27歳フリーターが正社員に就職して人生逆転する方法。職歴無しでも就職は出来る

27歳でフリーターになってしまった or ずっとフリーターをしている人は、そろそろ就職して正社員にならないとまずいのではないだろうか、と焦っている人が多いと思います。

非正規社員から正社員になるには30歳の壁があると言われており、27歳のフリーターの方ですと後3年しか猶予がありません。就職した事が無い、いわゆる職歴無しなら、なおさら就職の難易度は高くなってきます。

「今さら就活したってどこも採用してくれない」

そんな風に塞ぎ込んで、楽な方へ逃げているとあっという間にフリーターのまま30歳になって、就職が絶望的になってしまいます。

 20代ならば正社員に就職することは十分に可能です。
確かに27歳でフリーターだと、キャリアをコツコツ積み重ねてきた同年代の人と比べて人材価値は低いかもしれません。この年齢で大きな企業に入ると、同年代や年下の人に仕事を教えてもらう事になりますから辛いと思いますし、いきなりフリーターから大企業に入るのはほぼ無理でしょう。

しかし、20代の社員がいない企業では、27歳は新人としてまだまだ魅力的な年齢です。業績を伸ばしている中小企業などは、平均年齢が高いことも多く、技術継承のために20代の新人を求めています。

20代のうちに就職活動をして正社員になれば、キャリアをしっかり積み重ねることが出来ます。ボーナスや有給も貰えるようになり、フリーターと違って長く続けることで自分に自信をつけることが出来ます。

では、27歳フリーターから正社員に就職するにはどうすればいいのでしょうか?

ここでは具体的な就活の戦略について紹介します。


平均年齢の高い中小企業や伸びているベンチャー企業を狙おう

27歳フリーターから正社員に就職するには、まずどんな企業を狙えばいいのか考える必要があります。

大企業は新卒カードが無いと難しいので、現時点では難しいですね。
なので、狙うべきは中小企業やベンチャー企業ということになります。

たまに名の知れた大企業が大量募集をかけている時がありますが、名前を知っているからといって求人に飛びつくのは危険です。
大企業でも離職率の高いブラック企業はありますし、特に外食や介護業界などブラックな企業が多い業界の求人には注意深くなりましょう。

おすすめなのはBtoB、企業を相手に商売をしている企業です。例えばネジや機械部品など、小さいながらも固い仕事をしている会社は、待遇がよく休みもしっかりしていることが多く、また20代の新人を求めている確率が高いです。

「そんな聞いた事無い会社に就職したくない!」

という人もいるでしょう。

しかし、働く上で大切なのはなんでしょうか?
有名企業で働いているというステータスでしょうか?

一番大切なのは待遇です。
どんなに有名な会社でも、1ヶ月休日無しで1日12時間労働をすれば、すぐにその会社が嫌いになるでしょう。
待遇が良ければ、少なくとも過労で倒れることはありませんし、いざ人間関係のトラブルが発生したり、辞めたくなった時でもボーナスなどで貯金がありますから転職も容易です。

また、知名度のないBtoB企業では、ライバルも同じように「よくわからない会社だから辞めておこう」と考えるので、倍率が少なくなります。
倍率が低ければ内定を得られる可能性も高くなりますから、就職活動ではとても有利になりますよ。

ベンチャー企業も内定がとりやすく、即戦力としてスキルをガンガン鍛えられるのでおすすめです。

Web系の会社にあるプログラマーの求人やディレクターの求人は、まさにスキルを鍛えられる求人です。Web系のベンチャー企業は成長が著しいことが多く、未経験でも人材を採用することが多いです。

一度、その世界に飛び込んでスキルを得てしまえば、技術系の転職になるので、次回の転職の難易度はぐっと下がります。ガチガチのプログラマーは難しくても、Web系であればそこまで難易度は高くなく、またとっつきやすいですからおすすめです。

さて、狙うべき企業や希望条件、業界がおおまかに決まったら求人探しをしましょう。

しかし、転職サイトやハローワークではブラック企業や経験者のみ採用の求人が入り交じっており、どれが一番良い求人なのか取捨選択がとても大変です。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを利用するという方法です。

求人や総合的な就活のサポートには転職エージェントに頼もう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain
転職エージェントは、かつては社会人が転職をする時にしか使えないサービスでしたが、人手不足の今はフリーターや無職から就職したい! という人にもサービスを提供しており、無料でキャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介を受けるサービスまで利用出来ます。

転職エージェントは、利用料は最初から最後まで無料です。
転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

未経験OKの正社員求人はもちろん、正社員登用前提の契約社員など、様々な求人を紹介してくれるので、自分にあった就職ルートを選ぶことが出来ます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。フリーターの方はアルバイト先の情報を登録します。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

上記は入力の一例です。
前職がアルバイトの人or現在フリーターの人は、雇用形態を『その他(FCオーナー、アルバイト含む)』にしましょう。

上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
外食・小売産業に多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式ページ

ハンディキャップを背負った就職活動だからこそ、専門的なサポートが必要です。
27歳の就職活動で失敗が出来ないからこそ、プロに相談して受かるエントリーシートとはどういうものか? 面接の受け答えはどうやるべきか? という所をしっかりアドバイスしてもらう事をオススメします。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする