転職活動で妥協は絶対にダメ! 妥協内定の先にある問題点とは?

転職活動をしていて、何社受けても内定が決まらなかったり、雇用保険の期限が間もなく切れるor空白期間が何ヶ月も出来てしまった、など切羽詰まった状況になると、ついつい簡単に内定が決まる業種や興味が無いけれど内定を出してくれた企業に「もうここでいいや!」と決めてしまう人は多いと思います。

しかし、こういった妥協内定は今後の転職活動の際にも足を引っ張る「整合性の無い経歴」になってしまう可能性が高いです。



例えば、経理を目指して簿記二級を取得したのに、外食産業の店長やホテルのフロントなどのサービス業についてしまうと、その後、やっぱり経理に転職しようと思っても「なぜ前職はこういった職種に転職したの?」と聞かれたときに矛盾が生まれてしまいます。
営業などであれば、簿記の知識を活かしたかったから、と矛盾を埋めることは可能ですが、キャリアがバラバラだと転々としている・長続きしないといった印象を与えてしまいますし、妥協で決めた職種ではモチベーションを保つのも難しく、長く続きません。

妥協内定を引き起こす『就活終わらせたい病』に注意!

就活が長引くと、早く終わらせたいがために「どこでもいいから受かったとこに行く」「手当たり次第、いろんな業種に応募する」といった就活になってしまいがちです。特に新卒であれば、業種や業界知識が少ないため、フラフラとキャリアに迷いが生じてしまう学生が多く、それが新卒3年以内の離職率の高さの原因となっています。
転職にせよ新卒にせよ、まず、この「就活終わらせたい病」にかからないよう注意してください。
目的はあくまで自分のキャリアに合った職種に就職することで、どこでもいいから就職することではありません。

妥協内定による転職失敗例

田中桃子さん(24歳 専門学校卒)

外食産業に就職したものの、激務に耐えられず退職。
1ヶ月療養し、転職活動をスタート。
比較的残業の少ない一般事務に絞って転職活動をしたものの、簿記の資格もなく未経験の桃子さんは内定がとれず雇用保険も切れてしまった。生活費や家賃で貯金も削られ、切羽詰まった桃子さんは外食産業の経歴が活かせそうなサービス業も受け始め、某ホテルに一発内定。

勤務時間に不安があったものの、無職生活に嫌気がさしていた桃子さんはそのまま入社。外食産業よりはマシだろうと思っていたが、実際は残業が多く勤務時間も不規則で、桃子さんは6ヶ月で退職。
採用担当からも嫌みを言われ、逃げるように離職した。再び転職活動をする気力もなく、短期離職の経歴がついただけで転職活動は完全に失敗に終わってしまった。

転職活動で妥協は絶対にダメ! 妥協内定の先にある問題点とは?

上記の例のようにならないための対策を書きます。

対策1:数を絞って少数精鋭の転職活動をする

新卒時は、大企業の採用時期がかぶっていたり、様々な業種を見る必要があったり、5・6社に平行して応募、就職活動をしてきた方が多いと思います。
しかし、転職活動ではそういった「とにかく数を受ける」転職活動はオススメできません。
 転職活動は新卒時と違って、1名採用、あるいは2名採用など非常に狭き門になっているため、企業側も応募者を吟味します。ちょっとしたことが内定を分ける状況で、平行して何社も受けていると志望動機や面接時の受け答えがごちゃごちゃになってしまい、紙一重の差で落とされてしまいます。

転職活動では自分の経歴や強みがはっきりしているので、よりいっそう、応募する求人を絞り込む必要があります。

内定を焦らないコツ

・お金が無い場合は短期アルバイトをしながら転職活動を続ける。
・転職が決まらず空白期間が伸びても慌てない。
・エージェントや友人などに相談する。
・少しでも納得がいかないなら、応募しないor内定が出ても蹴る。もしくは、次の次の職務経歴書を書いてみて、自分の描くキャリアと、その企業での仕事が矛盾していないか確かめる。

転職は能動的な職業の選択のチャンスです。

日本ではまだまだ短期離職や転職回数で判断する企業が多いため、焦らず慎重に転職活動をすることをオススメします。

良質な求人情報を探すなら転職エージェントを利用しよう

f:id:moguhausu2:20160205102355j:plain

求人はハローワークなど様々な場所に置いてありますが、働きやすい会社か否かを見極めるのは難しいですよね。
また書類作成なども時間がかかり、それが余計に転職・就職活動を長期化させてしまいます。

 そこでオススメなのが、転職エージェントを併用して就職・転職活動を効率的に行う方法です。

転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

利用料は最初から最後まで無料です。
転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

まだ転職をする予定がなくても、どんな求人があるのか、どんな仕事に応募できるのか、といった点を含めて無料で転職相談が出来ますから「転職市場の調査」として一度エージェントに相談することをおすすめします。

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式ページ

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする