サラリーマンにオススメの不動産投資!民泊で年収を底上げする方法

f:id:moguhausu2:20151125124135j:plain
年収を上げる方法は、会社で昇給する以外にも様々なものがあります。
例えば副業やダブルワークなどが、取り組みやすいものですが、大家さんになってしまうという方法もあります。サラリーマンで大家さんになる方法といえば不動産投資ですが、実は似たように不動産を活用して年収を上げる方法はそれだけではありません。

今回は民泊システムの活用も含めて、年収を底上げする方法をお伝えします。


不動産投資に必要なお金はどうすれば準備できるのか

まずは不動産投資について考えていきましょう。不動産投資といえばハードルが高い印象を持たれる方も多いかもしれませんが、実はそんなことはありません。勿論基本的には潤沢な資産があって、その資産運用として不動産投資をしている人がほとんどですが、資金力が無くても不動産投資は始められるのです。

実は最初の投資費用を借り入れして不動産投資を始める方法もあるのです。当然、これだとかなりリスクを背負うので、確信的に成功する見込みがある物件を抑えられるまでは手は出せないでしょう。しかしながら、費用対効果が見込める物件に出会えた時は、こういった仕組みを上手く使えば成功する可能性があるでしょう。
資金が無い場合でも、一時的な借り入れをすれば、サラリーマンでも大家さんになれるのです。

不動産投資のメリット、デメリット

ではここからは不動産投資のメリットについて考えていきましょう。不動産投資のメリットは一度入居者が決まってしまえば、安定的に収入が発生するするところです。物件選びや、入居者を決めるまでは戦略的に動かなければなりませんが、入居者が決まればひとまずは安心です。

ですから、まとまった時間が捻出しにくいサラリーマンにとっては魅力的な投資方法の一つだと言えるでしょう。ではその反対にデメリットとしてどのようなものがあるのでしょうか。それは入居者が決まらなかった場合、借入金の返済で生活費を圧迫するかもしれない、という点です。

そして入居者が決まった後も完全に安心はできません。例えば店舗のテナントとして決まったとしても、その物件でトラブルが起きたら訴訟を起こされる可能性だってあります。ですから、不動産投資を始める時は、事業経営だという感覚も持っておいた方がいいでしょう。

そしてこういったデメリットには、優良な保険会社のサービスを使うなど、対策も必要になってくるでしょう。

民泊システムが人気の理由

先ほどお伝えしたように、不動産投資は成功すれば、長期的な収入が見込めて効率的ですが、一方でリスクもあります。そこで年収を上げる方法としてもう一つ知っておきたいのが、民泊というシステムです。

民泊システムは主に自宅の一式を宿泊できるように整えて、外国人観光客や旅行者を迎え入れるというもの。金額としては数千円~一万円程度の安価な宿泊料が相場ですが、空いている部屋の有効活用にもなり、連泊するような宿泊者がいれば、副収入として稼げる金額も大きくなってくるでしょう。

実例としては都心部から、田舎に移住した人が都内に所有している部屋を完全に民泊用に変えて、部屋を引き払わずに収入源にしているケースもあります。また、空き家の所有者がそこを有効活用する手段として民泊にしているケースもあります。

いろんな人とコミュニケーションすることが苦痛でない場合は、こういった形で月に何日かだけ民泊として部屋を貸し出すこと稼ぐこともできるのです。また世界的に有名なWEBサイト「Airbnb」に情報を登録するなど、WEBを上手く使えば効率的な集客も見込めるでしょう。

ここまで、大家さんとなり年収を底上げする方法をお伝えしましたが、いかがでしたか。
不動産投資も民泊システムの活用も上手くできれば年収を底上げできそうですよね。不動産投資は投資としての側面が強く、民泊は旅行者や滞在者との交流が増えてくるので、コミュニケーションが好きな方には向いているといえるでしょう。

いずれにせよ年収を上げるにはそれなりの努力が必要です。自分に合った方法を見極めて、取り組んでいきましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする