残業だらけの広告会社から第二新卒での転職に成功した体験談。ブラック企業脱出から転職成功までの道のり

f:id:moguhausu2:20150902083626j:plain

私が転職活動を始めたのは、2014年の6月、新卒で会社に入って1年と少し、初めての後輩が入ってきた頃でした。
私が勤めていたのは、広告代理店です。といっても、世間でいう華やかなイメージとは程遠い、全社員が100名程度の小さな会社でした。

だんだんとできることが増え、仕事が楽しくなってきた頃であったと同時に、精神的には余裕が出てきた分、結婚など将来のことを考えたりもするようになりました。
そんなある日、たまたま先輩が捨てた給与明細を発見してしまい、同期とおそるおそる見てみました。そして、思わず「えっ」と声が出てしまうくらい、驚愕しました。

その先輩は入社8年目、5人くらいのチームを束ねるマネジメントの役割をしているにも関わらず、新人同様の私達と5,000円しか月給が違わなかったのです。考えてみれば、私達の会社は終電まで働いているけれど残業代は出ないし、子供がいる人はほとんどいない、どころか結婚している人もいないような…?と考え、気づいてしまったのです。私の入った会社はブラック企業なのだと。

それでも、私の脳裏には、就職するときに両親に言われた「どんなにつらくても3年はやりなさい、でないと、お前が行くところはどこにもない」という言葉が残り続けていました。
いくらブラックだからといって、1年ちょっとでやめてしまったら…しかしそれでもこのままじゃだめだと思い、救いを求め、転職サイトにいくつか登録をしてみました。


広告の世界を希望していた私に、”牛丼屋”を紹介してくれたエージェント

私は、広告の世界がいやになったわけではなく、むしろこの世界が好きだったので、転職サイトの登録時にもその旨を書きました。そして登録の最初のステップとして、いくつかのサイトの担当エージェントと面談をすることになりました。

1番最初に面談をしたのは、電車の宙吊り広告を打っていた中堅の転職サイト。

対応できるのが平日のみ!と言われ、直接会う時間はなかったので、営業に行くときに隙を見て、電話面談をしてもらいました。

しかし、結論から言えばこの面談、まったく意味がありませんでした。

電話をしているときには、自己紹介から、転職の理由などを親身に聞いてくれたかと思ったのですが、電話をしたその日の夜に届いた「あなたにぴったりの求人」は牛丼屋の店長。ああ、話聞いてなかったのね…とがっかりするとともに、自分のような新入社員同然の人間が転職できるところなんてないのかもしれない、と猛烈な不安に駆られていました。

次のエージェントも大ハズレ。気力を失う私

そして次に、また他の中堅の会社のエージェントと面談をすることに。

今度は、土曜でも対応してくれるというので、土曜日に会社へ行き、面談をしてもらいました。

担当してくれたエージェントは、30歳くらいの女性。若年層の転職について、全く可能性のない話ではないこと、そして、私のスキルや経験の傾向からみて、全く違う会社ではなく、同じような業界の他社に行くべきだという話をしてくれました。

また、彼女はあらかじめ私のプロフィールや登録情報を見てくれていましたが、改めてヒアリングをしてもらい、その場でいくつか会社を紹介してもらえました。

彼女の得意分野がそもそもIT系の広告なんだな…ということに気づくくらい偏っていたものの、なかなか魅力的なラインナップでした。しかし、ブラック企業に勤めている私には、そんなところに出すESも、職務経歴書も、書く時間がなかったのです。

救世主は「ゴーストライター」

応募先はあるが、提出する書類を作る力がない…完全に行き詰ってしまったとき、私を助けてくれたのが、なぜか今まで登録してこなかった業界最大手のリクルートエージェントです。大手の転職エージェントでは、エージェントはそれぞれ一定の専門分野のみを担当しているということで、興味のあった広告系の専門エージェントにコンタクトをとってみました。

すぐに連絡が来て、日曜でも対応してくれるとのことで、面談をしてもらいました。

今までハズレばかり引いてきたので、心配していたのですが、担当してくれたエージェントは、転職エージェントとして輝かしい経歴を持つやり手でした。
紹介してくれた会社も、先ほどの中堅エージェントとはお話にならない、むしろ広告だけに絞っている分、良いくらい。

しかし、いくら紹介してくれても、結局「提出書類を書く時間がない」という悩みは解決していないのです。

そこで素直に相談してみると、「そしたら、簡単にインタビューさせて頂いて、こっちで叩き台を書きますよ!それ編集してください!」という嬉しいお言葉。結局、私の職務経歴などをきちっとまとめて頂いて、立派な提出書類が完成しました。そして最終的には、志望動機までお任せしていました。

私は面接の前の晩にその書類を見て、頭に叩き込むだけでした。

このように大手の転職エージェントは非常に小回りが利いて、私のことを全力でサポートしてくれました。

ブラック企業からの転職成功へ

そして転職活動を始めて1ヶ月半。3社と面接をさせて頂いて、3社とも内定を頂きました。
(ESを大量に通してから落とす新卒のときと違い、書類を通過した後の倍率は非常に低く感じました)

その中から、ある有名企業に転職をさせて頂き、お給料は1.5倍になりました。これまでの会社生活はなんだったんだと思うくらい、素晴らしい生活を送れています。

転職を考えている方は、一度エージェントに相談して、そして、相性の良いエージェントさんに出会えれば道がひらけると思います。

私が利用したエージェントは最大手のリクルートエージェントです。

【リクルートエージェント】



リクルートエージェントは転職エージェントの最大手で、全国規模の求人を網羅しています。そのため、個々人にあった求人が見つかりやすく、年収アップ・待遇アップなどのハイキャリア転職も可能です。

リクルートエージェントの良い所は、とにかく内定が出る可能性が高く、なおかつ良い条件の求人をピックアップしてくれるということです。
希望条件を伝えれば、膨大な求人の中から最も良いものを提案してくれるので、単独で転職活動をするよりもずっと転職の成功率が上がります。

下記の記事にもある通り、転職エージェントは中堅や小さなエージェントに登録するのではなく、大手2社に絞って相性の良いエージェントを探す…というのが最善の手だということが、今回の体験でよく分かりました。www.hazimetetensyoku.com

ブラック企業から脱出するのは大変ですが、転職に成功すれば生活が一変するので、ぜひ頑張って転職をしましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする