30代の転職はやりがいと同時に年収アップを目指すこと。年収500万以下なら転職の意味がない

 30代の転職は、20代の時の転職のように「やりたいこと」「労働環境」「自己実現」の他に、年収アップという命題を掲げて転職をするべきです。

 30代の転職となると、管理職を経験した人であったり、販売業なら店長、マネージャーなど人を管理する肩書きがないとなかなか転職は難しいようです。
 つまり転職という行動の重さが、20代の頃よりもずっと重くなっているのです。

 30代になるとキャリアプランが絞られてきます。現場で働きたくても、なかなか30代の転職となると管理職ばかりで、思うように出来ないこともあります。
 企業からすると、30代の中途採用であれば人材育成や現場管理の経験豊富な管理職を雇いたいもの。必然的に、30代の転職は20代の頃とくらべて職種や働ける範囲が狭まってきます。

 では、30代での転職はどのような視線を持って行うべきなのか?

 個々人で様々な転職理由、転職の目的がありますが、必ず重視して欲しいのが年収です。




30代で年収500万か否かで今後の生活プランが決まる

 30代で年収が500万を超えると、子供の教育に費やせる費用や、旅行資金、マイホームの場所、老後の資金やりくりなど、今後の生活プランが立てやすくなります。
 逆に30代で年収300万以下になると、住む場所やマイホーム資金などが苦しくなり、どこか妥協しなければならないポイントが出てきます。

 30代で年間150万~200万の収入差があると、今後出来ることが狭まってきます。老後のための資金やマイホームのための貯金を考えると、年収300万のまま40代に突入してしまうと、一気に破綻の確立が増えてしまいます。

 40代になると介護保険料も課せられ、マイホームを購入した人と賃貸派の人で差が出てきます。マイホームは住宅ローンを完済してしまえば資産になりますが、賃貸ですと家賃は捨て金です。
 年収300万の場合、じわじわと生活が苦しくなってきます。というのも、周りとの格差が一番大きくなるのが40代で、30代が最後のターニングポイントなのです。
 そのため、30代での転職において年収は最重要ポイントになります。

年収よりもやりがいが大事、は20代まで

 年収300万円の仕事というのは、やはり賃金カーブも小さく、年や経験を重ねても年収500万を超えることはありません。
 地方であったり、親が土地持ちならともかく、都心ではとても危険なライフプランです。

 30代になると、自分の年齢のことをしっかり考えて転職しなければなりません。
 40代、50代になると、身体にガタがくる時期です。家庭を持っていればお金が一番かかる時期ですし、やりがいだけでは幸せになれない年齢になってくるのです。

 30代で独身の人も、今後、結婚出来るか否かは年収が大きく関わってきますし、子供を育てるにも、二人目、三人目となると、年収500万はなければ辛いと思います。

 年収300万でも共働きで子育て出来る! と叫んでいるのは、実は地方の夫婦で親の土地にマイホームを建てたような恵まれた人々です。
 都心に暮らす人々に同じ理論を当てはめることは非常に危険です。

転職で失敗する人は年収を妥協している

 転職は自分を商品としたビジネスです。
 しかし、日本人は特に金銭交渉が苦手なことが多く、せっかくの年収アップの機会なのに、自分を安売りしてしまいがちです。

 外資系企業などでは、言ったもん勝ち、交渉しないと損といった風土があり、年収交渉が苦手な日本人はよく損をしています。
 転職する際は、まず年収のデッドラインを決めましょう。年収450万以下になるなら絶対に内定は浮けない、という最低限の線を引いておけば、交渉がしやすくなります。

 交渉時に、最初にデッドラインを相手に伝えるのも一つの手です。
 駆け引きが苦手な人は、デッドライン伝える戦略で転職による年収アップを実現させましょう。

年収がアップする転職をするにはエージェントを活用しよう

 大切なのは年収に妥協しないキャリアパスプランを建てることです。
 自分のやりたいことを優先するのではなく、自分の積み重ねたキャリアと希望年収、やりがいなどを総合的に判断して転職を決定すべきです。

 年収500万以上の転職を成功させるには、プロの転職エージェントに相談するのも手です。
 希望年収さえ決まっていれば、転職エージェントはあなたのキャリアから希望年収に到達し、かつ内定の出やすい求人を選んで紹介してくれます。

 30代の転職では、自分で求人を探すよりも、エージェントからの紹介制のほうが効率がよくオススメです。
 おすすめの転職エージェントはリクルートエージェントです。

【リクルートエージェント】



 転職サイトの最大手リクルートによる転職エージェントサービスで、非公開求人をたくさん抱えており、年収500万以上の条件の良い求人が多いです。
 30代になると積み上げてきたキャリアやスキルによって転職先での待遇が左右されますから、転職を成功させるためには自分の市場価値をしっかり確認しておきたいですね。転職エージェントを利用すると、自分の市場価値を客観的に教えてくれます。
 また年収をアップさせるには、今後どのようにキャリアを積み重ねていくべきかの総合的なアドバイスもしてくれるので、一人で転職するよりもずっと効率的にキャリアアップの転職が目指せます。

 利用は無料ですから、ぜひエージェントを賢く活用してキャリアアップを目指しましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする