独身はドコモと格安SIMどっちが安い?ドコモ最安プランとLINEモバイルを比較

固定費の中で最も高いスマホ代。

何も考えず、3大キャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)を惰性で使っていると、
月7000円以上の固定費が毎月かかってしまいます。

しかし、今は格安SIMが誕生して、ドコモの値下げプランも出てきたのでグッと節約出来るようになりました。

それでもプランは複雑怪奇で、ぶっちゃけ分かりにくいです。

そこで今回は

「独身は、格安SIMとドコモの最安プランはどっちがお得なの?」

という私のケースに当てはめて、お得なプランを分かりやすく紹介します。

ドコモ最安プランとLINEモバイルを比較

今回は

ドコモ最安プラン と LINEモバイル

を比較します。

LINEモバイルを選んだ理由は、格安SIMの中で唯一、LINEの年齢認証・ID検索に対応しているからです。

他の格安SIMはこれが出来ないので超不便です。

ラインは、年齢認証をしないとID検索に対応しません。

つまり、他の人があなたのラインに友達申請しようとしても、IDから検索出来なくなってしまうのです。

ラインIDを交換する時に、いちいちフルフルするか、相手のID検索をして申請しないといけないので超だるいです。

回線速度や値段、プラン等もさすが大手LINE社だけあって安定していますから、格安SIMナンバーワンおすすめとして推薦するなら、LINEモバイルが一番最適でしょう。

という訳で比較結果を紹介します。

※:ドコモの料金は下記の「かんたんシミュレーション(ドコモ公式)」を使って計算しています。

・ドコモ かんたん料金シミュレーション

ドコモ最安プラン

月3,400円:2GB利用可
月4,700円:5GB利用可

【補足】

ドコモwith利用
ドコモ歴15年以上で設定
カケホーダイライトプラン
(5分以内の通話無料。それ以降は30秒20円)

LINEモバイル最安プラン

月1,690円:3GB利用可
月2,220円:5GB利用可

【補足】

コミュニケーションプラン選択

LINE、Twitter、Facebook、Instagramの通信無料
通話料は30秒20円

結論:LINEモバイルのが安い

LINEモバイルの方が圧倒的に安いです。

ドコモ15年以上の長期割引を使っても格安SIMにここまで離されるって、酷すぎる…

LINEモバイルは、特典として4つのSNS通信が無料(ギガを食わない)なので、圧倒的ですね。

ドコモはシンプルプランというカケホーダイじゃない最安プランがあるのですが、そちらを選ぶとシェアパック(家族でギガを分け合うプラン)が必須でついてくるので、独身の場合、かなり割高になってしまいます。

独身でもシンプルプランが選べれば良い勝負になるんですけどね…

ただ!
ドコモの方が勝っているプランもあります。

それが【20GBプラン】にした時です。

ドコモの方がお得なケース

ドコモ最安プラン(20GBの場合)

月5,700円(20GB利用可)

【補足】
ドコモwith利用
ドコモ歴15年以上で設定
カケホーダイライトプラン
(5分以内の通話無料。それ以降は30秒20円)

LINEモバイル最安プラン(20GBの場合)

10GBで月3,220円。それ以降は1GB追加毎に1,000円になります。

つまり

月1万3,220円(20GB利用可)

アホくさ! 比較するまでも無いですね。

…という訳で

月10GB以上使う:ドコモの方がお得

それ以外:LINEモバイルの方が超お得

これが結論になります。

家にWifiが無くて、スマホ一本でネット環境を済ませるなら、ドコモの20GBプランか30GBプランが一番お得ですね。

テザリング通信でパソコンをスマホ経由でネット接続する事も出来ますからね。

毎月、10GB以下しか使わないならLINEモバイルで十分です。

ドコモwithって何?

対応機種を買うと、月額費が永遠に1,500円割引になるドコモの格安SIM潰しのための新プランです。

要するに

『俺様が推してるスマホ本体を買ったら、しょ~がねぇから月額費を1,500円下げてやるよ』

というドコモお馴染みの殿様商売プランです。

まぁ月額費を下げるだけ、昔より殿様感は下がってますね。

対応機種はGalaxy Feel SC-04J(ギャラクシー)やarrows Be F-05J(アローズビー)など5機種ほど。

対応機種の詳細は、ドコモの下記のページを見て下さい。

・ドコモ スマートフォン docomo with対象機種

ぶっちゃけGalaxy以外は日本製の駄目スマホばっかりなんでiPhone持ってるなら買う価値ゼロですw

iPhoneは一切対応していないという不便さ。ドコモはやる気あるんですかね…?

ドコモwithを適用するためには、これらの対応機種を買わないといけません。

ただし、スマホ本体を購入するだけで良いので、購入後はドコモのSIMカードをSIMフリーiPhoneに差し替えて使う事は可能です。

↑この作業の意味が分からない人は、素直にドコモショップで

「ドコモwith対応の機種買うけど、シムフリーのiPhoneを使いたいです」

と言えばやり方を教えてもらえますよ。

購入した機種はメルカリでさっさと売ればOK。

だいたい3割引になってしまうので、1万円くらいの初期費用はかかると思います。

追記:

メルカリで調べたら、Galaxyは約1万2000円割引で取引成立している感じでした。

iPhoneでドコモwith適用するなら、1万2000円の初期費用が別途かかる…と考えたほうが良さそうです。

そこまでしないとドコモ最安プランは選べないので、まだまだ格安SIMの方が安いですね。

今後、ドコモwithがiPhoneに対応すればいいんですがね~。やらないだろうなぁ…

親世代がスマホ持ちたいならドコモwithでいいと思う

スマホの事なんてサッパリ分からないけどスマホ持ちたい!という50代~60代は多いです。

そういった親世代はドコモwithで日本製スマホなりギャラクシーで安く済ませるには便利ですね。

何だかんだ、ドコモショップで直接色々聞けるというのは安心感があります。

特に親世代は、故障するとすぐショップに行きますからね。格安SIMはショップが無いのが普通なので、サポート面ではドコモの方が有利です。

『ネットで調べる』という事が出来ない人も、素直にドコモで良いと思います。

ドコモの割高な月額費はショップでのサポート代ですからね。

家族持ちになったらドコモも検討できるレベルになる

結婚して世帯が二人になった場合は、ドコモのシンプルプラン+シェアパックが使えるので、少しはドコモを使う価値が出てきます。

シェアパック10GBプラン(2人で10GBまで使えるプラン)なら、最安プランで1人4000円のスマホ代で運用出来ます。

ま~、それでも格安SIMより高いですが、家族プランの方が優遇されてるので検討の余地はありますね。

関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする