小学生に英語を習わせるならマンツーマンレッスンで発音を教えるべき。カタカナ英語を覚えても海外では通用しません

f:id:moguhausu2:20150525122710j:plain
小学生に英語を習わせる親御さんは多いですね。
このご時世、社会的地位の高い職業に就くには英語が必要不可欠ですから、早いうちに英語に慣れさせておこう! という親御さんの意気込みは理解出来ます。

秋田の国際教養大学など、留学を必須カリキュラムに組んで実践力の高い英語力を養成する大学も増えてきており、英語というスキルはますます重要になってきています。英語を身につけた人材は就活の場でも相当な需要があり、多くのグローバル人材は大企業や外資系企業の内定を得ています。

しかし、小学生のお子さんに英語を教える時に、何も考えず英会話教室に通わせていませんか?

幼いころから英才教育を受けて、英語を叩きこまれた小学生の多くは流暢な英語を話します。しかし、それはあくまで日本人英語として、です。

帰国子女の小学生と比べると、国内で英語を習ってきた小学生の英語の能力差は、まさに雲泥の差です。
特にリスニング、スピーキングは差が顕著で、やはり英語力という観点では現地組には敵いません。

帰国子女と国内組の間で、大きな差を作っているのが『発音』です。

結論から言うと、小学校低学年から英語を習わせても日本語と全く異なる『英語の発音』を身体に覚えさせなければ、まったく意味がありません。

今回は小学生の英語教育における発音の重要性と、発音を鍛える方法を紹介します。


あなたは正しい英語の発音が出来ますか?

日本人がなぜこんなに英語が喋れず、リスニングもダメなのかご存知ですか?
その理由は、日本語の発音と英語の発音が大きく異なるせいです。

例えばRやLの発音は、日本語にはない発音なので、発音方法を習わない限り永遠に「アール」「エル」というカタカナ英語のままです。英語の発音はこのカタカナ英語とは大きく異なるので、本来、発音をカタカナでは表現出来ません。
無理やり発音を表現するなら「アーゥ」「エゥー」といった風になります。

文字では表現しにくいので、下記の動画をご覧下さい。

www.youtube.com

LとR以外にも、THなど英語には日本語にない発音がいくつもあります。
この発音をマスターしないと、リスニング能力も頭打ちになりますし、当然、スピーキングでも海外現地で伝わりません。中高生になった時に、海外に留学をさせようと考えているのなら、まず発音をしっかり勉強させておかないとコミュニケーションに大変苦労することになります。

日本語英語は現地で全然伝わらない

私がかつて海外に行った時、驚いたのは日本語英語が全く伝わらないことです。
特にLやRが混じっていたり、文章が長くなると現地の人はまったく聞き取ってくれませんでした。

逆に単語とジェスチャーだけで会話したほうが伝わるくらいでした。しかし、将来、ビジネスで使えるレベルの英語を目指すのであれば、ジェスチャーや単語だけの会話ではダメですよね。

まともに会話が出来るようになったのは、やはり発音をしっかり勉強した後でした。
日本人はどんなに頑張ってもネイティブのような発音は出来ず、日本語の癖は残りますが、ビジネスでは伝わることが重要ですし、インド英語、チャイニーズイングリッシュなど国々の癖は許容されています。しかし、伝わらないカタカナ英語では門前払いです。

小学生に英語を教えるなら、まず発音!
発音は学校だとなかなか教える時間を割いてくれず、どちらかというと身体で覚えるタイプの学習法が必要なので、しっかり時間をかけて勉強する必要があります。

しかし、発音の独学は難しいですし、親が教えようにも親に英語発音のスキルが無いと教えることも出来ません。

そこでオススメなのは、英会話教室のマンツーマンレッスンで発音を集中的にトレーニングしてもらう方法です。

英語の基礎が出来たらマンツーマンレッスンで『発音』の勉強を!

私のオススメは英会話教室の『NOVA』のマンツーマンレッスンで発音を教えてもらう勉強法です。
NOVAは週1のマンツーマンレッスンが月額2万円で受けられます。ネイティブ・スピーカーのマンツーマンレッスンでは価格が最も安く、講師の質も良いのでオススメです。
マンツーマンレッスンは希望を伝えれば授業内容をカスタマイズ出来ますから、発音のトレーニングを集中的にやって欲しいと伝えれば、発音をしっかり教えてもらえます。

英語の発音は、舌の動かし方が独特で、目の前で発音方法(口の中の動き)を見ないと真似出来ないので、ぜひネイティブ・スピーカーにマンツーマンで教えてもらいましょう。2ヶ月もあれば発音はだいぶ良くなりますし、発音が理解出来るようになれば、リスニング能力もグッと向上します。

無料レッスンの申し込みは下記から可能です。最寄りのNOVAを探して、ぜひ一度、レッスンを体験してみてください。

駅前留学のNOVA まずは体験レッスン!



小学生のうちに発音を習うメリットはたくさんある

日本の英語教育ではスピーキング、リスニングの教育が軽視されており、特に発音をしっかり教えられる講師は限られています。
受験やTOEICなど、国内のみで使うのなら発音のスキルはいらないかもしれません。しかし、将来、留学をしたり英語をビジネスで使うのであれば、発音は必須スキルです。

小学生のうちは、舌が柔軟で英語の発音学習も容易です。
小学生の間に英語の発音方法を学ぶことは、非常にメリットが大きいのです。

将来、子供に留学をさせるつもりなら、小学生のうちにしっかり発音方法を学ばせておきましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする