日本は社畜社会。ストレスに潰されない為には仕事してる自分に酔うか商売人になるしかない

 日本は社畜社会だと言うことは、もう2000年初期から言われており、リーマンショック、アベノミクスを経てなお、それは改善も改悪もしていません。

 サービス残業や過労死は一定ペースで発生し、満員電車も平常運転。
(実質賃金は目減りしていますが、今回は賃金については言及しません)

 社畜になれなかった人は、行き場をなくし引きこもるかフリーターになるか…。
 そこまで社畜アレルギーが酷くない人は契約社員で頑張っているか、といったところ。

 しかし、相も変わらず、非正規雇用は人にあらずと言わんばかりに、会社に尽くしている社畜が「勝ち組と負け組」「上と下」を勝手に作り上げています。

 今回は、日本の労働社会、労働文化について語ります。

日本社会は社畜になるか自力で生きるかの二択です

 日本の進路は実に狭いです。
 極端な話、会社勤めをする社畜になるか、それとも自営業や起業で生きる商売人になるか。

 この二択しかありません。

 親が資産家でもない限り、ニートや無職では生きていけません。
 そのため、最終的には働くことを選ぶのですが、働くといっても前述したとおり、シンプルな二択になります。

 しかし、日本社会では、後者の商売人として生きるノウハウは学校では教えてくれません。

 学校で教えられるのは、社畜として必須項目である集団行動。
 そして学歴、忍耐、就活の方法といった社畜向けノウハウです。

 当然でしょう。
 経営者からしたら、社畜を育ててくれた方が都合が良いですからね。

 しかし、皆が皆、社畜として適応出来るわけではありません。

 集団行動が嫌いな人もいますし、協調性が人より劣っている人もいます。
 尖った個性を持った人もいます。

 そういった人々はレールから弾き出され、厳しい道を自力で歩む必要が出てきます。

社畜も楽じゃない。

 会社員になれば、会社の資産・名声といったバックグラウンドを得ることができるので、生活が安定します。
 社会的な信用力もさることながら、長期的な収入も確保することが出来ます。

 しかし、そのためには会社という組織で生き残らなければいけません。

 会社の命令は絶対。
 サービス残業や付き合い、接待を受け入れ、人間関係の問題にも上手に対処していかなければいけません。

 当然、厳しい環境ですから脱落者も出てきます。

 結局、社畜として生き延びるのは、妥協に妥協を重ねた人か、自分に酔っているナルシストな社畜なのです。

社畜を脱出したいなら、自分の意思で物事を決定する判断力を身に着けよう

 こうした社畜を脱出したいなら、自分の意志で物事を判断しなければいけません。

 上からの命令や組織での立場を第一に考えるのではなく、自分自身の答えを持ち、動くしか無いのです。

 組織に属していると、倫理観や当たり前の常識を忘れてしまうことがあります。

 それゆえ、過労死や職場いじめが起こるのです。

 そんな社畜にならないためにも、自分の意思をしっかり持って仕事に取り組みましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする