日本の就活が辛い理由。仕事=金を稼ぐ事なのに自己実現を絡めるから新卒が戸惑う

 日本の就活って、どうにも精神的に辛いですよね。
 既に行きたい企業や業界が決まっていて、スムーズに内定が取れる優等生はさておき、

「どんな仕事がしたいか分からない」
「内定が出ない、どうしよう」
「自分だけ出遅れている気がする」

 といった不安を抱える一般的な就活生は、もう新卒採用って何なんだ、と切れたくなるのも無理はありません。

 もともと、就職なんて昔の方がシンプルで

「なるべく大企業、安定した企業に入るぞ~」

 とか

「先輩がいるから、あの会社にしよう!」

 なーんて、それこそ悩む事なく適当に就職先を決めていたものです。

 しかし、就活がビジネスと化して、さらにキャリアプランやら手に職やら、色々と複雑化した昨今、選択肢が多すぎて逆に学生が苦しんでいるのが実情です。

 

 新卒一括採用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする