正社員として働くメリットとデメリット。雇用の安定さ、ストレス、社会的信用など様々な面から比較

一般的に働くというテーマについて考えると、多くの人は正社員として大企業で働くことをイメージします。
特に高度経済成長期やバブルの名残を経験した世代はそのイメージが強いのではないでしょうか。しかしながら、世の中は少しづつ変化してきています。今までは潰れるはずがないと言われてきた大企業が倒産したり、大企業がリストラによって人員を削減するような事態が起こっているのです。

そういったことから考えると永久就職と言われた正社員としての安定はもはや神話と呼べる状況なのかもしれません。

そこで今回は改めて正社員という働き方にスポットを当て、そのメリットとデメリットを紹介していきます。


正社員として働くことの本当のメリットとは

ある程度の知名度がある4年制大学を卒業すれば、大手企業への正社員という夢の扉が開かれます。それは新卒の時にだけ開かれる夢の切符であり、2015年現在でも変わらないものなのです。そして実際に大手企業に正社員として就職出来れば、多くの人が理想とするキャリアプランのスタートであり、多くの場合両親や親戚から称賛を浴びることになります。

両親や親戚に喜んでもらえたら嬉しいですよね。これは正社員として働くことの最大のメリットの一つなのかもしれません。また大手企業でなくても正社員として働いているということは、それだけで社会的信用の証明にもなります。

実際に住宅ローンの審査やクレジットカードの発行の信用度も派遣社員や契約社員の比ではありません。これらは正社員になることで得られる大きなメリットだと言えるでしょう。

他にも安定的な給与や査定に基づくボーナスが貰えるということは、契約社員や派遣社員にはない魅力と言えるでしょう。
実際には社会環境が少しづつ変化しているとはいえ、こういった正社員の特徴は今も残っているのです。ですから転職を考えた時に、正社員という働き方を真っ先に考えるという選択は、決して間違ってはいないのです。

正社員のデメリットを理解しよう

さて、ではここからは正社員のデメリットについて考えていきましょう。
通常正社員のデメリットといってもすぐにはイメージ出来ないかもしれませんが、飲食業界に正社員として入社したにも関わらず1年足らずで退職してしまったある知人の言葉で気づかされたことがあります。

それは、正社員は受け取る給与やボーナスと同じ分だけ責任を取らなければならないというプレッシャーがあるということです。

その男性が離職した理由は次のようなものでした。アルバイトと本社管理部の間で板挟みにあってしまい精神的に耐え切れなくなり、退職するに至ったのです。つまり責任の重さとプレッシャーがかかりすぎたことにより退職となったのです。

正社員のメリットについて先程お伝えしましたが、正社員へのステップは以前よりもハードルが上がっています。それは景気の影響もありますが、契約社員から雇用をして、優秀で会社への忠誠心が高い人だけを正社員へステップアップさせるという採用方針を選択する会社が増えてきているのです。

そうなってくると会社側も忠誠心があると思い社員を使うわけですから、多少ストレスがかかることや無理難題を無自覚に平気で押し付けるようになります。そうなった時にコミュニケーション能力が高く、自己主張がきっちり出来る人であれば、業務量の多さや矛盾を指摘して就業環境を自らで守れます。

しかしながらその強さがない場合は責任感やプレッシャーで潰されてしまう人も少なくはないのです。

終身雇用の崩壊を前提に考えるこれからのキャリアプラン

ここまで、正社員として働くメリットとデメリットについてお伝えしてきましたがいかがでしょうか。こういった二面性を客観的に理解していたら、働く際の心の準備になりますよね。
例えば、正社員としてある程度の責任やプレッシャーがあると、前提として知っておけばその出来事が起きた時に大きなショックを受けることはありません。

しかしながらまだまだ新入社員だし、色々教えて欲しいなと思っている時にいきなり責任ある業務を任されると大きなストレスになってしまいます。このような感じで事前の心の準備がしっかり出来ていれば、責任ある正社員としての仕事を任された時もスムーズにこなせるようになるでしょう。

昨今の正社員を取り巻く環境は確実に変化していて、ただ勤めていれば終身雇用されるということはなくなってしまいました。しかしながら現在は多くの企業でアメリカ型の能力主義が健在です。

ずば抜けた実力や実績を出していけば、終身雇用に代わる昇給やボーナス等の恩恵を会社から受けられるでしょう。これから正社員への転職を目指す場合は、ご自身のスキルアップもしっかり考えて転職活動していきましょう。

転職エージェントを利用して長く続けられる職場を探そう

こうして比較してみると、正社員のメリットは大きいものの、自分にあった職場、仕事を見つけることがキーとなっています。

そう。転職で一番大切なことは、自分が長く続けられる職場を選ぶことなのです。

しかし、ハローワークなどで求人を探すと、離職率の高いブラック企業が堂々と求人をしていることが多く、まともな企業を探すのは困難を極めます。
求人の取捨選択は時間がかかりますし、応募する度に履歴書や職務履歴書、エントリーシートなどの書類を作成する必要もありますから、一人で転職活動をするのは非常に大変です。

そこでオススメなのが、転職エージェントを活用することです。
転職エージェントは人材を求める企業と求人者をマッチングさせる仲介業で、求人者側は無料で利用することが出来ます。

転職エージェントは転職のプロですから、希望条件を伝えればそれにあった求人、業界、職種などをピックアップしてくれます。
またハローワークなどと違い離職率の高いブラック企業は排除しているため、安心して選ぶことが出来るのがポイントです。

求人の取捨選択を一手に任せられるのですから、転職の手間がぐっと省けます。
さらに履歴書・職務履歴書の書き方もアドバイスしてくれて、面接対策までしっかりサポートしてくれるので、転職が初めてでも安心して取り組めます。

オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。
大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

フリーターから正社員を目指している方は、こちらの記事を参考にしてください。www.hazimetetensyoku.com




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする