転職は情報を素早く分析できる「分析力」が成功のカギを握る!

f:id:moguhausu2:20151125124949j:plain
転職活動は、それをはじめる前の準備がどれだけできるのかが、重要になります。
何故なら転職活動はどういう「情報」をインプットできたのか、また、アウトプットできたかによって結果が決まるからです。ではその「情報」は細かく見ていけばどういった分類が出来るのでしょうか。

情報は二種類に分けて考えることができます。それは、内的な情報と外的な情報です。

内的な情報とはつまり、自己分析であり、自分の持っているリソースについての情報です。外的な情報とは、転職市場の動向や求人サイトに掲載される案件の情報や、SNS上の求人情報を指します。この二つの情報を上手く処理しないといけないのですが、転職が上手くいかない人はどちらかの情報を処理する作業に追われがちです。

例えば自己分析ばかりしていて、なかなか行動を起こせない場合もあります。その逆に自己分析をしっかりせず、焦りながら企業にエントリーしていっても、面接や書類で落とされてしまいがちです。

そこで今回は、この内的な情報と外的な情報を転職活動ではどのように集めて処理していけばいいのか、その方法についてお伝えします。


まずは自分の内面を見つめることからはじめよう

情報には二種類あるとお伝えしまたが、最初にしっかりと自分の中でまとめなければならな情報は内的な情報です。自己PR一つとっても、自己分析が出来ていないとつくり込めないですよね。

これは当然の事なのですが、自己分析は軽く見られがちです。その理由は、自分の過去を振り返り、分析していく作業と言うのは意外と時間がかかるということがあるでしょう。また、面倒な作業だと感じる人も少なくはないでしょう。

しかしながらこの自己分析を丁寧にすることは避けては通れません。厳密には避けようと思えば避けられるのですが、そのまま先に進んでいっても結局は戻って来なければならなくなります。自己分析ができていなければ行き詰ってしまうからです。それくらい自己分析は転職活動の基本であり、要となります。では自己分析とは具体的にどのような事をすればいいのでしょうか。

手法としては様々なものがありますが、基本はとにかく書き出す事です。前職での実績、成果、失敗、苦労した点、長所、短所、好きなもの、嫌いなモノ、学生時代に熱中したもの、項目はどんなものでもいいので、とにかく自分の人となりが分かる情報を箇条書きにしていきましょう。

そしてそれを客観視することで、自分の事を自分で客観的に語れるようになります。
それが出来るだけで面接の通過率は飛躍的に高まります。それだけでなく、どういう仕事をするべきか、どういう仕事がやりたいのか、そういった自分の本心にも出会えたりするのです。

ですからまずは自己分析をしっかりすることが転職活動のスタートとなります。

興味のある業界について徹底的に調べよう

さて、内的な情報つまり自己分析ができたらその次に調べることは、外的な情報です。まずは自己分析で明確になった興味のある業界をピックアップして業界情報を調べていきましょう。

調べ方もただインターネットを閲覧するだけではなくて、気になった情報はノートにまとめたりしながら、キーワードをメモして拾っていきましょう。そうしていくことで、業界知識も身についてくるのです。

実際にその業界で働いている知り合いがいたら、電話したり、直接会ったりして話を聞きましょう。そうやって業界の雰囲気がつかむことが大切です。それができたら、次にする作業は未来予測です。

これから勤め始めたとして、3年後、4年後、業界がどうなっていくかを予測するのです。せっかく就職できても、その業界そのものが廃れてしまえば、元も子もないですよね。ですからこの予測もしっかりとしておきましょう。
その際に、明らかに先行きが暗い場合は違う業界のリサーチをした方がいいでしょう。

現在(2015年11月時点)では、かなり急速なIT化とグローバル化の波があるので、その波に乗れているかどうか、見極めることがポイントです。それは当然、業界単位だけではなく、チャンクダウンして、企業単位で見極める必要があります。

何故なら変化に対応できる企業は、本業の低迷が予測出来ており、これからの時代に合わせた新規事業を育て始めている場合が多いからです。しかしながら、そういった企業の方向性といった詳細情報は求人サイトにはありません。

だからこそ、ある程度時間をかけて、業界分析そして企業研究をすることが必要なのです。それをしっかりしておけば、入社してから失敗したと感じるリスクを極力減らせるのです。

自分をどのように見せるべきかを判断しよう

いかがでしたでしょうか。
つまり、情報整理の順番としては、内的な情報を整えて、その後に外的な情報を取り入れたらいいのです。

そうしていくことで、どのように自分を見せればいいのか、その見せ方がはっきりしてくるのです。スムーズに転職したいと思う場合は、情報を処理する順番も意識していきましょう。

関連リンク:オススメの転職エージェントは?

転職に関して不安がある場合は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。
転職エージェントは、無料で利用出来て、業界の動きや転職可能な求人などをしっかり教えてくれます。これから伸びる業界や、あなたのキャリアでどんな企業に応募が可能なのか、プロの目線からキャリアプランに関するアドバイスをしてくれます。

オススメの転職エージェントや、評判、利用方法など下記の記事にまとめてありますので、参考にして下さい。

www.hazimetetensyoku.com

転職を成功させるには、何よりも転職市場での情報を集めることが大事ですから、転職エージェントを活用するのが良いと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする