専門分野の知識をつけて転職出来る「価値のある人材」になろう。中流以上の生活水準を維持する方法について

f:id:moguhausu2:20150714130742j:plain
これから日本で何が起ころうとしているのか、そのことを抜きにこれからのキャリアを考えることは出来ません。
間違いなく言えることは職業や業界により得られる年収の格差は今よりもどんどん広がっていくということでしょう。

正社員の残業代廃止などで、全体的な実質賃金は下がっていくことが予想されます。そうなると今のうちから上昇していく気流に乗っておいた方がいいですよね。

そこで今回は2016年以降の経済動向とこれからのキャリアプランの考え方について紹介します。


これから日本の転職市場で何が起こるのか

f:id:moguhausu2:20150531161701j:plain
現状の日本の経済の動きを見ていると、これまで信じられてきたものが確実に変化してきています。
例えば終身雇用、年功序列、大手企業はこれらの体質を色濃く残しているかもしれませんが、ここ10年の間に創業された会社の中で、これらのシステムを取り入れている企業は皆無なのではないでしょうか。

そして最近のテレビでも傾くはずがないと信じられてきた有名企業の不祥事や業績の悪化を知れせるニュースが続いています。そして日本の経済を引っ張ってきた大手企業が傾いていくと、日本の経済にもやはり影響があるのです。

こういったことを考えると、決して日本の経済の先行きが明るいとは言えないですよね。だからこそ転職する際はこれから伸びていく分野や職種を見極めて選択していく必要があるのです。

日本が目指しているアメリカ型経済から学ぼう

これはどこの国でも起きることかもしれませんが、マスコミやメディアを通して流されるニュースと現実は大きく違います。
アメリカの経済は数字上は景気の回復などにぎわっていたとしても、実際の国民生活は貧困にあえいでいる人が大勢いるのが現実です。失業率の低下がそのまま経済の回復のように報道される場合がありますが、実質は住居を失ってしまい失業者として計測される人が大量にいなくなった、だけだったりするのです。

しかしながらビジネスオーナーや特別な技術を持っている人材、または企業の中でもある程度の地位まで登り詰めた人達はどんどん景気がよくなっています。
投資家も利益を出しているでしょう。こういった二極化と全く同じ状況になるとは限りませんが、日本社会が向かっているのはそういう方向性なのです。

こういった厳しい社会を生き抜く方法は一つしかありません。それは自分で自分の市場価値を高めていくことなのです。

格差が拡がっていく社会の中で中流以上の生活を確保する方法

f:id:moguhausu2:20150531161758j:plain
先ほど自分の価値を自分で高めるとお伝えしましたが、具体的にはどのようなことが必要なのでしょうか。
確実に言えることは、自分がどういう価値を提供できるのかを明確にすることです。つまり何かの分野でプロフェッショナルになることなのです。誰にも真似できないスキルを身につけてしまえば、希少価値は上がりますよね。

だから今までの経験を活かして、しっかりとしたキャリアプランを考えましょう。長い年月をかけて揺るぎない土台をつくっていくのです。
営業であれば平均以上の実力を身につけていくことは当然ですが、それに合わせて周辺のビジネススキルも身につけていきましょう。

圧倒的にOAに強くなったり、経営やマーケティング、ファイナンスに関しても学ことで、管理職へのステップアップが狙えます。今SEやエンジニアであったとしても専門スキルを学ぶだけでなく、マネジメントやファシリテーションのスキルも身につけていけば、早い段階でプロジェクトマネージャーなど、より高い価値を生み出せるポジションへの昇給が可能になるでしょう。

つまり自分の専門分野の知識を学ぶことを縦軸とするなら、その周辺技術である横軸も徹底的に磨いていくのです。そうしていけば、希少性の高い人材になります。そして格差の拡がる社会の中でも、中流以上の生活をキープし続けられるようになっていくでしょう。

これから伸びる業界に飛び込む事も大事

f:id:moguhausu2:20150622154804g:plain
使い捨てカメラが衰退し、電気屋はAmazonを含むネット通販にとって食われ…。
業界によって、伸びる業界、消えていく業界の差は技術革新と共に確実に広がっています。そのため、専門知識をつけても、陳腐化して使い物にならなくなる事も多いです。

また、業界そのものが衰退してしまい、年収が下がったり、リストラにあったりする可能性は、どの業界でも大いにあります。

そんな時代の流れ、社会の動きの中で生き残るためには、伸びている業界に未経験の転職をするというチャレンジ精神も重要です。特に20代30代の方で、今いる会社の将来が不安、専門知識やスキルが得られない…といった不満がある場合、早いうちに伸びる業界に転職をしないと、泥船に乗り続ける羽目になってしまいます。

もし、今の仕事、会社の将来性に不安がある場合は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。転職エージェントは、無料で利用出来て、業界の動きや転職可能な求人などをしっかり教えてくれます。
オススメの転職エージェントや、評判、利用方法など下記の記事にまとめてありますので、参考にして下さい。

www.hazimetetensyoku.com

日本人はリスクを背負うことに消極的ですが、現代社会ではリスクをある程度、許容できる勇気が無いと、時代に取り残されてしまいます。
生活に行き詰まらないためには、日々、社会の動向に目を光らせて、ここぞという時に動けるフットワークの軽さが重要です。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする