女性が転職するタイミングは27歳前後がベスト。その理由とは?

f:id:moguhausu2:20160205102355j:plain
転職のタイミングはいつがベストかという話は、様々な意見が飛び交っていて

「20代後半になると厳しい」
「30を超えたら他業種未経験は無理」
「中小企業から大企業には転職出来ない」

など、多種多様でどの意見が本当なのか分かりにくい事になっています。

その中で私が最も真実に近いと思う意見が、女性が転職するなら27歳がベスト、という意見です。なぜ27歳前後(記事内では27歳と表記)なのか? 理由をこれから根拠と共にあげていきます。

27歳なら社会的常識が身についていると人事は判断する

business-card-contact-business-cards-business-42260-large
専門学校や大学を出たばかりの、20代前半の人は、まだまだ社会の事を知らず、理想と現実のギャップに悩んで離職してしまったり、思うように働いてくれない場合が多いです。

しかし、27歳というと、職歴が2~3年あれば社会のルールはひと通り分かっており、仕事に対する甘い考えが無いと人事は考えます。転職者を雇用する場合、社会常識やマナーから教えていたのではとても割に合いません。

なので、27歳前後の人は『社会のルールを身につけている』という大前提をクリアしているとみなされ、未経験であろうと実践の場に投入されバシバシ鍛えられます。

新卒の就職活動の時のような長々とした自己PRや将来の夢など、青臭い話を考える必要はありません。面接官もそれを踏まえて、転職者用の『何が出来るか』を問う質問をしてきます。

これが第二新卒や20代前半での転職となると、ポテンシャルを見られるため、またもや新卒の時のような『やりたいこと、夢』といったあやふやなモノを考えなければなりません。

そのため、27歳での転職は良くも悪くも建前なしの手っ取り早い面接になるので、新卒時よりずっと楽です。

結婚退職まで時間があると思われる

f:id:moguhausu2:20150604112919j:plain
人事は女性を採用する時、どうしても結婚・妊娠による退職を危惧します。特に転職者の場合、採用して1~2年で妊娠して退職されては大損です。せめて3年は働いて欲しい、というのが人事の本音で、それは採用基準としてもしっかり働いています。

女性の結婚・妊娠の平均年齢は30歳前後ですので、27歳で採用しても3年以上は働ける可能性が高いです。そのため、人事は女性に限り27歳のラインを引いていることが多いです。

雇用において男女平等の法律があるにも関わらず、日本の会社はどうしても建前と本音を分けて採用を行います。

女性の場合は結婚・妊娠、男性の場合は加齢による柔軟性の無さ(プライドの高さ)を見られてしまうため、年齢というのは水面下で採用の決定要素に関わってきます。

一番使える人材は20代後半の女性ということを人事は知っている

f:id:moguhausu2:20160510080712j:plain
統計で見ると、実は女性のほうが働き者の可能性が高いのです。女性の活用を叫ぶ企業はそのことを知っており、20代後半、27歳前後の女性を雇用しようという企業は多いです。

また、さまざまな助成金制度があるため、女性は雇用において滑り込みのチャンスがあります。

・両立支援等助成金(ポジティブ・アクション能力アップ助成金)
女性の活躍促進についての数値目標を設定・公表し、一定の研修の計画を作成及び実施して、目標を達成する

また、20代後半の女性が一番良く働き、コミュニケーション能力が高いということは人事も把握しています。女性は本来、男性よりもコミュニケーション能力が高いため、人材としての価値は非常に高いと言われています。

27歳の女性転職者は、企業にとってもお宝ということです。

27歳でキャリアを積まないとずっと年収300万以下に…!

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
27歳という節目の年でキャリアを積める職種についていないと、年収はそのまま横ばいか右肩下がりになってしまいます。

一般事務や総務など、誰にでも出来る仕事についていて、かつ転職で武器になる資格が無かったり、勤めている企業そのものが怪しくなってくると、年収300万以下のワーキングプア一歩手前です。

今は女性でもキャリアや資格を積んで、将来のキャリアパスを明確にしておかないと、食いっぱぐれる可能性があります。結婚という逃げ道に頼っても、キャリアの無い女性は、キャリアのある男性と知り合う機会が激減します。

専業主婦なんて今の日本では夢物語。女性がキャリアを積むことは、もはや当たり前になっているのです。

環境を変えるのは27歳がラストチャンス

仕事や生活環境を変えるのに、最もチャンスが多い年齢が27歳です。

やはり30歳を越えてしまうと、変化を起こすのが億劫になったり、転職においても年齢のラインに引っかかることが多くなります。また、27歳という年は独身女性にとって結婚適齢期であるため、職場を変えて新しい出会いを得るには転職がうってつけです。

もし、あなたが27歳で「このままでいいのだろうか?」という疑問が頭を過ったら、それは転職して生まれ変わるタイミングなのかもしれません。

転職に自信が無いor誰かに相談したい人はエージェントを使おう

f:id:moguhausu2:20150713084212j:plain
とはいえ、スキルや希望年収など具体的に考えようにも、今の仕事が忙しくて時間がない人、自分の転職市場での価値が分からない人は、まずプロの転職エージェントに相談をすることをおすすめします。

転職エージェントは、キャリア相談から転職の方向性、希望年収などをヒアリングし、客観的なアドバイスをしてくれる上に転職先の案件を探してきてくれます。勤めながらの転職活動は、なかなか時間が無く求人を探すのは難しいもの。エージェントを利用することで、時間を節約しながら、自分の希望する職場を探せます。

内定~入社まで無料でサポートしてくれるので、これを使わない手はありません。

また、転職エージェントは求人をかけている各企業の風土や労働環境を熟知しています。
エージェントを使うことで下記のことが詳しく知ることができ「お祈りばかりでもう嫌だ!」という転職ナーバスを回避することが出来ます。

・ 求人企業の社風や雰囲気
・ 求人企業や業界の成長性・動向
・ 入社後のキャリアパス
・ 書類選考通過/面接通過の難易度・通過率
・ 採用のポイント
・ 働く環境(平均残業時間・育児休業取得実績など)など

「転職したいけど、まだどんな仕事がしたいか思いつかないな…」
という人は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする