優柔不断は転職において不利になるだけ!決断力を鍛えて後悔しない意思決定をする方法

f:id:moguhausu2:20151125123241j:plain
転職活動でチャンスを掴む為に決断力を高めよう。

優柔不断な男は女性から嫌われがちですが、転職活動においてもそれは同じです。
しかしながら魅力的な求人を同時に見つけた場合は、どちらにエントリーすべきか、悩んでしまいますよね。

普段、優柔不断じゃない人も転職活動が始まると優柔不断になってしまいがちなのです。ではその優柔不断な状態を一秒でも早く抜け出すためには、何が必要なのでしょうか。

優柔不断な自分から脱却するために必要なのは、決断力です。意思決定する力といってもいいでしょう。これを身につければ、優柔不断な自分から脱却できるのです。

そこで今回は、転職でチャンスを掴むための決断力を高める方法について紹介していきます。


今日が人生最後の日ならどうするか

「人生最後の日」、という言葉からは重たい印象を持たれるかもしれませんが、この人生全体を俯瞰した視点を持たない限り本当の決断は出来ません。何故なら人生は選択と決断の連続で成り立っているからです。

あなたが今日、どの会社にエントリーするのかで、この先の人生の八割が決まると言っても過言ではありません。それくらい決断とは人生において重要なものでなのです。更に決める内容が職業選択なわけですから、実は結婚相手を決めるのと同じくらいに重大な決断なるのです。

ですから、迷った場合はこう考えてみて下さい。「今日が人生最後の日だとしたら、私は本当はどうしたいのだろうか。」そうやって自分自身に問いかけるのです。そうすると、自分が本当にどうしたいのか、その本音に気づけます。

この先ずっと同じような日常が続くと考えていたら、「このままでもいいかな」と無職の自分を肯定したり、怠惰な感情に流されてしまいがちです。それは人間は本来は怠惰なものなので、仕方ないと言えばそれまでなのですが、それだと死の直前に後悔する可能性が高くなるでしょう。

だからこそ死を俯瞰して最良の選択を自分に問う事が必要になるのです。

死ぬ時に墓石に何と刻まれたいかを考えよう

先ほどもお伝えしたように、人生は最期の瞬間から俯瞰すれば自分の本心に触れやすくなります。また時間の有限性も感じられます。それが感じられたら、「今決断しないという決断」をするリスクがどれほどのものか、認識できるようになります。

その死を俯瞰する際に、効果的な問いかけが、「死ぬときに墓石に何と刻まれたいのか」を考えることです。アメリカのお墓には、その人の人生を表すメッセージがひと言で刻まれます。その墓石に怠惰なビジネスマンと刻まれたいのか、それとも、努力の人と刻まれたいのか、それとも優秀なデザイナーと刻まれたいのか。何と刻まれたいのかを考えてみましょう。

そうすれば、おのずと今この瞬間に、どういう選択をすべきかが見えてくるのです。そしてそうやって死んだ後まで俯瞰したところから出た決断にはエネルギーが入るのです。だから結果として、面接や入社試験で本領が発揮出来たりするのです。

ですから迷いが生じた際は、死後どのように呼ばれたいのか、という事まで考えてみましょう。

この先、後悔しないかどうかを見極めよう

ここまで死の瞬間を俯瞰する事で、決断力を高める方法をお伝えしましたが、いかがでしたか。
最期にお伝えする3つ目の方法は、もっとシンプルに、10年後、20年後の声を聞く方法です。10年後の自分に問いかけてみるのです。10年後の7私は、今の私にどうメッセージするだろうかと。その自分によくやった!と言われる決断はどういうものだろうか。それを考えるのです。

そうやって未来の自分からのメッセージを、自分の中で問いかけることで受け取るのです。何故なら思考の中なら時間は超えられるからです。時間を超越した問いを立てれば、決断力は高められます。実際に過去を振り返ってみていただきたいのですが、あの時こうしておけばよかったかも…と思うことってありますよね。その感覚です。
その感覚を意識して未来の自分から見た今の自分を見つめてみましょう。

そうすれば最良の決断ができるのです。決断の速度が上がれば、それだけチャンスを掴みやすくなります。もしも転職活動中に迷いが生じた場合は、この決断力を高める方法を実践してみましょう。

関連リンク:オススメの転職エージェントは?

転職に関して不安がある場合は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。
転職エージェントは、無料で利用出来て、業界の動きや転職可能な求人などをしっかり教えてくれます。これから伸びる業界や、あなたのキャリアでどんな企業に応募が可能なのか、プロの目線からキャリアプランに関するアドバイスをしてくれます。

オススメの転職エージェントや、評判、利用方法など下記の記事にまとめてありますので、参考にして下さい。

www.hazimetetensyoku.com

転職を成功させるには、何よりも転職市場での情報を集めることが大事ですから、転職エージェントを活用するのが良いと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする