19歳フリーターが正社員に就職する方法。働きやすい会社の選び方やオススメ転職サイトとは?

f:id:moguhausu2:20160205102355j:plain
 19歳でフリーターをしている人の多くは「バイトだけでもやっていける」と思って気楽に働いています。
 しかし、中卒、高校中退、高卒、大学中退…どんな学歴・立場であっても、フリーターというのはダラダラ続けるべきものではありません。

 なぜなら、フリーターは「夢や目標のために」やっているなら良いのですが、明確な理由なくフリーターとしてバイトをしているだけなら、長期的に見て必ず損をする職業だからです。

 それは、男性のみならず、結婚して主婦になればいいや! と考えている女性であっても同じです。

 なぜ、フリーターは損をする職業なのでしょうか?

 そして、19歳でフリーターの人が正社員に就職するには、どうアプローチすればいいのでしょうか?

 今回は、19歳フリーターから正社員に就職するべき理由と方法、働きやすい職場を探すコツを紹介します。

フリーターは企業から見たら消耗品に過ぎない

f:id:moguhausu2:20160424171155j:plain
 例えアルバイトでも、人間関係が良かったり、仕事にやりがいが見いだせるのなら長く続けられますよね。

 しかし、いくら良い職場環境であっても、企業から見ればフリーターは消耗品、安い労働力にしか過ぎないのです。

 19歳であれば、まだまだ不安を大きく感じることは無いかもしれません。
(将来に不安を感じて、検索をしてこの記事にたどり着いた方は、そうではないと思いますが)

 しかし、日本では年を追うごとに正社員とフリーター・派遣といった非正規雇用者との格差は広がっています。

 政府の調査によると、正社員とフリーターの年収差は200万円以上。年を取ると300万以上にもなるそうです。

 25歳、30歳、35歳…と歳を重ねていった時、正社員ならば雇用も安定しており、給料も少しずつ上がっていくでしょう。
 仮に勤めている会社が倒産して就職活動をしなければならない状況になっても『正社員として働いた』経験があれば、それだけでフリーターや派遣社員より有利になります。

 フリーターや派遣の仕事は、誰でも出来る仕事、スキルが身につかない仕事として見られており、どんなに頑張っても社会では評価されません。

 ミュージシャンや作家、イラストレーターなど、社会評価より技術・作品の評価が重要視される仕事なら、フリーターを何年やろうと関係ありません。

 しかし、普通の会社で安定した仕事がしたい。将来、結婚したい。安定した正社員で家族を安心させたい…といったことを望むなら、早い段階でフリーターを辞めて正社員を目指すべきです。

就活は出来るだけ早く始めるべき理由

 いきなりアルバイトを辞める必要はありません。
 バイトをしながら就職活動をして、内定が出てからアルバイトを辞めることも可能です。
 まとまった貯金が出来てからでも、構いません。

 就職活動をはじめるタイミングは、いつでもOKなのです。

 しかし、一つだけ明確に言えることは、フリーターから就活をはじめる年齢は若ければ若いほうが良い…ということです。
 10代、20代のうちなら、求人もたくさんありますし「年下の上司」や「年下の先輩」といった気まずい要因を避けることが出来ます。

 これが30代に入ると、求人はほとんどなくなり、内定が取れてもブラック企業ばかり、という事になってしまいます。
 19歳なら、フリーターから正社員になるのは難しいことではないので、ぜひ正社員の就活について調べてみましょう。

ブラック企業を避けて働きやすい会社を探すコツ

f:id:moguhausu2:20160109230227j:plain
 しかし、正社員の内定を得るのは簡単ではありません。

 正社員は雇用が強い、つまり簡単にクビにならない代わりに、採用ハードルは高い傾向にあります。
 企業からすれば、正社員を雇う負担は大きく、出来れば3年以上、長期にわたって働いて戦力になってほしいと思っています。

 アルバイトのように、誰にでも出来る仕事だから入れ替わりが激しくてもOK…という訳ではないのです。

 ですから、せっかく就活のやる気を出して、就活を始めても、面接に受からず嫌になってしまいフリーターに戻る…というケースも少なくありません。

 就活は、面接時でのノウハウなどを勉強してから挑まないと、内定が出ません。

 またブラック企業などに引っかかってしまうと、せっかく内定が取れても、入社したら長時間労働+安い給料で、バイトしてた方がマシだった…という事になってしまいます。

1:就活のノウハウをしっかり勉強する。
2:ブラック企業を避けて働きやすい求人を探す。

 この二点が、就活における大きなハードルです。

 しかし、実は、この2つをいっぺんにクリア出来る就活サービスがあるのです。

 それはフリーター、派遣社員からの就職活動もサポートしてくれる若者向けの転職エージェントを利用する方法です。

転職エージェントに就職活動を手伝ってもらおう

f:id:moguhausu2:20160320213756j:plain
 正社員の就活を効率良くこなうなら、プロであるエージェントサービスを利用するのがおすすめです。

 現在は一部の転職エージェントにおいて既卒・フリーターなど社会人経験のない20代の人材の就活サポートをするエージェントが増えてきました。

 求人探しや、書類作成のハードルが高い就職活動ですが、プロである転職エージェントを活用することで、ここの負担をグッと減らすことが出来ます。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

 上記は入力の一例です。

 上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
 外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
 例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする