社会人がキャリアアップを目指すなら自己投資を恐れない事が大切。ビジネススクールなどで勉強するなら若いうちがベストです

f:id:moguhausu2:20151130210950j:plain
キャリアアップを真剣に考える場合は借金を恐れてはいけません。
なぜなら、長期的に経営幹部を目指すくらいのビジョンがある場合は、投資感覚は必ず必要となるからです。例えば、MBA取得やビジネススキルを伸ばすスクールが注目を集めていますが、このスクールで学ぶ場合、お金に余裕ができてくる30代になってから学ぶのと、ほとんど貯金の無い20代前半で学ぶのとではどちらの投資効果が高いと思いますか。

間違いなく後者ですよね。
転職でキャリアアップを考えているのであれば、35歳までにそれが完結する計画をつくらなければなりません。ですからビジネススクールに通うのであれば、多少の借金を恐れてはいけないのです。

人脈形成だって同じです。この投資感覚があるかどうかで、つながる縁が全く違ってくるのです。
そこで今回は、サラリーマンだからこそ考えるべき効果的な借金の仕方についてお伝えします。


ビジネススクールには何歳までに入学すべきなのか

投資感覚をもって、ビジネスマンとしてのキャリアをはじめるのか、それとも借金=怖いもの、と思いキャリアをはじめるかでその結果は全く違ったものになります。冒頭でもお伝えしたビジネススクールのように、スクールの価値を最大化できるのは、若さにあります。

若いのに、MBAを持っている。若いのに、クリティカルシンキングを体得していて、フレームワーク思考を尋常じゃないくらい使いこなせている。そういう人材は価値が高いのです。何故ならほとんどの若手ビジネスマンはそういったスキルを習得していないからです。

ビジネスマンの価値は希少性で決まります。
ですから、20代の早い時期で卓越したビジネススキルを身につけられたら、それだけで好条件の仕事につける可能性が飛躍的に高まるのです。

ところがこういったビジネススキルを30代、40代以降で身につけたとしたらどうでしょうか。希少性という視点でみればそれは珍しいことではなくなります。そして基本的に一流企業の一般職の転職枠は35歳で閉じられますから、転職市場ではせっかく身につけたビジネススキルもほとんど価値を持たないのです。

もちろん、現職でのスキルの評価は上がる可能性が高いですが、特別な人脈などが無ければ、キャリアアップとなりにくいのです。そうなると投資効果としてはリターンが少ないですよね。

ですからビジネススクールに入るなら、遅くとも、32歳までに入学すべきでしょう。時は金なりという言葉もありますが、もし今お金が無くてもそういったビジネススキルを習得する必要があると思えば、借金を恐れずに自己投資の感覚を持ちましょう。その方がビジネスマンとして成功できる可能性が高まるのです。

自己投資の感覚を身につけよう

ビジネススクールの例でお伝えしたように健全なサラリーマン生活を送る為には自己投 資の感覚が必要です。借金は普通に考えたら金利や手数料に抵抗感を覚える人も多いでしょうが、人生の中で借金を全く経験せずに過ごす人は、実はほとんどいません。

現在大金持ちと呼ばれているような経営者であっても無借金で経営をしている人などほとんどいません。それよりもむしろ、どれだけ適切なタイミングで借入れして事業を加速できるかを考えるわけですから、借金を恐れている場合ではないのです。

個人でも生活していれば、突発的に予期せぬお金が必要になる時があります。それは事故や病気かもしれないし、子供の大学入試かもしれない。そういった機会に借金は嫌だからとお金をかけずに乗り越えようとする人生は発展的とはいえないですよね。

これは経営者と家庭生活の一例ですが、サラリーマンにも同じ感覚が必要です。ここぞというタイミングで借金を決断できる勇気がサラリーマン生活を充実したものにしていくのです。

今回は自己投資についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。
自己投資と言う感覚で借りるお金なら、人生において決してマイナスだけではないですよね。ビジネスマンとしてキャリアアップを考えている場合は、自己投資の感覚を取り入れていきましょう。

関連リンク:オススメの転職エージェントは?

転職で年収アップを狙う、キャリアアップのための転職を考えている人は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。
転職エージェントは、無料で利用出来て、業界の動きや転職可能な求人などをしっかり教えてくれます。これから伸びる業界や、あなたのキャリアでどんな企業に応募が可能なのか、プロの目線からキャリアプランに関するアドバイスをしてくれます。

オススメの転職エージェントや、評判、利用方法など下記の記事にまとめてありますので、参考にして下さい。

www.hazimetetensyoku.com

転職で年収を上げることは、今や日本でも当たり前に行われています。
キャリアアップ転職を成功させるには、何よりも転職市場での情報を集めることが大事ですから、転職エージェントを活用するのが良いと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする