派遣で働くメリット4つ。目標やノルマが無いから気楽

派遣社員というと、正社員に比べて雇用が弱い、キャリアにならない…等々、悪い点がしばしば上げられますが、正社員には無いメリットもあります。

例えば、業務目標や営業ノルマを課されない。

正社員ですと厳しく目標管理などを設定されて、数字に追いかけられる事もありますが、派遣社員の場合は『その会社に属している訳ではない』ので、そういった重圧を避ける事ができます。

また、派遣先がイマイチ肌に合わなければ、契約毎に職場を変える事も簡単です。

今回は、上記のような派遣で働くメリットを紹介します。

派遣は正社員に比べて残業が少ない

フルタイムで働く中で、一番キツイものといえば残業です。
残業代が出ると言っても、毎日、夜20時~21時まで仕事をしていれば疲れはたまります。

これがブラック企業で残業代ナシ。毎日終電…なんてことになると、もう最悪ですよね。

派遣社員は、職場を選べるので残業ナシの会社に入ることが出来ます。

また、派遣社員は正社員と違ってサービス残業を強いることが出来ませんから、基本的に経営者は定時で帰せるポジションにしか派遣を使いません。

もし残業が多かったり、派遣にまでサービス残業を強いる事があれば、担当者に言って派遣先を変更すればいいのですから、身軽ですね。

正社員ですと、その会社に属している分、逃げる事は出来ません。
辞めるか、残業を受け入れるか…理不尽な選択を強いられます。

身軽ゆえに残業に縛られないのは、派遣で働くメリットと言えるでしょう。

長期休暇を取る事が出来る

正社員として働いていると、なかなか1ヶ月~2ヶ月休んで海外旅行!なんて事は出来ませんよね。

派遣社員ですと、契約終了後に一時的に仕事を受けず休む事も可能です。
正社員と違って縛りがないので、休むタイミングや仕事復帰するタイミングも選べます。

もちろん、正社員の有給休暇と違ってお金は貰えませんが、時間の自由さでは派遣社員の方が圧倒的に上です。

仕事のプレッシャーが小さい

最初に書いたとおり、派遣社員は正社員と違ってノルマを課されたりコアな仕事を任される事はありません。

そのため「正社員は仕事のプレッシャーがキツい…」という人でも気楽に働けます。

悪く言えば代えの効く仕事ですが、ストレスで潰される心配がないので、どうしても正社員が続かない人でもしっかり働けるというメリットがあります。

また、出産や育児でしばらく仕事から離れていた人のリハビリにも丁度よいです。

派遣は半年~1年といった短期間でも働けますし、それで辞めても「短期離職」というマイナスはつかないので気軽に働けます。

大企業に派遣されると待遇が良い

大企業に派遣されると、待遇がグッと良くなります。
会社の福利厚生を利用できたり、大企業に勤める優秀な人と会う機会も増えますから勉強になります。

場合によっては、大企業の社員さんと結婚できるケースも…

大企業は新卒でないと、なかなか働ける機会がありませんが、派遣社員ですとサッと入れますよ。

おすすめの派遣会社はテンプスタッフです。

派遣といえばテンプスタッフ!カンタン無料登録!



テンプスタッフは転職エージェント二番手のDODA(株式会社パーソルキャリア)を吸収し、現在、リクナビ派遣を追いかける二番手の派遣会社です。

営業社員の対応が良く、大企業とのパイプもあるので待遇の良い求人を持ってきてくれます。
初めて派遣で働く人でも、丁寧に教えてくれるので、派遣で働くならまずはテンプスタッフでやってみる事をおすすめします。

関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする