日本では年収600万以上は投資で豊かになり年収600万以下はその日暮らしで貧困化する

年収の格差が年々大きくなっている。
国民総中流と言われたのは遥か昔。今では年収300万以下の層が広がり、家庭を持つことが困難な社会になっている。

全体の統計で見ると年収600万以上の層は少なく、婚活やお見合いパーティーでは年収600万以上がボーダーラインになっている。
年収600万以上とそれ以下では、どのような違いがあるのか?
実は生活以外にも、資産の増え方が極端に違ってくるのである。


過剰資金の差

年収600万以上になると、過剰資金が大きく生まれる。
生活費や貯金以外にも投資に手を回すことができ、長期的に資金を増やすことが出来る。

株式や社債などで、年利1%以上で資産運用すれば、どんどん資産を増やすことが出来る。

一方、年収300万以下の層はその日暮らしで精一杯であり、貯金以外に投資にまわす資金を確保するのが難しくなってくる。
特に都内で一人暮らしをしていれば、その傾向は顕著だ。家庭を持っていれば投資など、とても手がまわらないだろう。

豊かになれない昇給の差

昇給は一部の大企業を除いて、なかなか上がらなくなってきている。
年収300万以下の層は、昇給があまり期待出来ない企業、ポジションにいることが多く、現在、年収600万の層とくらべて生涯年収は大きく差が出てしまうだろう。

また年収600万の層は役員になれる可能性を持っており、役員になれば年収は飛躍的に上がるが、年収300万以下の層はその可能性も少ない。

年収300万以下で家庭を持つと貧困が連鎖する

年収の低さはその子供にも連鎖する。
塾や習い事、大学の学費など子育てには金がかかる。しかし、年収300万以下の層は、祖父母の援助がなければ子供の収入をあてにしたいくらい厳しく、子供がそれを感じ取り高卒で働きに出ることは少なくない。

学力があっても、経済的問題で子供はチャンスを失い再び年収300万の層になってしまう。

一方、年収600万以上の層は教育をちゃんと受けさせる余裕があり、子供のチャンスは多く高い年収を得られる可能性が高くなる。

年収600万は現代の勝ち組ライン

昔は年収が一本を超えるといったように、年収1000万円が勝ち組のラインだった。
しかし、今では年収600万円の家庭を持てる層が勝ち組のラインになっており、日本の貧困化、格差が見て取れる。

今後、消費税10%も待ち構えており、日本の家庭はますます冷え込むだろう。

現職で昇給やボーナスが期待出来ないなら、転職で年収アップを目指そう

現在、年収300万前後の収入で、今後も昇給やボーナス額が伸び悩むようであれば、思い切って転職をしてしまうのが一番だ。

自分が気付いていないだけで、会社に安く使われているケースは多い。転職をするだけで、年収が100万以上伸びるケースもある。

まずは転職エージェントに登録して、プロに自分の市場価値について相談してみよう。
転職エージェントお利用方法や、利用するメリットは下記の記事でまとめてあるので参考にシて下さい。

・転職するか迷っている人は転職エージェントに相談してみよう。プロの目線からアドバイスを貰うことの勧め

将来が不安だからこそ、しっかり先を見据えて動くことが重要だ。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする