ダメな会社を見切り働きやすい会社に転職する方法。退職のタイミングについて

f:id:moguhausu2:20160320213756j:plain
 ダメな会社に入ってしまった方、または今いる会社の人員が変わりダメな会社になってしまったケースでは、会社に居続けることはリスクにつながります。

 ダメな会社とは、一概にこれという法則はありませんが、代表的な例としては下記のようなものがあります。

・経営者がワンマン体制で、かつ無能
・経営者が人材を大切に扱っていない
・経営陣の慣れ合い・派閥色が強くカリスマ的存在がいない
・20代後半~30代前半のエースがどんどん退職している
・問題のある上司が権力を持っている
・給与の遅延が起こっている
・経営が傾いている
・脱税疑惑が上がっている
・横領疑惑が上がっている
・新入社員を放置している。

 こういった条件に該当している場合、すぐに会社に見切りをつけて転職をするべきと言えます。

「まだ入社したばかりだから」
「もう30代だから転職はリスクが高い」

 なんて事を言っていると、退職のタイミングを失い、泥船と共に沈むことになってしまいますよ。

 今回はダメな会社を見切り働きやすい会社に転職する方法について紹介します。

上が腐れば優秀な人から抜けていく

 会社の雰囲気を決定するのは経営陣です。経営陣が方針を明確にし、会社のことを考えて動いているなら、会社の屋台骨はしっかりしたものになります。

 しかし、経営陣が私利私欲や保身に重点を置いて経営をすると、凄い勢いで会社は傾いていきます。
 まず現場の不満がたまり、優秀な現場の方が経営陣と対立して去っていきます。組織では経営陣が最も権力を持っていますから、いくら現場の優秀な人が声を上げても改善はありません。

 それどころか、上に逆らう不届き者として排除されるでしょう。

 そうなると、優秀な人は実績がありますから、他社に転職していきます。
 優秀な人のあなぬけにより、現場は混乱し、効率性も士気も下がり、どんどん後に続いて退職する人が増えていきます。

 こうなると、残っていた人がババを引くことになります。
 仕事はどんどん残っている人に集中し、経営陣が穴埋めに連れてきた新入社員を教育しなければならず、歯車が完全に壊れた状態になります。

 そうなれば、たとえあなたが入社1年目の新人であっても、30代であっても、転職した方が楽、という状況になります。
 すなわち転職のリスクと会社に居続けるリスクが逆転するのです。

 上が腐り、優秀な人が辞める…となったら、退職のタイミングと言えるでしょう。
 遅れずに退職の連鎖に乗っかることが重要です。

倒産する会社に居ても良いことは一つもない

 会社が倒産の危機にある場合はもっと最悪で、給与の未払いなどに遭遇する危険性があります。
 会社が倒産する時、経営者が何を考えるかというと、保身です。会社の財産をなるべく自身のものに変えて、倒産時に一気に逃げ切る体制を作るのが倒産間際の社長の行動です。

 給与だけは支払う、という男気のある社長ならともかく、倒産して夜逃げ、給与未払いというオチを迎える会社は少なくありません。

 もし、給与の遅延が一度でも起きたら、それはもう会社は倒産間近、ということを認識するべきでしょう。
 そしてタダ働きをさせられる前に、退職して別の会社に逃げることが重要です。

 会社が倒産すれば、会社都合での退職になりますが、給与遅延の時点でハローワークに相談すれば会社都合にすることが出来ます。

 倒産まで待ってから再就職のための就活を始めるのと、早めに転職の準備をするのとでは精神的なプレッシャーが全然違います。

「この会社はもうだめかもしれない」

 と感じたら、早め早めに転職活動をしておくのがオススメです。

会社に問題がなくても上司に問題があれば会社はダメ会社になる

 会社そのものがしっかりしていても、現場にダメ上司がいて、さらに経営陣がダメ上司に対して何も手を出せないようであれば、それもまたダメ会社と言えるでしょう。

 例えば、仕事も出来ないのに社員を怒鳴り散らすモンスター上司がいたとしましょう。
 彼は経営陣とコネがあり、現場に居座っています。
 そうなると、上司が会社から消えるのはほぼあり得ない。今の会社に勤め続けるなら、現場のストレス要因である彼と一生仕事をしていかなければならない…ということになります。

 そのストレスと、転職のリスクを天秤にかけたら、実は転職の方がずっと幸せになれる…というケースが多いのです。

 職場の人間関係のストレスは、深刻な問題です。
 転職理由の第一位は、いつの時代も「人間関係」です。人間関係の問題を甘くみず、会社の経営状況が健全であったとしても、ダメ上司が居座っているようなら、適当なタイミングで見切りをつけましょう。

 ダメな上司ほど、会社にしがみつくものです。
 そして、やはり優秀な人が抜けやすい環境になるので、現場の負担はますます大きくなるでしょう。

 人間関係は転職でしか変えることはできません。転職という選択肢を前向きに考えておきましょう。

 しかし、それでも転職において内定が出るかどうかは不確定ですし、いざ転職となると不安のほうが大きくなってしまいますよね。

 また、履歴書や職務履歴書の書き方・強調すべきポイントなどは知識が必要で、コツを掴むには時間と手間がかかります。

 そこでオススメなのが、転職エージェントに登録して、無料相談&無料転職サポートを受ける方法です。

プロである転職エージェントに転職をサポートしてもらおう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain

 転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする