派遣法改正から考えるこれからの派遣社員としての働き方

f:id:moguhausu2:20151022150209j:plain

平成27年9月より派遣法が改正されました。これから派遣社員としての働き方はどのように変化していくのでしょうか。また今現在派遣社員として働いている人はどのような点に注意すべきなのでしょうか。

今回はそういったことを含めて、派遣法改正によって変化した内容の中でも重要な項目をピックアップしながらご紹介していきます。


政令26業務が廃止された影響について考えよう

派遣法には以前からも派遣期間制限というものがありました。これは、派遣先が3年以上継続して派遣労働者を活用する場合は、クーリング期間が必要となるというもの。

これにより3年以上継続して同じ部署では派遣労働者を活用することはできにくい制度でした。しかしながら、政令26業務というものがあり、ある特定の専門的な技術を持つ業務であればその期間制限は受けないというものだったのです。

結果として専門的な技術を持つ、例えばソフトウェア開発者や機械設計のスペシャリストは期間制限は気にせずに何年でも働くことが出来たのです。しかしながら、今回の派遣法改正でこの政令26業務が廃止となりました。

結果としては専門的な職種であったとしても、その他の事務職と同じようにこれからは3年を超えて派遣労働者として働くことは出来なくなったのです。これは専門的な技術を持っていた立場の人からしたらネガティブな要素が大きいのかもしれません。しかしながら派遣法改正の影響はネガティブな側面だけではありません。その詳細を次の項目でお伝えしていきます。

派遣として働き始めたら長期的なキャリアプランを考えよう

これまで派遣元が、派遣労働者のキャリアを支援することは義務づけられてはいませんでした。ですから良心的な派遣元においてのみ、派遣労働者のキャリア支援が行われていたのです。
それが今回の法改正では、派遣元により派遣労働者のキャリア支援が義務づけらました。それでは直接的な変化としてどのようなことが考えられるでしょうか。まずは3年が経ち、一つの派遣先での雇用期間が終わったとしても、引き続き案件を紹介される可能性が高くなると考えられます。

また派遣元から派遣先へ、直接雇用の切り替えへの打診を行われる機会も増えてくることでしょう。そういったことの影響を考えれば、3年という区切りがキャリアアップの機会に変わる可能性がありますよね。一つの出来事には両極端の解釈が出来ますが、この派遣法改正はネガティブな側面も、ポジティブな側面もあるのです。しかしながら確実に言えることは派遣として働きはじめたら、3年先を見据えたキャリアアップの計画を自分自身でも考えておいた方がいい、ということです。

これからの派遣での働き方を考えよう

さて、ここまで派遣法改正による影響と注意点についてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。政令26業務で働いていた方への影響は大きいかもしれません。しかしながらそれ以外の自由化業務と呼ばれる業務内容で働いていた方にとってはそこまで大きな影響はないのではないでしょうか。

いずれにせよ、派遣という働き方は元々期間雇用的な側面があったのですが、今回はっきりと派遣が臨時的なものであるという考え方が追加されています。ですから派遣で働いている方は今まで以上に、長期的な視点を持って自分自身のスキルを磨いていったり、キャリアを考えることが必要となってきます。派遣という働き方はそういった意味では正社員との違いがより明瞭になったのかもしれません。

そして同時に将来的にやりたいことがある場合や、つなぎの仕事として考えた時、派遣はより適したものになったとも言えるのではないでしょうか。どんな雇用形態を選択したとしても、長期的なキャリアプランは必要です。自分自身の5年~10年後をしっかり考えて、これからの働き方を選択していきましょう。

派遣会社はリクナビ派遣がオススメ

求職者のサポートをしっかりしてくれるオススメの派遣会社は、派遣大手のリクナビ派遣です。

リクナビ派遣

リクナビ派遣は派遣会社の大手で、給与交渉や条件交渉をしっかりやってくれるので安心して働けます。また、リクナビ派遣は事務や経理だけでなく、製造業や工場の紹介案件も多く、豊富な職種や勤務地から自分にあった職場を選ぶことが出来ます。
正社員登用ありの求人や、時給の高い派遣、短期、中長期の派遣などもあり、目的によって応じて働き方を選ぶことが出来ます。

リクナビ派遣に登録して、良い条件の案件を検索しておくと求人の幅が広がるのでオススメです。

関連記事

正社員へのアプローチには転職エージェントを使うのがオススメです。
転職エージェントの評判や選び方については、下記の記事を参考にして下さい。www.hazimetetensyoku.com




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする