40歳女性が転職で事務職から生命保険のセールスレディになる方法。40歳の転職体験談

f:id:moguhausu2:20150531161758j:plain
私は40歳になる、元は事務職のOLから女性営業に転職した、大手生命保険のセールスレディです。

まだ当時は就業中だったため、転職活動をする時間がとれませんでしたので、転職サイトやエージェントを使って、効率的に転職活動を行いました。
転職エージェントからは転職市場の最新情報をいただけましたし、精神的な面でも多大にフォローしていただきましので、今でも大変感謝しております。営業の世界ではまったく実績がなく、おまけに畑違いの異業種への転職活動のためなのか、エージェントさんからはなかなか求人をいただくことができませんでした。

年齢的にも高かったという理由もあって、求人を紹介してもらえても、まったく営業とは別のお仕事内容だったりしました。
それから粘り強く転職活動をつづけていたところ、何社から受けてみないかというお誘いがあったので、天にも昇る気持ちで面接を受けてみることにしました。


面接で聞かれたことについて

実際の面接で質問されたことは、大手の事務職という職種から、40歳になってからいきなり生命保険の営業に転職するというのは、一体どういった心境からなのか知りたい、事務職時代に培ってきたもので、何か営業職で生かせるものはあるのかどうか、社員になった場合いくらくらいの年収を見込んでいるのか、などを質問されました。

自分が面接で感じたことは、私は一応元々は大手での事務職をやっていたので、その人間関係のつながりで、生命保険をセールス出来るコネクションがどれくらいあるかどうかをみているようでした。今まで何十年も大手の事務職をやっていたので、それくらいの人間関係ならありますので、という風に自信を持って返事をすると、人事担当者が満足そうな笑みを浮かべていました。

履歴書などの書類作成のコツについては、キャリアカウンセラーの方から指示を受けて、パッと見た感じで見やすいように、印象的に残ることが大切なのだと教えられました。
何百という書類の中から選ばれるためには、何か特徴的に目に留まるものがないと、全くと言っていいほど相手にもされないそうです。職務経歴書や履歴書を添削していただいたおかげなのか、書類選考自体はほとんどが通ることが多かったです。

40歳の転職で重要なことは後悔しないこと

転職するうえで気を付けたことは、決して前職の方が楽ちんで楽しかった、などど思わないようにすることでした。全ては自分が決めた選択肢でしたので、後悔などしてはならないのです。
また、職務内容や基本給に関しても、これから将来的に向かってキャリアアップにつながっていくものを、選ぶようにしました。

生命保険会社での営業はかなりきついものと聞きますが、もし天職になってしまったら、女性としてもかなりのキャリアを積むことができるはずです、そう信じてずっと転職活動を続けていきました。半年近くの転職活動をへて、ようやく1社の大手生命保険が私を採用してくれることに決まったのです。

今ではいい思い出でになっていますが、当時の私はかなり必死でした。

転職して年収は130万円アップしました

転職後、年収は事務職の頃と比べて130万アップしました。
もちろん、営業職ですから結果を求められますし、労働時間は増えましたが、スキルを磨くことでお客様に喜んでもらえる、自分の給料が増える、社内での存在感が出てくる等、事務職の頃は得られなかったキャリアアップの道が開けたので、私は転職をしてよかったと想っています。

40歳で転職をするのは勇気がいりますが、40歳女性でもスキルをしっかり鍛えれば定年まで仕事には困りません。
ぜひキャリアアップのために一歩踏み出すチャレンジ精神を持つことをオススメします。

また、転職の際は転職エージェントが大きな助けになったので、ぜひ登録してサポートを受けることをオススメします。
転職エージェントの選び方や使い方は、下記の記事にまとめてありますので、参考にして下さい。www.hazimetetensyoku.com

以上、40歳女性が転職で事務職から生命保険のセールスレディになる方法、もとい私の転職体験談でした。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする