男社会がもう嫌だと感じる総合職の女性は転職して最高のキャリアを掴むべし!


日本は、男女平等と称していますが、実際は男社会であるケースがしばしば見られます。

特に企業、それも総合職では男が支配している事が多く、女性だから…と何かと性差別されることはります。

「これだから女は」
「女なら男似できない気配りしてくれよ」
「可愛げがないなぁ」

など、男性以上に頑張っていても、変な文句をつけられる事は多いです。

男が上層部で固まっている会社ですと、出世しようにも妨害されたり、理不尽な扱いを受ける事もしばしば。

男の嫉妬は凄まじく、特に仕事での嫉妬は強いです。

相手が女性なら、なおさらで「俺様が女より劣っているはずがない!邪魔してやる!」と妬んでくるオッサンもいます。

「仕事はやりがいがあって楽しいけど、会社の女差別がひどすぎる」

という人は、さっさと転職をして、実力がきちんと評価される会社に行くことをおすすめします。

今回は、総合職の女性が男社会から抜け出すメリット、転職のすすめを紹介します。

古い体質の企業はいまだに男社会&封建社会

メガバンク、大手メーカー、電機業界、自動車業界…
歴史ある会社のほとんどは、未だに男社会で、幹部・経営陣は男で固められています。

また、封建社会といっても過言でないほど「上が偉い」社風が強く、女性が活躍しようにも、なかなか難しいのが現実です。

「女は出産、育児があるからキャリアなんていらんだろう!」

と堂々と主張する時代遅れのオヤジも多く、イライラさせられますね。

終身雇用制はもはや形だけ…とはいえ、未だに入社年月で地位や立場が決まることも多く「なんであの人が上司なの?」と首をかしげる事もあるでしょう。

こういった古い体質の男社会では、どんなに実力があっても女性というだけで活躍できなくなってしまいます。

男女平等の外資系企業では世界がまるで違います

一方で、男女平等がしっかりしている外資系企業などでは、日本のダサい男社会とは打って違って、実力さえあればキャリアアップも年収アップもサクサク実現出来ます。

日本企業のドロっとした男社会にフラストレーションがたまっていた女性でも、外資系企業で一気に花開きキャリアウーマンとして仕事をバリバリこなしている人も多いです。

キャリアウーマン=外資系企業というイメージが強いのは、このように外資系企業ですと性別による不利が一切ないからです。

ただ、すべての日本企業が悪いという訳ではありません。

日系企業でも、女性にどんどん仕事を振って、キャリアアップを推薦する会社はあります。

そういった会社には共通点があります。

それは育児休暇をしっかり設定しており、出産後の復職実績が強い…という特徴です。

女性に風通しが良い会社は育児休暇への取り組みで分かる!

女性のキャリアをしっかり考えている、女性に風通しが良い会社は、必ず育児休暇に力を入れています。

例えば、哺乳器メーカーのピジョン。

ピジョンは育児休暇が法律で制定される前から育児休暇を独自に設定しているほど、女性のキャリアをしっかり考えている企業です。

男性も育児休暇を取れるように取り組んでおり、男性の育児休暇取得率は100%。
また不妊治療のための休職制度「ライフデザイン休職」もあり、女性のキャリアにおける、あらゆるシチュエーションにフォローしています。
消費財メーカーのP&G。化粧品メーカーのポーラ…といった会社も、ピジョンと同じように気合を入れています。

どの会社も、女性が中心の会社ですから、育児休暇と復職が上手く出来るようシステムを組み上げています。

男社会の企業では、育児休暇が軽視されており「子供がいても総合職なんだから、男と同じくらいバリバリ残業してもらわないと困る!」という男の意見が強いです。

もし男社会から脱出し、女性が活躍できる企業に転職するなら、必ず育児休暇について、どのように取り組んでいるかチェックしておきましょう。

女性も転職でキャリアアップ&年収アップをしていく時代です

かつては、転職してキャリアアップ&年収アップというのは、一部のバリキャリの特権でした。

しかし、今は人材不足&高齢化によって、転職市場がますますオープンになり、実力と実績がある女性は転職によるキャリアアップが容易になりました。

せっかく実力があるのに、男社会の壁に阻まれてキャリアが思うように描けない…という女性は、ぜひ転職を検討して、効率的なキャリアアップにチャレンジしてみましょう。

転職エージェントを活用して効率的に転職しよう

しかし、転職活動は、書類作りに求人探し、自己分析、面接対策までやる事が盛り沢山です。

これだけ色々課題があると、何から始めていいのか分からないですよね。

そこでオススメなのが、転職エージェントを使って効率的に転職活動を行うことです。

自分にあった求人選びや、面接ノウハウの会得、書類の作り方などは、プロに教わるのが一番効率的です。

特に在職中に転職する場合は、細かい作業はプロに任せた方が楽です。

転職エージェントは、無料で利用できて、あなたにあった優良な求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは求人を出している会社から報酬を受け取っているので、利用は無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成から面接ノウハウ、求人の選び方まで、転職のプロから直接アドバイスが貰えるので、転職で失敗する確率を下げることが出来ます。

メールでのやり取りが基本なので、会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も完全個室で、バレないよう最新の注意を払ってくれます。

また、エージェントは会社の内部事情に詳しく、例えば激務な会社や、離職率の高い会社などは事前に言及してくれます。

そのため、予め「残業時間が月10時間以下の会社を希望」など言っておけば、それにあった求人に絞って紹介してくれます。

転職初心者や未経験業種への転職にもしっかりサポートしてくれるので、一人で転職活動をするよりもグッと効率的に転職が出来ます。転職で失敗しないためにも、転職エージェントを活用するのが一番ベストな方法です。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。

そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。

エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

・DODA 登録はこちら【5分で完了】

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする