20代の契約社員は30歳までに正社員になるべき。社長が教える契約社員の落とし穴

長時間労働や人間関係のキツさから、正社員を辞めて契約社員として働く人って結構多いです。

契約社員は、正社員のように長時間労働を押し付けられる事が少なく、また業務内容も決まりきっている作業がほとんどなので、仕事に対するプレッシャーが小さいというメリットがあります。

もちろん、契約社員の労働環境は勤める企業によりけりなのですが、契約社員は「嫌なら別の会社に行けばいい」とフットワークが軽いので、自分にあった会社を探せるのが強みです。

大企業の契約社員であれば、ほぼ労働環境は守られているでしょう。

契約社員は「フルタイムのアルバイト+社会保険」といった位置づけです。

「正社員は続かなかったけど、契約社員になってから仕事が楽になった」
「給料は安くても平穏で素晴らしい」

という声がある一方で、

「30歳以上の契約社員が切られていた。将来が不安」
「昇給もなく、雇用が守られていない。でも、ぬるま湯から抜け出せない」

といったデメリットもあります。

社長である私から見ると、日本の契約社員は

『会社にとって都合よく動かせる人材』

として悪用されているケースが多いです。

まぁ、悪用というと言い過ぎている感はありますが、日本における非正規社員の待遇は基本的に「搾取的」なので、残念ながら契約社員はオススメしません。

特に、いま20代で契約社員として働いている人は、早めに就職活動に切り替えていかないと、ノーキャリアのまま30代に突入してしまいます。

今回は、なぜ契約社員は30歳までに正社員になるべきなのか? という点について解説します。

契約社員は雇用が守られていない身分である

契約社員は、良くも悪くも「代えの効く仕事」しか任されません。

事務作業やオペレーター、接客業、コールセンターなど、どこもマニュアルがあり、研修期間1ヶ月で出来るようになる仕事ばかりです。

もちろん、細かく見ていくと能力の優劣はありますが、経営陣からすれば「とにかく安く使いたい」ポイントに契約社員を入れていることがほとんどです。

正社員は、長期に渡って会社を支えられるよう年齢と共にキャリア教育を受けられます。一方、契約社員は何歳になっても同じ仕事で『使い捨て』です。

どんなに表ではキレイ事を並べている企業でも、景気が悪くなったり業績が悪化したり、あるいは職場で問題(不倫や不祥事など)が起きた時、一番最初に切るのが契約社員です。

特に30歳以上の契約社員は「契約社員が口うるさくなってきたから、一回切って若返りをしよう」と言って総入れ替えされるケースもあります。

どうせ代えの効く人材なら、若くてフレッシュで言うことを何でも聞く若い子のがいいや…という思想は、未だに会社には存在しています。

「そんなコンプライアンス違反の会社は無い!」

と思っている方。

某企業では、未だにエレベーターや社員食堂は正社員以外使用禁止…という社内ルールはありますよ。

残念ながら、日本企業では契約社員は「下の身分」なのです。
こればかりは、もう悪い文化として根付いているので、どうしようもありません。

正社員のようにプレッシャーや長時間労働、企業への忠誠心を求められないかわりに、守られても居ない。

それが契約社員なのです。

正社員になるなら20代が一番楽です

契約社員のぬるま湯につかっていると、なかなか正社員に就職する決心がつかないものです。

しかし、日本社会では正社員になるなら20代が圧倒的に有利です。

例え29歳でも、20代というだけで価値があります。20代ののうちでないと正社員になるのは厳しい…と言い切っても良いくらいです。

日本では年齢差別が激しく、また契約社員の職歴は職歴とみなさない…という認識も強いです。

正社員だろうと契約社員だろうと、仕事は仕事なのですから、変わりないと思いがちですが、採用担当者は得てして「正社員の職歴>契約社員の職歴」として見ます。

もし未経験で正社員の仕事に就こう!と思ったら、正社員の職歴が弱いぶん、年齢のアドバンテージで戦うしかないのです。

待遇の良い正社員を目指そう

「でも、正社員はキツい…」

と思っている方は、待遇の良い会社を探してアプローチすればいいのです。

正社員は雇用が守られているぶん、辞めにくいため、ブラック企業では長時間労働を強いるなど悪用されるケースもあります。

しかし、待遇の良いまともな企業の正社員になれば、雇用は守られつつ気持ちよく仕事が出来ます。

20代なら魅力的な求人にも応募できる資格がありますから、働きながらでもいいので、コツコツと正社員への就職活動を始めておきましょう。

正社員への就職活動は、転職エージェントを利用して、求人情報や就活セミナーに参加するのがオススメです。

転職エージェントはあなたに代わって希望条件にマッチングした求人を集めてくれますし、就職活動のアドバイスもしてくれます。

ブラック企業に騙されないためにも、キチンとプロである転職エージェントの手を利用して正社員の就職活動を成功させましょう。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。

そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。

エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

・DODA 登録はこちら【5分で完了】

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする