栄養士を辞めたい人は転職をして働きやすい環境に逃げよう!ブラックな給食委託会社の実態

f:id:moguhausu2:20160716192453j:plain
 栄養士は女性に人気の資格で、病院や食道、給食委託会社などへの就職に役立ちますが、待遇が悪いケースが多く問題になっています。

「給食委託会社に入社したら、残業代ナシ・休憩ナシのブラックな環境だった」
「女社会で、ボスのおばさんにいじめられた」
「立ちっぱなしで腰を壊した」

 などなど、特に管理栄養士、給食委託会社などではこういった怖い話を耳にします。

 実際に、いま現在、栄養士(管理栄養士)として働いていて、こういった辛い環境にいる方は「栄養士辞めたい…」と悩んでいるのではないでしょうか?

 断言しますが、もし栄養士として働いていく自信がないのであれば、さっさと退職をして転職活動をするべきです。

 異業種の転職なら早ければ早いほど良いですし、身体や精神が壊れるまで頑張っても、何も良いことはありません。

 栄養士、管理栄養士の待遇は、今後も上がる見込みはありません。

 薬剤師のように国に守られた「製薬」の世界にいる訳でもなく、医者や弁護士のように高年収な訳でもないので、やりがいや居場所を見出だせないのであれば、栄養士を続けるのは厳しい選択肢と言えます。

 もちろん、栄養士の職場環境は会社によりけりなので、同職種で別会社に転職するのも選択肢として有力です。

 とにかく「今の職場で頑張らないと。。」と自分を縛ってしまうことだけは避けて「キツかったら転職してもいいんだ」という視点を持ちましょう。

 今回は、栄養士を辞めたい人向けの転職ノウハウ、心構えについて紹介します。

栄養士(管理栄養士)がキツイ理由

f:id:moguhausu2:20160630101430j:plain
 栄養士の仕事がキツイ理由、辞めたくなる理由として多いのは

1:10時間以上立ちっぱなし(例:朝7時から夜7時まで)肉体的にキツイ!

2:職場にいる管理栄養士は1人~2人なので、発注や検品、調理や事務まですべて自分一人でこなす必要がある

3:管理職(指導・指示する立場)なので年上のおばちゃんにも厳しく当たる必要があり、人間関係が難しい

4:労働量・責任感の割に給料が低い

 上記の4点です。

 栄養士を辞めたい理由は、こうして見てみると介護職や保育士の辞めたい理由と似ています。

 資格職なのに労働環境が劣悪。
 常に人手不足なので、職には困らないが、待遇が悪いので意味が無い…。

 栄養士・管理栄養士の資格を取ったのに、こんな状況では、とても働く気にはなれませんよね。

 新卒で入った子がいきなり管理職なんて言われても、出来るはずがありません。
 正直、他業種から見れば「むちゃくちゃ」です。

 栄養士を辞めたい…と周囲に相談すると「栄養士を辞めても他で通用しないよ、甘いよ」と説教されることがあると思いますが、少なくとも他業種では、いきなり管理職で年上に指示を出してバリバリ働くスーパーマンのような事は要求されません。

 よって、栄養士を辞めたいと思ったら、他業種への転職はもちろん、労働環境が悪いから他社に同業種転職などの選択肢を積極的に考えましょう。

 我慢しても、結局、傷つくのは自分だけです。
 無理そうだ、と感じたら早めの方向転換が大切です。

事務職や営業職、販売職など別業務への転職を考えてみよう

f:id:moguhausu2:20160308115524j:plain
 栄養士の資格を捨てて他業種で働くことは、今まで勉強してきたことが無駄になる気がして、躊躇する人も多いでしょう。

 しかし、栄養士になるために培ってきた努力は、決して無駄になりません。
 例えば食品メーカーの営業になれば、栄養士の知識が役に立ちます。青汁・健康食品メーカー営業や、はたまた美容器具・化粧品の販売員だって、トーク中に栄養士としての知識を活かせば、商談がスムーズに進みますよね。

 栄養士の知識は、栄養士として働かないと意味が無い…と思うのは大きな勘違いです。

 どんな職種でも、知識は強い武器になります。
 事務職であっても、栄養士で培った「数字(成分)に強い」「細かな点まで気を配る」といったスキルが活かせます。

 間違っても「栄養士はキツイので他業種への転職を希望しました」なんて言わないで下さい。
 内定が遠のきます。

 栄養士になるために勉強してきたけれど、その知識を活かして新しいフィールドに挑戦したくなった、といった感じに前向きな転職理由をつければ、他業種への転職は十分可能ですし、栄養士として学んできた知識も無駄になりませんよ。

転職の方向性やノウハウはプロの転職エージェントに教えてもらおう

f:id:moguhausu2:20160205102355j:plain
「転職っていっても、何をすればいいのか分からない」
「栄養士の知識を活かせる転職先って、どんなとこがあるんだろう?」
「同業種転職をしたいけど、良い条件の求人を効率的に探したい」

 こういった悩みを抱えている方は、無料で利用できる転職エージェントを活用しましょう。

 転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。

 また、転職エージェントは、転職のプロですから、未経験での転職や短期離職などのネックがあっても内定が取れるフォロー方法をしっかり教えてくれます。

 求人紹介はもちろん、会社の社風・残業時間など内部情報の調査。履歴書・職務経歴書作成やキャリアプランの吟味など、転職の準備は大変ですが、プロである転職エージェントを活用すると、ここの負担をグッと減らすことが出来ます。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 在職中でも利用・相談ができるので、まだ転職するか迷っている人でもお試しで利用できますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 ぜひ転職エージェントを活用して、転職・就職を成功させましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする