーソという医療サイトです。

お探しの人間ドックが簡単予約!マーソ(MRSO)



 マーソは検索機能が便利で、全国から評判の良い病院を人気順に検索出来るのがポイントです。
 口コミ機能も多く利用されており、口コミ評判の良い病院で受ければ安心です。
 また、Tポイントが付くので、普通に受診するよりもお得です。

 人間ドックを個人で予約しようとすると、どの病院が人間ドックに対応していて、どの病院を選べばいいのか迷うことが多いと思います。そんな時は、マーソを利用すれば最寄りの評判の良い病院が簡単に見つかりますし、予約もWebで簡単にできますのでオススメです。

 人間ドックは年に一回、必ず受けておきましょう。
 会社員の方であれば、会社がやってくれますが、フリーランスの方や個人事業主の方は自分で人間ドックをやる日を決めて、1年に一回、しっかり身体をチェックしましょう。

 私も仕事でムリをして胃を壊した経験から、健康にまさる資本なし、という事を学びました。
 お金をかけてでも、定期的に検査を受けていきたいものです。

 以上、私がバリウム検査を受けた時の体験談でした。
 ちなみに注射はまったく痛くありませんでした。最近の注射は凄いですね。

関連記事

 鼻から胃カメラも体験してきました。
 鼻から胃カメラは苦しいのか? という疑問をお持ちの方は、下記の記事を参考にして下さい。

www.hazimetetensyoku.com

胃腸の弱い人は食生活を見直そう

 胃腸が弱い原因は、私の場合、野菜不足と運動不足だと医者に言われました。
 胃腸を強くする食生活などのアドバイスは下記の記事が参考になります。www.otonanomana.net




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする