30歳以上の転職に必要な首尾一貫した転職プランの考え方

f:id:moguhausu2:20150803140229j:plain
30歳という区切りを越えてきたら、転職活動の考え方も変えていかなければなりません。

何故ならプレイヤーとしての資質だけでなく、必ず管理者としての資質も問われるようになるからです。

つまりよほど専門的で特殊な技術を必要とされる職種でない限り、必ずマネージャーとしての資質が問われるということです。そう考えれば、20代のうちにリーダーや管理者の経験をしていることが非常にポイントになるわけですが、それが無ければ、無いなりの転職活動をしなければなりません。

そこで今回は30歳以上で転職するには、どのような転職プランを考えるべきなのか、ということについてお伝えします。


管理者としての資質を磨き上げよう

冒頭でも触れたことですが、30歳以上の転職で必ず問われるのは、リーダーや管理者としての資質です。
例え面接の現場でそういった経験に言及する質問がなかったとしても管理職候補として見られているということは意識した方がいいでしょう。ですから、20代でどのようなリーダー経験、管理者経験をしてきたのか、その経験を論理的に説明できるだけでなく、数値化してどこでもプレゼン出来るようにしておいた方がいいでしょう。

例えば部下の人数、管理職時代の売り上げ数字、目標の達成率、職種により必要な数字は異なるでしょうが、そういった経験を具体的にプレゼン出来るかどうかで、面接の通過率が大幅に違ってくるのです。

ではもし仮に、20代でリーダー経験がなかったとすれば、どうすればいいのでしょうか。
その場合は、とにかく人に何か教えた経験や、教育的立場に立った経験をマネジメント能力としてPRすることを考えましょう。例えば、後輩や部下を指導した経験があれば、その経験を管理者の資質として論理的に伝えるのです。

職務経歴書に、部下の指導育成経験と書けば、ポジションがマネージャーでなくとも、近い印象を感じますよね。とにかく30代~40代は社会の中で最も影響力が高く、また管理者という立ち位置を求められる年代でもあります。

30代で転職することを考えている場合は、どれだけリーダーとしての経験が積めるのか、ということに重きを置いてキャリアを形成していきましょう。

数字で具体的に話すだけでなく論理性を重視しよう

先ほどもお伝えしたように、管理者としての資質が見られているということは、基本的にビジネススキルも備わっていて当たり前だという前提で見られます。

営業職であれば売り上げを上げて当たり前、経理や事務であっても基本的なことは知っていて当たり前、という風に20代よりも確実にハードルが上がります。その持っていて当たり前なスキルとしてかなりポイントになるのが論理的なコミュニケーション能力です。
つまり数字を用いて矛盾なく、結論の後に根拠を話すといったロジカルなコミュニケーション能力が必須となるのです。

そしてそのスキルを持っていることを証明出来る機会が面接と職務経歴書の提出なのです。ですからまずが職務経歴書の文章や、自己PRの説明に論理性があるのかをしっかりと確認しておきましょう。

何故なら、どんな質問や確認がきたとしても、論理的に回答出来ることが求められるのですから。このように30代の転職は20代の頃よりも確実にハードルが上がります。しかしながらその分、転職に成功すれば順調なキャリアプランを歩めるだけでなく、適切な報酬を得られる可能性があるのです。

ですから30代で転職を考える際は、今までの自分のキャリアを棚卸しながら、その一貫性を論理的に説明出来るようにしていきましょう。

20代のキャリアとの一貫性を導き出そう

最期にお伝えするのは、一貫性についてです。
20代と30代の違いという点でお伝えすると、20代は様々な出来事を通して、自分がどういうキャリアをデザインしていくのか、それを模索して見つける為の経験を積む時期です。土台を固める時期と言い換えてもいいでしょう。

当然ですが、30歳になればそれと同じようなことをしていてはいけません。30代以降を勝ち抜いていく為には、これまでのキャリアから一貫性のある職業や会社選びをする必要があるのです。

例えば、20代の間にサービス業や営業職、コールセンターと色んな職歴があったとします。そういう場合、これらの経験は説明が無ければバラバラにしか見えませんが、たった一つの一貫性を見つけるだけで、見え方が全く変わるのです。

例えば「コミュニケーションスキルとマネジメント能力を磨く為に20代は色んな経験をしてきました、これからは以前の経験を活かして、売り上げUPに貢献していきたいと考えております。」こんな風に表現できればいかがでしょうか。
一貫性がないように見えたキャリアにも一貫性があるように映りますよね。採用担当者も20代でコミュニケーションとマネジメントスキルを磨いてきたんだな、と納得できるのです。

ですからポイントは今までのキャリアの中から一貫したものを見つけ出すことです。そして当然、それを伝えられるようにするだけではいけません。一貫したものが何かを導き出せたら、今後の転職でその道のプロとして極めていくことを考えましょう。それが30代以降の転職において一番大切なことなのです。

転職エージェントに登録して効率よく転職準備を開始しよう

30歳以上の転職は、若手の頃の転職活動とは進め方がガラリと変わりますから、プロである転職エージェントにアドバイスをしてもらいながら行うのが一番オススメです。

転職エージェントは、在職中でも土日でも利用することができ、求人者は無料でキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、年収アップ可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、転職のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、年収アップの確立がグッと上がります。

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

土日の面談にも対応しており、在職中でも登録してキャリア相談をすることが可能です。利用は無料ですから、気軽に登録して面談が予約出来ます。
非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする